【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ブログの習慣

12年前に私がブログに挫折した理由。その後、5年半前に再起動して感じている成長。

投稿日:2019/01/25 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ブログを習慣化することは、ほかの行動習慣の中でも難易度が高い習慣にリストアップされます。

長く続けなければ効果が体感できないことが大きな理由の1つでしょう。

それだけに、トレーニングし続けていれば確実な効果を体感できる習慣でもあると思っています。

 

スポンサーリンク

 

12年前に私がブログに挫折した理由

過去にブログを習慣化しようとして、挫折した経験がある人はいますか?

・・・はい、私です(笑)。

実は先日、その挫折したブログを見る機会があり、いろいろなことを思い出しのたのです。

2007年にブログを書きはじめた当時、ブログをどのように書けば良いのかまったくわかりませんでした。

ブログは長い文章が書けるので、その自由度にとまどっていたこともあります。

また、自分がおもしろいと感じるブログを読んでいたので、「あのブログのように、おもしろい記事を書かなければ」とも思っていました。

どうせ時間をかけてブログを書くのなら、読者に気づきやインスピレーションをおこしてインスパイアできるようなクオリティーが高い記事を書こうと意気込んでいたのですね。

構成もしっかり考えて、誤字脱字も注意していたのです。

書いている途中で「このクオリティーじゃアップできない!」とボツにしたこともあります。

うん、これはいきなりハードルが高いですね(笑)。

この基準では、私に限らず、たいていの人が継続は難しいでしょう。

過去に挫折した理由が完璧主義にあったことが、今ならわかります。

実際、ブログを継続できるようになって実感しているのは、「完璧主義を手放して最善主義でブログを書く」ということです。

完璧に書くことはできなくても自分の行動や体験から記事を書いてもいいし、メモ代わりになっているような記事もあります。

それでも、ブログのように1,000〜2,000文字くらいの文章を毎日のように書き続けるということは、文章を書くことや自分の考えをまとめるという能力をトレーニングすることができます。

また、ブログを書き続けるためには、常に情報収集して、記事の着想やヒントを探す習慣が必要となります。

そのプロセスが自分なりの意見を持つことにつながりますし、仮説を検証していく楽しみを味わえるようになってくるのだと思います。

 

何もないときこそ自分の「底」がわかる

ブログは、身の回りに変化が起きた時は書きやすいです。

セミナーで学んだことを自分の経験に紐づけて記事にすることもできますし、イベントに参加して感じたことを気づきとして記事にすることもできるでしょう。

その一方で、何もイベントが無い日は、ブログが書きにくいものなのですね。

ただ、これはブログを毎日書いている友人たちと話していたことなのですが、そのようなときこそ、ブログを書く意味が出てくる側面があります。

非日常が毎日のようにあれば、じつはブログを書くことはそれほど難しくはないでしょう。

特殊な体験や特別な経験を毎日のようにしていれば、その事実を書くだけでもそれなりの記事になります。

しかし、何もないときに、自分の内面や思考をブログにすること。

これは、かなり負荷がかかりますし、難易度があがるものなのですね。

私たちは、たいていの場合、インプットした知識や情報といった一次情報は、「学んだ気になっている」だけです。

それらを自分を通して(スループットして)、ブログにアウトプットする。

そのようなプロセスで自分のインプットをまとめていくことは、自分の感情や思考を言語化するために非常に効果的なのです。

もしかすると、この記事を読んで「そんな大変ことなのかな・・・?」という風に思う人もいるかもしれません。

しかし、何もないところから何かをつくり出していくということがどれだけ難しいものか、実際にブログを書き続けてみれば、きっと経験できると思います(体験したいかどうかは別として・笑)。

そのような経験を味わいながら継続することこそ、自分に健全な負荷をかけることになります。

実際、会社の仕事で会議で急にあてられていきなり発言する機会や、商談中にお客さまに意外な質問をされてもその場で回答できるといったことなど、ブログを日頃から書いていて良かった、と思うことがありました。

 

