【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「良い人」という評価のデメリット。勝負のときは「良い人」を抜け出す勇気を持とう。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「あなたは『良い人』ですね!」と言われるのは、悪くはありません。

ただ、「良い人」という評価を守ろうとしてしまうと、自然な自分から離れてしまうことに注意しなければいけません。

 

スポンサーリンク


 

いつまで「良い人」をやりたい?

「伊藤さん!伊藤さんはいつまで『良い人』をやりたいですか?」

コーチングスクールに通っていたときの、講師のコーチからの質問です。

「まずは自分がコーチングを受けること」というスタンスのもと、私がクライアントとして受けた質問です。

さすが講師のコーチ、なかなかシビアな質問です。(笑)

そのセッションのテーマは、コーチングに迷っている私が、「どのようにプロコーチとしてクライアントに接していくべきか?」というものでした。

当時は、有料のクライアントさんを複数獲得して、3ヶ月くらいすぎた頃でした。

クライアントさんの意見を肯定的に聴いてはいました。

しかし、クライアントさんがセッションで約束したアクションを、次のセッションまでに行動してくれなかった、というケースが続いたのです。

そのようなテーマでセッションを進めていくうち、「人に嫌われてはいけない」という私のマインドブロックがあることに気づきました。

そのビリーフが、セッションに良くない影響を及ぼしているということがあったのでしょう。

そこに気づいたコーチが、冒頭の質問を投げかけてくれたわけです。

その甲斐あって、セッションの終わりに、私は「コーチとして本気で活動していくためにも、『必要以上に良い人になりすぎる』のは、もうやめようと思います。」と言いました。

そうして、「クライアントさんにとっては少し耳の痛いことでも、伝えるべきときには、コーチとして自分の考えを伝えるトレーニングをやっていきます。」と宣言したのです。

このセッションで、「クライアントさんの言い分だけを聞いていたら、結果的にクライアントさんのためにならないんだ。。。」ということに気づきました。

誰に対しても「良い人」だと、結局は誰のことも幸せにできない。

そのように感じたのです。

 

「良い人」のメリットとデメリット

人間の4つのタイプでいうと、バリバリにサポータータイプの私。

■参考記事
あなたは何タイプ?人間性を判断する4つのタイプ分類法!

誰に対しても「良い人」であろうとしてしまう傾向があるのは、自己分析でわかっています。(^_^;)

もちろん、「良い人」 風でいることがメリットになっているケースもあります。

たとえば、何かの集まりがあれば、いたずらに場を乱すようなことはせず、うまく雰囲気になじみます。(笑)

また、コーチとしてのご支援や習慣化のサポートには、うってつけのキャラクターだと感じています。

ただ、良い面があれば、一方に悪い面が隠れているのが世の常。

「良い人」 であろうとすることはメリットばかりではなく、当然デメリットもあるのです。

いろいろなボールをキャッチできるということは、その反面「流されやすい」ということでもあるわけです。

言ってしまえば、八方美人になりやすく、結果として優柔不断になりがちなのですね。(^_^;)

ですから、自己主張を避けようとする。

そうして、人の考えをストレートに受け入れてしまうことが多かったのです。

そのため、求められなければ自分の意見も言わない傾向にあります。

会社の同僚からは、「伊藤さんは、自分の意見を持っていない人ですよね。」と言われたこともあります。
(彼は、のちにこのブログを読んで、私の意見や主張が多いことに驚いていましたが・・・笑)

 

大人になると「良い人」に喜んではいけない場合もある

「良い人」 として、ほかの人を批判しなければ、自分が攻撃されることも減ります。

そうすることで、守りを固めることはできます。

ただ、私は思うのですが、「何も言わない、何も言われない」の「良い人」戦略が通用するのは、20代や30代前半くらいまでではないでしょうか。

30代後半から40代になって、ただの「良い人」 だと、誰にも注目されません。

そうなると、何か「ことを起こしたい」と思ったとき、誰にもその想いが届かなくなってしまいますよね。

要は、個々のタイミングで「良い人」 になって、その場を丸く収めたつもりでも、結局、後になって痛い思いをするのは自分自身だということです。

なぜなら、自分が意図を持って、何ごとかを成しとげようと思えば、周囲とのある程度の摩擦は避けて通れないからです。

たとえば、メジャーリーガーのイチロー選手や、元サッカー選手の中田英寿さんは、ある時点から「良い人」 キャラを捨てたと思っています。

そのせいでマスコミ受けは悪くなり、インタビューも信頼できる記者やライターさんしか受けないようになっていった時期がありますよね。

おそらくその理由は、「良い人」 を演じたままでは、「厳しいスポーツの世界で勝ち残れない」と感じたのではないか、と想像しています。

実際、2人とも選手として輝かしい実績を残していますから、良い判断だったのではないでしょうか。

スポーツだけでなく、勝負に勝つか負けるか、という状況は存在しています。

そのような状況では、「良い人」 だけではパワーが弱いです。

本当に勝負しなければならない時には、「良い人」 をやめなければならないでしょう。

そのような意味では、40代や人をご支援する立場になったら、「良い人」 と言われて喜んでいてはいけないのかもしれません。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、単発のコーチングセッションでした。

クライアントさんは、私よりも年上の社長の方。

私が普段はあまり扱わないジャンルのちょっとセンシティブなテーマではありましたが、セッションで対話した結果、かなり気持を落ち着けられたようで安心しました。

翌日、「すっきりしました。自分がやることが明確になりました!」というお礼メールをいただき、感激です。(^_^)

【募集中】
2017年7月27日開催「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」

2017年8月3日開催:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら、ご登録をいただけると嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-思考習慣

執筆者:

関連記事

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …


ほかの人に怒らない、イライラしない思考習慣。あえて相手に期待しすぎない

考え方や背景が異なる人と話すと、気持を乱されることは多いものですよね。 それでも、考え方ひとつで自分の感情を安定させることはできるものです。   スポンサーリンク   目次1 怒り …


批判に対処する3つのステップ。批判を改善材料にするか、スルーするか。

先日のセッションで、行動を起こしているクライアントさんから、「自分の行動をされた」というお話がありました。 そこで、批判への対処を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …


少ない可処分時間をどう使う?あなたは「重要な2割」の活動を優先していますか?

あなたは、1日の可処分時間をどのように使っていますか? 私は、可処分時間にも「80対20の法則」を意識して適用しています。   スポンサーリンク   目次1 成長とは「ありたい姿」 …


イライラや怒りの静め方。自分自身をふり返り、解釈をやわらげる。

なぜ、イライラや怒りは発生するのでしょうか。 最近、そのようなことをよく考えます。 イライラや怒りを感じることそれ自体は自然なことですが、そればかりでも良くないでしょう。 イライラや怒りをやわらげるた …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930