【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

自分の人生に対して「白紙」の答案を出していませんか?

投稿日:

Pocket

学校で受けたテストは、いま思うと「問い」に答えるものですよね。

私たちの人生も「問い」に答え続けているようなものかもしれません。

そう考えると、「白紙」の答案だけは出したくないと思うのです。

 

スポンサーリンク


 

テストの答案用紙を「白紙」で出す

あなたは、テストの答案用紙を「白紙」で出したことがありますか?

「白紙」とは、テストに何も書かずに提出する答案のことですよね。

もし、あなたが先生で、生徒が「白紙」の答案を出してきたら、どう思うでしょうか?

もし、あなたが親で、子どもが「白紙」の答案を持ち帰ってきたら、どう反応するでしょうか?

そして、彼らが「どうせ自分にはわからないから・・・」と言ってきたら、何を感じるでしょうか?

私だったら、「いや、わからないのは仕方ないよ。でも、わからないなりに何かを書くことはできるんじゃない?」と言うと思います。

テストが0点なのは、仕方がないことかもしれません。

でも、同じ0点であっても、

・「わからないから」と最初からあきらめて、何も書かずに0点だった

・「わからない」なりにいろいろと書いたけれども0点だった

なら、後者のほうがいいと思いますよね?

 

自分の人生に「白紙」の答案を出していないか?

私は、テストこそ0点をとった記憶はありませんが(たぶん・・・笑)、「0点をとりそうだな」と感じることがあります。

それは、ブログやメルマガを書こうとしたときに、ネタが何も思い浮かばないときに「ああ、このまま何も書かなかったら、0点をとりそうだな」と思うのですね。

もちろん、ブログもメルマガも「白紙」で更新・発行することは基本的にはできないので、「0点をとりそうだな」と思っても、何かをしぼり出して書くこととなります。

一方で、コーチとしてクライアントさんに関わっているときに、反対の気持になることがあります。

私が「前回のセッションから、どんな行動を起こしましたか?」と聞いたときに、「い、いや、今週は忙しくて・・・」と言われたことがあるのですね。

ある意味で「白紙」の答案を提出されたような気持になるときがあるのです。

やはり、そのような瞬間は、「何でもいいから、ちょっとでも行動してみましょう・・・!」と思ってしまいます。

「間違ってもいいです。正解を探して動かないよりは、失敗したほうがいいんです。それで正解に近づいていくんですから」とも。

むしろ、間違った行動があったとしても、何らかのフィードバックがありますから、それを素材にして、改善行動を起こすためのセッションができるはず。

それなのに、フィードバックがなければ、改善のしようがありません。

もちろん、私自身も行動できない気持はわかります。

痛いほどに・・・。

天職に近づく行動ややりたいことを実行する行動。

それらを、自分なりになんとなく感じている。

しかし、現実を見ると「今からやっても遅いしな・・・」とか、「自分の年齢では遅すぎる」などといった言葉が出てきて、一步を踏み出せない。

「複業をやってみたいです」と言いつつ、ずっと保留の状態。

その状態は、「自分の人生をどう生きるのか?」というテストに対して「白紙」を提出しているのと同じなのかもしれません。

 

「白紙」の答案を出さない

私自身、今でも中断している資格の学習があることや(今日から再開します)、新しいプロジェクトに対して尻込みしている時期が半年くらい続いたこともあります。

これだけ話しているコーチングも、一番最初に体験セミナーに言ってから、実際に受講するまで2年くらいかかっていました。(^_^;)

ですから、私もほかの人にダメ出しすることはできません。

・「わからないから」と最初からあきらめて、何も書かずに0点だった

という気持に共感してしまいます。

それでも、「白紙」の答案を出すことには賛成しないようにしていますし、自分なりに「白紙」をつくらないように工夫しているつもりです。

サポートしているクライアントさんたちを見ていても、ご自身が期待されている成果を出す人は、「白紙」の答案を出しません。

たくさんのクライアントさんたちを見てきて、そこは確実です。

理想の働き方や天職の要素がある仕事が見つかっても、「会社の仕事があるから無理」、「家族がいるから無理」、「奥さんが怖いから無理(笑)」という思いが出てくるかもしれません。

しかし、それでは将来、後悔する日がやってくるかもしれません。

どんなに小さな行動でもいいです。

正解じゃない行動でも大丈夫。

「試しにやってみる」でOKなんです。

ひとまず、ベビーステップで一步を踏み出してみることが大事。

その行動の連続こそ、あなたの未来をつくっていくわけですので。

「白紙」の答案を出すのはやめておきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の先輩たちとお花見へ。

「花見」という名の、ただの飲み会になった感もありますが(笑)。

それにしても、「会社の中で評価される人材」というのは、「上司の立場から見るのか、同じ社員という立場から見るのか?」という視点によって変わるものですね。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動習慣

執筆者:

関連記事

なぜ、毎月の請求書作成を先のばししてしまうのか?先のばし改善のための3つのポイント。

毎月のルーティン業務なのに、先のばしで悩むことはないでしょうか? 私も悩み、苦しんでいる身として、改善するポイントを記事にしました。   スポンサーリンク   長らく「先のばし」に …

「ささやかな習慣」の積み重ねであっても、「人生が変わった!」という感覚を味わえる。

地味なアクションに見える「ささやかな習慣」。 誰にでもできるような小さな行動であっても、継続することで「人生が変わる」という感覚を得られるものだと考えています。   スポンサーリンク &nb …

習慣化の「いつもと同じパターンにはまる」「家でだらだらしてしまう」という2つのお悩みに対する対策。

私たちが毎日すごしているのは、パターンによる行動が多いものです。 ですから、新しい行動を習慣化するためには、パターンに対する対策を考えていくことが必要です。   スポンサーリンク &nbsp …

自分にとってより良い選択をするために、「感情」をデザインする方法。

「あのときの選択が、自分の人生を変えた」という話を聞くことがあります。 その一方で、毎日のように無数の小さな選択もしています。 私たちの人生は「何を選ぶか?」ということによって成り立っているとも言える …

デジタルタイマーの活用で「とことん没頭する時間」を最大限に楽しむ。

人生において、楽しみや趣味の時間、いわゆる「フロー」に入る時間は不可欠です。 しかし、それだけをずっとやっていられる人は限られているでしょう。 時間を忘れて熱中しつつも、タイムリミット効果をうまく活用 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら