【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きのために早寝する思考と残業しないように定時退社する思考に共通する思考とは?

投稿日:2016/05/14

Pocket

早起き習慣化のために重要なのは、「寝る時間」を守ることです。
それは、「定時で仕事を終える!」というプロセスに非常に似ています。

前回の早起きセミナーで質問をうけた際に、本記事の共通点に気づきました。
ご受講者の方へ向けたフォローアップもかねて記事にしています。

way-400156_640

 

スポンサーリンク

 

「今日は定時退社する!」と決めて実行する

金曜日は、うちの妻が親知らずを抜く手術をするため、子どもたちのことを考えて定時退社する必要がありました。
10年前の私だったら「仕事を定時で終えるなんてとても無理。」といっていたでしょう。

しかし、今なら定時にきっちり仕事をおえて退社することは、意図しておこなうことができます。

それは、「定時に退社する」という実験をしてみた経験があるからです。
自分で「仕事時間」という箱に、意図してふたをしてみるようにしたのです。

その経験は、私が早起き習慣化にチャレンジしたときに役立ちました。
「23時までに寝る」というように、1日という単位の箱に、自分でふたをすることができるようになっていたのです。

要は、
・仕事の生産性を高めることも
・1日の段取りを効率化して目標時間に寝ることも
「自分で制限をかけてふたをする」という実験の結果、できるようになりました。

実験の場があったからこそ、私の中に眠っていた能力が健在化したのです。

 

終わりの時間を意図的に設定する

定時退社に挑戦するとき、私自身も、私のクライアントさんにも念頭におくのは「今日は絶対に定時で帰る!」というように仕事の時間に制約をもうけることがスタートです。

早起き習慣化も同じように「今日は絶対に23時までに寝る!」と制限をかける。
自分自身で日常生活を意図的に「実験の場」にしてみるのです。

そのように制限をかけることによってはじめて、「残業をしなければ自分の仕事は終わらない」「寝る前にここまで家事を終わらせないといけない」という意識をはなれて、
・本当にやるべきタスク
・実はやらなくてもよかったタスク
を意識するようになります。

私の定時退社のように試してみて始めて気づくことというのは、自分の日常にたくさんあります。
早起き習慣化は「寝る時間に焦点をあてること」がそれにあたります。

もちろん、人生のステージによってどうしても「早く帰る」・「早く寝る」のが難しい状況というのは確かにあるでしょう。
全員が全員、早く帰り、早く寝なければならないということはありません。

しかし、今やっているタスクが、本当に毎日毎回必要なのかということは、定期的に疑ってみる視点は必要です。
少なくとも、週に1度からスタートしてみるくらいの実験はできるのではないでしょうか。

早く仕事を終えるため、そして早く寝るために、仕事時間や1日という単位の「箱」のふたを自分の手でしめるのです。
主体的に、自主的に。

 

実験し続けることで自分の能力を健在化させることができる

人は、本質的には変化を嫌う生き物です。

脳は「今まで通り」が大好きで、
・安心
・安全
・安定
を求めるからです。

だからといって、今まで通りに生きていては人生も変わりません。
小さなことでも積極的に変化を受け入れていくべきです。

そのように実験的に小さな変化をし続けていかないと、「自らがなり得る最高の自分」になることはできないからです。

つまり、
・試してみること
・実験してみること
・変化しないこと
それらに挑戦しないということは、自分が本来持っている潜在的な能力を開発しないことと同じです。

自分に眠る能力を健在化できないまま過ごしていって困るのは未来の自分自身のはずです。

だからこそ、
・仕事時間
・寝る時間
にあえて自分で制約をかけてみることがおすすめなのです。

まずは、週に一度、自分で決めた時間に退社して、その流れで早く寝てみることからはじめてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

実は、予定通り定時退社したその日、帰りの電車でブログを書くことに夢中になりすぎて、1駅乗り過ごしました。
最近多いです・・・(^_^;)
妻には白状しています。(笑)

その後、国際コーチ連盟資格取得のためのメンターコーチング。
私がクライアント役として、プロフェッショナルコーチレベルのコーチからセッションを受けました。
1年半くらい、ずっと未完了となっていたことに終止符をうつ決意をしました・・・!(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

早起きが苦手なあなたに伝えたい。「早起きのレシピ」のつくり方5つのポイント

本日の記事は、早起きできずに悩んでいる方のために書きました。 料理のレシピのように、早起きにもレシピをつくることをおすすめしたいからです。   目次1 早起きには「レシピ」がある2 カレーラ …

no image

目標設定の文章に否定語はいらない!

———————————————————— 当ブログは、「良習慣」(僕の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく中で、成功体験や …

朝ルーティンを100日続けるための2つのポイント

朝の良習慣である「朝ルーティン」を100日以上継続しています。 最初は失敗続きだった原因と、朝ルーティンを継続できるようになったポイントについて記事にしてみました。   目次1 「朝ルーティ …

早起き習慣化に変化球はいらない。基本かつ本質は「寝る時間に焦点をあてる」こと。

当ブログの検索で、「早起き」「習慣化」「続ける」といったキーワードでたどり着かれているアクセスがありました。 最近、早起き習慣化の話題を記事にしていなかったので、あらためて基本を書いてみます。 &nb …

「朝起きてもやる気がでない」を2ステップで解決する方法

起床後のモチベーションを高めるためのコツがあります。 そのような場合は、 (1)起きたら「すぐ」にやるアクションを決めておく (2)身体を動かすアクションに取り組む という2ステップで取り組んでいきま …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。