書く習慣

ジャーナルがうまく書けないときの対処法

投稿日:


自分が考えていることを紙に書き出す「ジャーナル」。
よく考えると、意外と簡単じゃありません。
そこで、私の方法を記事にしてみました。




 

「ジャーナル」とは?

今の自分が、考えていることを紙に書き出す「ジャーナル」という手法。

言葉にするとシンプルです。
私自身、日々取り組んでいる行為でもあります。
このブログも1種のジャーナルですし、10年日記もジャーナルです。

なぜ、思考を書き出すのか。
メリットがあるからです。

頭の中を書き出すメリットは、ひと言では表しきれません。
実際に、「書く」効果をうたった本は、数えきれないくらい出版されています。
ベストセラーになっている本もあります。
たくさんの方に好影響を与えているということですね。

ですから、私もお客さまや友人たちにもおすすめしています。
そんなとき、相手の方に聞かれることがあります。

「頭の中を書き出すって、いったい何を書けばいいのかわかりません……。」と。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





うまくいっている人はノートに何を書いているのか

なるほど、たしかに。
そう言われると、以前の私も同じように思っていました。

「モーニングページ」という手法を知って、自分でもやってみようと。
ただ、真っ白なノートを前にしたとき、
「あれ?頭の中を書き出すって、いったい何を書けばいいんだろう……。」
と思ったんですね。

そのときに、気づきました。

私たちは、学校の授業やニュースサイトなどから、「外側の情報」を受け取るのは得意。
日常的にやっています。

一方、自分が考えていること、すなわち「内側の情報」を表現することは、不得意です。
そのため、自分で意図して、思考を書き出している人というのは、少数派なんです。

ですから、「頭の中を書き出すって、いったい何を書けばいいのかわかりません……。」となるわけです。

そこで、私は「うまくいっている人は、どんなことを書いているのか?」と思ったんですよね。
彼らが実行している方法なら、そこには意味があるはずですから。

結論から書くと、わかったのは、彼らは
・「ひとり質疑応答」をしている
ということです。

自問自答。
自分Q&A。

つまり、
・自己対話(自分で自分と話すこと)
です。

たとえば、朝時間に、ノートに
「Q:今日の最重要タスクは何?」
と書く。

すると、
「A:3日後に迫ったセミナーの準備だな」
と書けます。

同じように、
「Q:3年後の理想の1日は?」
とノートに問う。

そうすれば、
「A:朝は4時55分に起きて、モーニングメソッドに取り組んで、それから……」
と手が動きます。

活躍している人たちは、こんな「ひとり質疑応答」をノートの上で展開しているんです。

 

■スポンサーリンク




「ひとり質疑応答」の質が人生の質に影響する理由

私たちが、
・アイデアを生み出す
・気づく
・新しい工夫を思いつく
ときは、頭の中で「問い」がまわっているときです。

「Q:早起きをするために、何かいい改善策は無いかな?」
あなたが頭の中で、ご自身に質問をしたとしますよね。

その瞬間は、即答できないかもしれません。
ただ、日常生活を送っている間、脳はずっと答えを探し続けていると言われています。

イメージは、インターネット検索です。
あなたの脳は、外側の情報と内側の情報を検索して、早起きのための改善策を検索し続けているわけです。

ですから、ふとした拍子に答えにヒット。
「あっ、こうすればいんじゃないか?」というアイデアが出てきたりするわけです。
それが、シャワーを浴びているときだったり、散歩しているときだったりするんです。

その問いかけが、安易なものだったら、安易な答えが返ってきます。

たとえば、
「Q:今日のランチは、いったい何にするべきなのだろうか?」
だったら、それなりの答えになるということです。

「私の長所はどこか?みたいな良い答えを探す問いなら、あなたの脳はあなたの良いところを探します。
一方で「私の短所はどこか?」とずっと問い続けていたら、自分が嫌いなことばかり目につくようになるはずです。
答えによって、考え方や行動が変わってきそうですよね。

ですから、私たちは「自分が何を考えているのか?」に、もっと配慮したほうがいいわけです。

では、自分が何を考えているか、知るためにはどうすればいいのでしょうか。
その答えこそ「ひとり質疑応答」なんです。
今のあなたが考えていること、それをノートに書き出す。
それによって、自問自答の質がわかるんですね。

あなたがどれだけ困難な状況にいても。
あなたがどれだけ成功している状況にいようとも。
未来を切り開いていくカギは、あなたが考えていることの中に存在しています。
そのため、頭の中をノートに書き出すことをおすすめしているのです。

さあ、まずは10分間、タイマーをセットしましょう。
スマホは通知オフにするか、カバンにしまっておきましょう。
紙とペンだけを持って、頭の中を書き出すのです。

おすすめは「問い」から書き始めることです。

どうしても思い浮かばなかったら「今、自分は何を考えているんだろう?」と書き始めてみましょう。
そこから、あなたの思考の言語化が始まります。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活からスタート。

夜は来週の「ビジネスブックBAR」の準備。
今回も楽しい時間になりそうです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣

執筆者:

関連記事

日記は「自発モード」を生み出す成長ツール

日記を書いているからといって、人生が激変するわけではありません。 ただ、有効なフォーマットで日記を書き続ければ、昨日とは違う1日を踏み出すことができます。   「一行日記」のフォーマット 1 …

「人生の棚おろし」ワークに再トライ。年齢の変化が自分資産に影響を及ぼす。

自分がこれまでの人生でどのような経験を積んできたのか? そのような事柄を一気に書き出す「人生の棚おろし」ワークを何年かぶりにやってみました。   スポンサーリンク   「人生の棚お …

感情の黄金比「3対1の法則」を10年日記に活用する習慣

日記の習慣に新しいアプローチを試しています。 内容は、感情の黄金比「3対1の法則」を取り入れて、1日の中のできごとで、 (1)1日の中で感じたポジティブなことを3つ (2)1日の中で感じたネガティブな …

インプットとアウトプットに重要な「感学気(かんがっき)」とは?

インプットとアウトプット。 豊かな人生に欠かせないものです。 その2つに欠かせないものが、あなたと相手の「感学気(かんがっき)」です。 その理由を記事にしました。   「インプット」とは何か …

以前の習慣を復活させる。ゼロ秒思考を生み出す「A4メモ書きの習慣」に再トライ

以前に定着させた習慣は、復活させやすいものです。 あなたの状況に応じて、習慣を復活させるアプローチも試してみましょう。   「A4メモ書きの習慣」を復活させる 今月に入って、A4用紙へのメモ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。