【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

運動の習慣(トライアスロン、マラソン)

リタイアした「柴又100K」2018の後半戦。惨敗から学んだ3つのこと。

投稿日:2018/06/06 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

柴又100Kリタイア記事の後編。

レース後の入院から気づき、学びまで含めて後半戦です。(笑)

前編の記事はこちらです。

2018年「柴又100K」惨敗記。まさかその後にリタイアするとは思わなかった順調の前半戦。

 

スポンサーリンク

 

気がついたらまったく知らない場所にいるという恐怖

女性医師:「伊藤さん、目が覚めました?」

右に目を向けると、めがねをかけた白衣の女性に話しかけられていました。

「はい。」

と言ったつもりが、マスクをしていたのもあったのか、のどからかすれたような感じの声で、

私:「ハ、ハ・・・へ」

みたいな返事でした。(笑)

相当、意識が朦朧としていたようです。

女性医師:「ここがどこだかわかりますか?」

と聞かれましたが、わかるわけもなく、

私:「ワ、ワカリマ、、、へ?」

と、やはり「ヘ」終わりで答えたような気がします。(笑)

そのようなやりとりの後、私の周囲を見るからに優秀な医師の方たちが手際よく動いていました。

少し安心したのは、スタッフの方たちが笑顔で動かれていたこと。

その姿を目の端で見ながら、「今すぐにどうにかなるというわけじゃなさそうだ」と感じました。

足元の方から「奥さまと連絡がとれました!」みたいな声が聞こえ、「あ、連絡がいってるんだ・・・。心配してるだろうな、、、」と少し現実に引き戻されたような気分。

そのようなとき、女性医師から、「伊藤さん、熱中症で運ばれたんですよ」と言われました。

その時に、私は初めて、「ああ、自分はマラソン大会中に熱中症になって病院に運ばれたんだ」ということを理解したのです。

我ながら「そこに気づかないか?」と思いつつも、最後の記憶は52km地点の指標でしたから。

次に目が覚めた時は病室だったわけです。

暑い道路の上を走っていて、まばたきしたら次の瞬間病室の天井が目にうつる感じ。

「0→1」がまったくなく、いきなり「0→100」になっている状態。

時間軸もなく、空間把握もないわけですから、なかなか気づけません。

よくドラマで、犯人に目隠しされて、頭をバットで殴られて気絶して、誘拐される人がいますよね。

それでアジトに連れられて目隠しをとかれて、「ここがどこかわかるか?」みたいな。

あの人の気持がよく分かりました。(^_^;)

 

現状と未来が見えないとネガティブ思考に陥る

意識がはっきりと戻る前、いろいろなことを考えていました。

・100kmマラソンに挑戦しなければ良かった

・このまま意識朦朧とした状態から回復しなかったらどうしよう

・家族やランチームに何て報告しようか

・運だけは良いのに、いや、むしろ運だけでここまで生きてきたのに、なぜこんな不運に見舞われてしまったんだろう

・いや、でも生きているだけでも良かったんじゃないか

などといったように、様々な感情が入り混じった感覚でした。

人の感情というのは、混乱すると一定の方向で考えられず、ポジティブとネガティブをいったりきたりするものなのですね。

そして、混乱していると、

・不安

・後悔

・不満

など、ネガティブな感情のほうが強力でもあります。

先が見えず、自分にコントロール感がなく、何をしていいのかわからない。

そのような状態だと、特にネガティブな感情に襲われるものだということが理解できました。

これは、マラソンや病室の例に限らず、人生の迷いのシーンや閉塞感がただよう場面でも同じですよね。

 

やり直せるとしたら改善したい3つのポイント

もし、今回のレースをやり直せるならば、以下の3点を改善します。

 

1:当事者意識を持つ

大会中に繰り返されていた「熱中症に注意して水分を補給してください」という声。

正直、「自分はきっちり水分補給しているから大丈夫」と思い込んでいました。

しかし、熱中症になってしまいました。。。

また今回いろいろと調べましたが、自分が熱中症に対してまったく無知だったことを知り、唖然としました。。。

暑さの中を走るランナーなら、当然そのような知識を学んでおくことは不可欠。

これは私の「自分は大丈夫だろう」という当事者意識の欠如です。

 

2:イレギュラーなダイエットは避ける

これも今回の原因だった可能性があります。

現在トライしているレポーティングダイエット。

もともとはレースのためにスタートした取り組みでしたが、1日2食にしたことで水分の摂取が減少していた可能性があります。

食事をしないと水分摂取も減りますから、1日2食をするなら、もっと意図的に水分摂取をする必要があったのかもしれません。

レース3日前からは1日3食に戻していましたが、遅かったです。

 

3:自分の体と対話する

レースを振り返ると、暑さの割に発汗が少ないと感じていました。

あの暑さなら、普段ならもっと汗が出ていたはずです。

おそらく、うまく汗を出せておらず、体内にこもってしまったことも熱中症や脱水症状につながったのだと思います。

対策としては、私があまり好きではないので避けてきた、

・頭に水をかぶる

・足に水をかける

といったことをやってみれば良かったと思っています。

次回は、試してみようと思っています。

 

まとめ

残念ながら1年に1度の100kmマラソンはリタイアでした。

そして、妻をはじめ、いろんな人にご心配やご迷惑をおかけしたことは反省ですね。(^_^;)

ただ、人生初の入院経験をはじめ、柴又100Kに挑もうとしていなかったら得られなかった経験もたくさんありました。

いろいろなリソースを得て、また今後に活かしていこうと思います。

来年以降、参加される方は、熱中症対策を万全にしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝体温が高くなっており、大事をとって会社を休み、休養にあてました。

メールで仕事はしていましたし、取引先から電話はきましたけれども。。。

夜に入っていたコーチングセッションは、クライアントさんが偶然にも3日前に延期の依頼があり、変更になっていたので夜まで休むことができました。(^_^)

【募集中】
・6月7日 19:30〜21:45
人生の目標が決まる!「やりたいことリスト100」セミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-運動の習慣(トライアスロン、マラソン)

執筆者:

関連記事

あなたの人生に必要なウォーミングアップは何ですか?ウォーミングアップの選択が未来をつくる。

スポーツのウォーミングアップは、レース本番で結果を出すために重要な要素です。 ウォーミングアップの重要性は、スポーツだけでなく人生も同様だと思うのです。   スポンサーリンク   …

 TIスイムのマスターコーチに学ぶ!優秀なコーチが持つべき3つの視点。

先日、苦手なスイムを克服するため、決意をかためてTIスイムを受講しました。 実は、TIスイムは再受講、というか、かなり久々にいきました。(^_^;)   スポンサーリンク   目次 …

川崎港トライアスロンin東扇島完走記。会場が見つけられないトラブルに遭遇。。。

昨日、「川崎港トライアスロンin東扇島」レースを完走しました。 体験を5回に分けて記事にしていきます。   スポンサーリンク   目次1 川崎駅までの道のり2 今回のレースに向けた …

超ビギナースイマーは、いかにしてプールで1,500メートルを連続で泳げるようになったのか?私がクリアした3つの課題。

私が「やりたいことリスト」にはいっていた項目の1つに、 ・プールで1,500メートルを連続で泳ぐ というものがありました。 昨日、その「やりたいこと」をなんとなく(笑)達成しました。   ス …

no image

最終目的のために、あえて余力を残す勇気! 〜トライアスロンデビューを振り返る(4)〜

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930