【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

セミナーを開催する習慣 体験する習慣

アイスブレイクにおすすめ。「共通点グランドスラム」のやり方と体験レポート。

投稿日:

Pocket

当ブログで密かに好評のアイスブレイク記事(笑)。

今回は「共通点グランドスラム」というアイスブレイクをアレンジして体験してみました。

 

スポンサーリンク


 

会う機会が3回目のメンバーに適したアイスブレイクを考える

先週末は「習慣化の学校」でした。

スタートから3ヶ月。

Facebookや個別コーチングではお互いのことをわかりあえるようになってきました。

とはいえ、東京以外に全国にいるメンバーですし、普段は会社員の方がほとんどなので、なかなか個別に時間をとることも難しいわけです。

今回は3回目の1日セミナーということもあり、初対面の頃の緊張感はなくなってきた頃。

アイスブレイク担当としては、ここで、さらに親睦を深めたい思いがありました。

そこで、ピックアップしたのが、「共通点グランドスラム」というアイスブレイクです。

 

「共通点グランドスラム」のやり方と体験レポート

「共通点グランドスラム」のやり方は、以下となります。

まず、事前準備ですね。

・適正人数:1 グループを4〜6人程度

・時間:3分~5分

・必要な準備物:A4の紙、ボールペンなどの筆記用具

という感じです。

やり方は以下の通りです。

1:グループに分ける

2 :各グループに用紙を配布する

3:グループのメンバーで「共通点」を探し合う

4:共通点をポイント制にする

5:時間がきたら終了してポイントを計算する

6:ポイント集計+全員そろった共通点発表してもらう

実際にやってみました。

 

1:グループに分ける

テーブルに座っていたメンバーで1グループをつくりましょう。

今回は、1グループ6名。

また、ゲームの要素を入れたかったので、グループの人数は均等が望ましいです(今回はお休みの方がいて均等ではなかったのが悔やまれます・・・)。

 

2 :各グループに用紙を配布する

用紙については以下のようなシートを私が作成。

1枚ずつ配布しました。

 

3:グループのメンバーで「共通点」を探し合う

メンバーで好きなように共通点のお題を出してもらいます。

見つかった共通点を、用紙の人数欄に書いていきます。

共通点のお題は自由なので、グループのメンバーにお任せします。

 

4:共通点をポイント制にする

今回、私が取り入れたのは、共通点が多ければ多いほどポイントを高くしたことです。

つまり、6人全員が共通して入れば6ポイント。

1人しかいなければ1ポイント、ということですね。

できるだけグループの得点を高めるために、6人全員が共通しているといいです。

 

5:時間がきたら終了してポイントを計算する

時間がきたら、そこで終了。

今回は5分にしました。

あまり短いと揃いませんし、10分だと長い感じがあったので5分にしました。

私もメンバーとして入っていましたが、5分はけっこう短く感じました。

時間に余裕があれば、7〜8分くらいとっても良さそうです。

 

6:ポイント集計+全員そろった共通点発表してもらう

最後にグループの総合計を計算していただきます。

それぞれのグループに合計点を発表していただき、最高得点をとったグループが優勝です。

また、その際に、6人全員が合致した共通点があれば、それも発表してもらいましょう。

以上の6ステップで終了です。

 

実施の感想と3つの注意点

実施した結果、好評でした。

仕事でのアイスブレイクにも活用してみたいと言ってくれたメンバーもいて、ありがたかったです。

私たちが「好きだな」「いいな」と思うときは、「共通点がある」ということです。

あなたも、自分と似た感覚の人を好きになった経験があるのではないでしょうか。

また、全員の共通点が出ると「おー!」となり、盛り上がりました。

今回出たのは、

・血液型

・運動部出身

・両利き

・出身地

などですね。

6人全員の共通点がそろったときは、けっこう感動ものです。

意外な共通点ほどインパクトがあって、グループの親睦も深まるでしょう。

最後に注意点を3つほど。

まず、外見的な特徴やコンプレックスを刺激するような言葉を出さないように事前に注意しましょう。

仲良くなることが目的なので。

次に、ファシリテーターは「なるべく、全員の共通点を見つけること」を伝えましょう。

先述の通り、盛り上がります。

最後に、これは私の反省点で、優勝チームには何らかの賞品を用意しておくといいですね。

セミナー中に食べられるお菓子でも良かったのに、と反省しています。(^_^;)

 

まとめ

「共通点グランドスラム」は、簡単なわりに盛り上がりました。

今回のように、「初対面ではないけれど、もっとメンバーのことを知りたい」という段階がおすすめですので、ぜひ。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早めに帰宅して、家族と一緒に自宅近くにある桜の穴場スポットへ夜桜を見に行きました。

まだ寒かったですし、咲き始めの桜も多かったものの、間近で桜を鑑賞し、楽しい時間を過ごせました。

帰宅後は妻と楽しく映画鑑賞・・・のはずが、私だけ寝落ちしました(笑)。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-セミナーを開催する習慣, 体験する習慣

執筆者:

関連記事

プロジェクターなしのセミナーに挑戦。「ぶっつけ本番」の余白を残し、即興力を意図的に鍛えていこう。

昨日の時間改善習慣のセミナーは、いつもの「プロジェクター+スライド」スタイルをあえて避けてみました。 数枚のレジュメを穴埋めしていただきながら、合間にワークをはさむという私にとっては未知の領域への踏み …

継続的な「コンテンツブラッシュアップ計画」。自分のコンテンツを常に磨き続けよう。

19回目の早起きセミナーを開催しました。 今回は、これまでの18回とは違った緊張感がありました。 理由はいろいろとあるのですが、、、詳しくは語れないです(笑)。 1つだけ言えることは、プレッシャーによ …

他人との比較を手放そう!苦しまずに自分の成長を感じるための2つの指標。

理想に近づくために努力していると、思い通りにいかないことが出てきませんか? 「あの人はあんなに頑張っているのに・・・(自分はあの人ほど頑張っていない)」 「あの人はすごい成果を出しているのに・・・(自 …

小岩の人気焼き鳥店「鳥勢」から学んだ、ひとりビジネスに欠かせない「情報発信」と「情熱」のかけ算。

先日、小岩にある「鳥勢」という焼き鳥屋さんに訪問。 そこで、ビジネスに重要な「情報発信」と「情熱」を学びました。   スポンサーリンク   目次1 焼き鳥屋のマスターとの共通点の多 …

3年後に得たい未来を先取り!ビジョンタイムラインを2回実践したときに起きた変化

3日間のNLP講座の最終日。 得たい未来を先取りするワークの中に、思わず涙を流してしまいました。(^_^;)   スポンサーリンク   目次1 「ビジョンタイムライン」で得たい未来 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら