【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間の習慣

会社の仕事時間を短縮するために。3週間で仕事時間を最適化する方法。

投稿日:2019/03/30

Pocket

会社の仕事時間を短縮するためにはどうするか。

私がおすすめしているのは、3週間で勤務時間の最適化をはかるアプローチです。

 

スポンサーリンク


 

「会社の仕事時間が長すぎる」という悩み

「残業が多くて自分の時間がとれません。。。仕事時間を短縮するために、何かいい方法はないでしょうか?」

先日、コーチングセッションでクライアントさんから提示されたお悩みでした。

習慣化や自己投資に時間をとりたいけれど、会社の仕事が詰まっていて時間が確保できない、ということだったのですね。

これは、私も経験がありますし、多くの方が経験していることかもしれません。

少しでも改善していくためには、どのようにしていけばいいのでしょうか。

 

3週間で仕事時間を最適化する方法

私が提案したのは、次のようなアプローチです。

バランスをとっていくために、3週間の時間でトライしてみましょう。

 

1:1週間目は普段どおりに働き、退社時間のログをとる

ここで、たいていの人は、「よし!明日から毎日定時退社するぞ!」ということで、いきなり「毎日定時退社」を目指すかもしれません。

ただ、そういったロケットスタートこそ、挫折のはじまりです(笑)。

失敗しないためには、最初の1週間は小さく行動を変えていくこと。

私のおすすめは、「定時退社のログをとる」くらいですね。

もしくは、「退社時間を誰かに報告する」のもいいですね。

 

2:2週間目は、毎日目標退社時間を守るようにする

次の1週間は、一気に負荷をあげてみましょう。

目標は、「平日毎日の定時退社」です。

難しい日もあるかもしれません。

しかし、「1週間だけ」と自分に言い聞かせてトライしてみることです。

可能なら、職場に「プライベートなことなんですが、用事があって、今週だけ定時退社する予定です」と伝えておけるといいですね。

職場の人たちに気持のスタンバイをしてもらうことができますし、自分への宣言にもなるので。

 

3:3週間目は、バランスの最適化をはかる

3週間目に仮説をたてて、最適化をはかっていきます。

1週間目と2週間目の実践をふまえて、どれくらいのバランスがベストなのか、考えてみるのです。

たとえば、

・週に4日は定時退社からプラス1時間までは残業OKの日にする

・週に1日は「徹底的に仕事をする日」(TBD・笑)をつくる

という感じにしたとします。

これで、1週間をテストドライブしてみるのです。

このような仮説検証をくり返していけば、あなたの1週間の仕事時間はどんどん最適化していくはずです。

 

ゆとりを持つ日をつくっておく

3週間で仕事時間を最適化する方法、いかがでしょうか。

実は先日、3週間実践されたクライアントさんからご報告いただきました。

結果は、「やりとげました!来週からも実践していきます!」と好評でした(ようやく記事に書けました・笑)。

ポイントは3つ目で、「TBD」、つまり「徹底的にビジネスをやる日」(笑)をつくること。

これがあると、ほかの日は早く帰っても、「今日は帰るけど、TBDにやる」とすることで、その日(たとえば金曜日)の自分にパスすることができます。

また、ほかのスタッフからの依頼ごとも、「今日は帰らせてもらうんですが、金曜日にはやっておきますので」と言えますよね。

もちろん、仕事が落ち着く時期は平日毎日の目標時間に退社してもいいです。

一方で、トラブルが起きてしまったときは、週に3日「徹底的に仕事をする日」を設定するのもやむなし、というときもあるでしょう。

ただ、重要なのは、「自分で決めた計画どおりに実行する」という1点です。

この指針を守れていれば、コントロール感を持てます。

そのようにして、仕事の予定が詰まっているときでも、時間や計画への主体性を発揮していきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、夜にカフェで書く仕事を進められました。

コンサルティング音声を聞きながら、ジョギングして帰宅。

その後、自宅でコーチングセッションでした。

妻と晩酌を楽しみながら昨日の映画の続きを鑑賞。

日中も充実して、すばらしい1日でした。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間の習慣

執筆者:

関連記事

仕事時間のパフォーマンスを最大化したいなら、焦点をあてるべきはオフ時間にあり。

仕事のパフォーマンスを最大化するためには、仕事時間の密度を高めることが大事ですよね。 ただ、仕事時間がだけでなく、オフ時間の使いかたも考えましょう。   スポンサーリンク   目次 …

集中力をうまく活用するための3つのテクニック

これからの時代は「集中力」がとても重要なリソース(資源)になってくると言われています。 できるだけ集中力を高めるためにはどうすればいいのでしょうか。 本記事では集中力をうまく活用するための3つのテクニ …

夜時間の習慣化をやり抜くための7つのポイント

夜時間にとり組む習慣やルーティンは難易度が高いもの。 それでも、どうしても夜時間に取り組まなければならない場合もあるでしょう。 その際のおすすめのポイントを7つご紹介します。   目次1 夜 …

「帰る時間は何があっても守る」を実現する3つの方法

早起きを習慣化していくために重要なのは、実は早めに仕事を終えることだったりします。 ですから、日中の仕事時間をできるだけ圧縮する必要があるのです。   目次1 高密度仕事術では「帰る時間は絶 …

ムダな時間を減らすために。浪費した時間に向き合う質問

「もし、浪費してしまった時間を投資時間に変えられたら、何ができただろうか?」 この質問は、浪費の時間を投資の時間に変えるために有効です。   目次1 時間活用を改善し続ける習慣2 浪費してし …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。