言葉にならない感情を言語化できるようになる

先日、私自身がコーチングを受けているときに感じたブログのメリットがあります。

それは、自分の感情を言葉で表現する能力が高まっていたということです。

そのときは、もやもやとしていた感情があり、その感情の解消をセッションのテーマとして選びました。

そのようなあまりポジティブではない気持のままその仕事を続けていくのは避けたいと思う気持があったのですね。

コーチの質問はシンプルで、私の内面がどのように感じているのか促してくれるようなナビゲートで、とてもシンプルでした。

それなのに自分で話しているうちに、どんどん自分が感じていた感情が言葉になってあふれてきたのです。

それは嫉妬心であったり、自分の価値が半減したような感覚であったり、貢献が不足しているのかもしれない、と思うようなどちらかというとネガティブな感情でした。

それらは、普段の生活では積極的に感じようとしない感情たちです。

そこにあるのはわかっているけれど、見ないように生活するような感じですね。

しかし、そのような感情こそ、一旦立ち止まって言葉にして、「そうか、自分はこんな気持を感じていたんだな」と受け止めておかないと、ずっと心に残留してしまうのですね。

よく、子どもが母親に向かって泣くことで「こっちを見てよ!」という感情を、自分の存在を認めてもらおうと表現しますよね。

それと同じように、マイナス感情も、その存在を自分自身に気づいてもらうために「こっちを見てよ!」と訴えているわけです。

ですから、そのような感情こそ自分の言葉で言語化して、ネガティブな感情が存在していることを認めてあげることが大事。

そうしないと、ネガティブな感情が「この人、まだ気づいていないのか」ということで存在を大きくしようとします。

結果としてネガティブな感情が自分の中にいる時間が長引いてしまうわけですね。

そういった感情を表現することができるようになってきたのは、あきらかにブログの効用だと感じたのです。

 

ブログを活用して自分の基準を確認し続ける

ブログを書きはじめた頃に、いきなりおもしろい記事を書ける人はそうそう多くはありません。

ですから、最初は肩肘張らずに、とにかく楽しさを感じながら書き続けましょう。

あきらめずにブログを書き続けることで、内容はブラッシュアップされていきます。

自分の思考を言語化できる能力を持つことができれば、プレゼンやセミナーでも説得力が増します。

また、物事に対して自分なりの視点からとらえてみるというのは、意外なアイデアやインスピレーションがわくこともあります。

世の中の人たちが「いいね!」と言っていることでも、自分では違和感を味わうことがあります。

その違和感を大事にしていいのだと、ブログを書くようになってからようやく理解ができました。

実際、人の意見に左右されない自分の思考の軸をつくりあげることが、自分の存在価値を高めてくれるのではないでしょうか。

世の中で目を引くのは、人とは違った自分なりの意見やアイデアを持っている人です。

そのような人のブログや本は、私も興味がありますので、注目します。

そうした視点を鍛えたり、人と違うことをブログではっきり書けるようになるためにも、ブログを活用してみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、ランチタイムを利用してコーチングセッションを受けました。

少しもやもやしていた感情が、どんな感情で構成されていたのかがわかり、アクセルが軽くなりました。

夜は会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッション。

複業家がこえなければならないハードルについて、対話させていただきました。

1年契約が終了するタイミングでしたが、更新してくださるとのことで、ありがたい限りです。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ブログの習慣

執筆者:

関連記事

ブログを習慣化していなかったら今どうなっているか?私が考える4つのデメリット。

ブログセミナーを開催するにあたり、あらためて考えてみたことがあります。 それは、 「もし、ブログを書いていなかったら、この3年間はどうなっていたのだろう?」 ということです。   スポンサー …

うまくいかないときは、プロセスを変えてみる。たとえ拙くても「考えながら」続けてみる。

新年に考えごとをしているとき、ブログの方向性について考えました。 ガラッと変えることはできませんが、いろいろと変化をつけるべきタイミングかな、と感じています。   スポンサーリンク &nbs …

目的があってこそ生まれる自分の方針。村上春樹さんのエッセーに流れる3原則とは?

私は、ブログを書くときの記事の方針を持っています。 いくつかあるうちの3つが、偶然にも村上春樹さんとかぶっているものがありました。   スポンサーリンク   目次1 村上春樹さんが …

「ブログのコンセプトをどうするか?」という問いは、「どのように生きていきたいのか?」を考えることと同じかもしれない。

セミナーで隣に座った方と話していて、「ブログのコンセプトは、どのようにして決めたのですか?」と質問を受けました。 そのやりとりから気づいたことを記事にしました。   スポンサーリンク &nb …

「石の上にも3年」はブログにも通じる。ブログは3年間続ける価値のある良習慣。

「石の上にも3年」は、習慣化と相性の良い言葉です。 3年間ブログを続けてきて、その言葉の力をあらためて感じています。   スポンサーリンク   目次1 「石の上にも3年」という言葉 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728