【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

重たいタスクに気分がのらず、なかなかとりかかれないときの対処法をどうするか?

投稿日:

Pocket

少し面倒なタスクが出てくるとき、ありますよね。

着手するのもためらうし、かといって先のばしをすると自分が困る。

さて、どのように対処していけばいいでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

心のエネルギー量がタスク着手のキーポイント

「あ〜、このタスク、ちょっと面倒だなぁ・・・」

気分がのらず、なかなかタスクに取りかかれないとき、ありますよね?

たとえば、長時間残業のときにつくる提案書と、朝一番でつくる提案書はクオリティーが違います。

朝のエネルギーのほうがパワフルなのですね。

それは「心のエネルギー」の量が違うからです。

では、仕事に取りかかる際の心のエネルギーとはどのようなものでしょうか?

これは、面倒なタスクに取りかかるときの感情を思い出してみるとわかるように、

「たいへんそうだなー」
「時間がかかりそうだなー」
「ちゃんと考えなくちゃだめそうだなー」

という気分なのですよね。

それでもなんとか着手できる時もあれば、やはり次の日に先のばししてしまうこともあります。

これは、テスト前になると、急に机の上を片づけはじめてしまう心理と似ています。

心のエネルギーが多ければ面倒なタスクにも向かっていくことができますが、心のエネルギーが少ないと先のばししてしまうわけですね。

そう考えると、心のエネルギーの量は、「面倒なことに対峙する力」と言えるでしょう。

 

ゴールがあるからエネルギーを調整できる

心のエネルギーには、たしかに限界があります。

エネルギーは時間の経過とともに減り、疲労があればパワーが出ません。

精神力と同じで、測定はできないけれども有限なのです。

たとえば、マラソンで10km走ると仮定します。

Aグループには10kmがゴールということを伝えておきます。

一方のBグループにはいつ終わるかは伝えません。

Aグループは、最終ゴールがわかっているので「完走しよう」という心のエネルギーがあります。

また、走っているプロセスを、

「3km走った」
「5km、半分まできた」
「9km、あと1kmでゴールだ」

というように区切ることができるのですね。

心のエネルギーは「10kmを走る」という想定をしておけばいいのです。

しかし、そうと知らされていなかったBグループは、このランニングがいつ終わるかわかりません。

そうなると、心のエネルギーをどれくらい用意しておけば想定ができないのですね。

仮に10人ずつ走ったとしたら、確実にAグループのほうが完走率が高く、Bグループは低いはずです。

これはBグループの人たちが能力が低いわけではありません。

完走する能力を持っていたとしても、心のエネルギーを無限に用意することは難しいのです。

10kmのエネルギー分を用意しなければならないとなると、10km走れる人でも、10km耐えられないのですね。

 

面倒なタスクにはデジタルタイマーで制限しよう

これがタスクになっても同じなのです。

つまり、面倒なタスクがあるのなら、時間を限定してしまうことです。

要は、仮想ゴールを自分でつくるのです。

そのために私がデスクに置いているのが、こちらのタイマーです。

習慣化コミュニティーではみんなが持っています。

私も4つ持っています。(笑)

昨日の早起き習慣化セミナー、私はうっかり忘れてしまったのですが(汗)、ご受講者さんの中にコミュニティーの友人がおり、急きょ貸してもらえました。(笑)
(Aさん、ありがとうございます!)

タイマーをセットした時間であれば人間はなんだかんだと耐えられるので、何はともあれタイマーを押してしまうのです。

すると、不思議と取りかかれるのですね。

デジタルのカウントダウンは、人間の習性においてパワフル。

また、仕事の目的をはっきりさせるのも有効です。

ただ、目的はどちらかというと遠い場所にあるもの。

目の前に面倒なタスクがある場合、目的を考えるだけでは少し弱いのです。

目的をリマインドする場所は、継続が難しいケースに向いています。

面倒なタスクが目の前にあるときは、「まずは5分でいいから手をつけてみよう」と目の前に集中できるように考える。

そのためにも、デジタルのタイマーをセットすしましょう。

そうすることによって、タスクに取りくむ意志力は強くなります。

気づくと10分、15分たっていた、ということはよく起こるものなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起き習慣化セミナーを開催。

早起き習慣化セミナーも28回目。

2時間の中に詰め込みすぎるのが原因だというのは理解しつつ、「なるべくたくさんのものを持ち帰っていただきたい」という気持も。

そうして、いつも最後に時間が足りなくなるのが課題です。。。(^_^;)

【募集中】
1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

お金で「気分を買う」トレーニング。価値ある時間のためにリソースを投入する。

「自分が得たい感情のためにお金を使う」という考え方があり、以前はよくわかりませんでした。(^_^;) しかし、感情や成果など、見えないものにお金を投資するトレーニングを続けています。   ス …

時間の使い方がうまい人から学ぶ。自分時間にバリエーションとバランスを取り入れる。

時間とお金、大事なのは「バリエーション」と「バランス」だと考えるようになってきました。   スポンサーリンク   目次1 時間の使い方とお金の使い方の共通点2 時間活用がうまい人の …

時間不足でやりたいことができない悩み。解決策は「WANT」タスクの時間の枠を広げること。

いきなり「1日2時間のタスクをスケジュールに入れてください」と言われたら、あなたはどうしますか? 解決策は、時間の枠を広げて考えてみることだと思っています。   スポンサーリンク &nbsp …

自己成長に不可欠。「お金より時間が重要」という思考法を持てるかどうか。

昨年、マーケティング塾で知り合った英語コーチの吉田メイさんと、昨日のセミナーで「結局、自分の覚悟を決めるのに、自己投資額によるところは大きいですよね」という話をしていました。 「お金を投資することで、 …

仕事と遊びの境目をなくす。オフタイムの使いかたが人生の伸びしろを変える。

・仕事とプライベートの区別が重要 ・オンとオフのメリハリが大切 などという声をよく耳にします。 これは、本当にそうなのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 成果をあげてい …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら