【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「自分はだめな人間だ」思考におちいりそうになったらどうするか。過去の成功体験に焦点をあてること。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分のことを「この程度の人間だから」と思っていると、それ以上の人間になることは難しいと思っています。

「自分はだめな人間だ」という思考におちいりそうになったときは、自分ができていることに焦点をあてることで、マイナス思考から脱出しましょう。

 

スポンサーリンク

 

「だめな自分」の証拠集めをしてしまう思考習慣

最近、いろいろとミス続きです。。。(^_^;)

・メルマガの発行をミスした(設定ミスなど)
・セミナーのお申込みを見逃していた
・アポを1時間間違えてしまった

など、思考習慣を改善する前の私だったら、かなりダメージを受けていたかもしれません。

「なぜ、自分はだめなんだろう・・・」と考えてしまっていたからです。

そのようなセルフイメージを持っていると、「だめな自分」の証拠集めをしてしまうのですね。

その結果、先述のようなミスがあると、「ほらね。やっぱり自分はだめでしょう?」と考えるようになってしまうのです。

この傾向は私に限らず日本人には多く、間違ったり失敗をした際に、自分を責めてしまう思考習慣があります。

ミスした自分を許すことに慣れていないと、ストレスが大きくなり、自暴自棄になりがちなのですよね。

そのようなことを繰り返しているうちに、自分をだめな人間だと思っていたほうが都合がいいのだと信じるようになってしまいます。

 

「全然勉強していない」と言う人の理由

学生時代、テストの当日に、「いやー、全然勉強してないから、今日のテストは捨てたよ」と言う人がいましたよね?

それは、本番前の言い訳のようなものなのです。

まあ、そう言ったはずの人が、自分より良い点数をとっているということはよくあることですが。(笑)

自分の能力が試される場所で、本番前にいつもより不調なことをアピールしてしまうことを、心理学では「セルフ・ハンディキャッピング」といいます。

自分自身にハンディキャップを与えることにより、失敗したときに「やっぱり」と言い訳ができるようになります。

成功した際にも、「本調子じゃなかったんだけど、意外といい結果だった!」と、自己評価を高める効果があるのですね。

しかし、注意しておかないと「自分はだめな人間だ」と思えば思うほど、本当に自己肯定感が低い人間になってしまうもの。

自分で自分に対する期待値をさげてしまうことになるからです。

 

自分の成功体験からモチベーションを高める

そもそも、「自分はだめな人間だ」という意識はどこからくるのでしょうか?

もっとも多いのは、ほかの人との比較でしょう。

ほかの人と比べて「自分は劣っている」と感じるからこそ、「自分はだめな人間だ」と感じてしまうのです。

・あの人はもっと努力しているのに、自分は・・・
・あの人はあれほど優秀なのに、自分は・・・
・あの人はすごく収入があるのに、自分は・・・

という感じに。

このとき、焦点があたっているのはできないことや不足している部分です。

そうなれば、誰でもモチベーションはさがりますよね。

これでは悪い方向に進んでしまうでしょう。

ここで有効なのは、自分の成功体験を思い出して、問いかけてみることです。

・これまで、どのようなことを達成してきたのだろう?
・これまで、どのようにして困難をのり越えてきたのだろう?
・これまで、どのように問題に対処してきたのだろう?

ということですね。

過去をふり返れば、誰にでも必ずのり越えてきたことがあるはずです。

そこに自信をとり戻すポイントが隠されていることが多いのですね。

実際、自信、つまり自分を信じるのに、根拠は必要ありません。

「根拠のない自信」を持ちつつ、「なんとなくできそう」でOKなのです。

それなのに、「自分はだめな人間だ」と思っているとその現実を引き寄せてしまうもの。

そうならないためにも、「自分はだめな人間だ」思考におちいりそうになったら、

・自分ができること
・自分がやってきたこと
・自分が達成してきたこと

などを思い出してみることによって、活力をとり戻していきましょう。

そのためにも、成功体験をまとめておくことはおすすめです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、新規クライアントさんとのコーチングセッション。

近畿地方の方なので場所は離れているものの、1年以上おつき合いのある方なので距離は感じません。

1年後のゴールを絶対に実現するべく全力でサポートしていきます!
(Tさん、何とぞよろしくお願いいたします!)

【募集中】
1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

人間の感情はシングルタスク。ネガティブに振れたときに戻す「軸」はありますか?

日常生活を送っていれば、誰でも感情がぶれるのではないでしょうか。 ぶれてしまうのは人間なので仕方がないと思うのですが、その際は「いかに自分のセンターに戻るのか」というのが大事なのだと思います。 &nb …

ぼくの失敗談。トラブルのときこそ「できない理由」ではなく「できる理由」を探しだす!

こんにちは、伊藤です。 「できない理由」を考えるのではなく、「どうしたらできるか?」を考える。 大切な考え方ですよね。 本日は、ぼくの失敗談をお伝えいたします(汗)。     目次 …

PDCAサイクルでは間に合わない!?「ダダダの無限サイクル」で最速の成長を目指そう

あなたは、「ダダダの無限サイクル」という言葉をご存じでしょうか? 「最近、いまいち自分の成長を感じられない」という方には、ぜひお勧めの理論です。     目次1 PDCAサイクルは …

自己成長を目指す人なら覚悟をしておきたい「成長痛」が訪れること。

中高生のとき成長期にあった「成長痛」。 それは、大人になっても成長し続ける限りやってくるもののようです。   スポンサーリンク   目次1 現状の満足と不満を書き出すワークにトライ …

つい出てしまう言い訳。自分が使っている言葉を変換して言い訳を減らそう。

日常生活を送っていると、無意識のうちに言い訳をしてしまう自分に気づきます。(~_~;) 言い訳を減らすためには、どうすれば良いのか考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728