思考の習慣 運動の習慣

あなたの悩みが軽くなる方法

投稿日:


大失敗や大失恋など、ダメージが大きい悩みにはどう対処すればいいのでしょうか?

おすすめは「運動」です。




 

悩みへの対処法をいくつ持っているか

悩みがあるとき、あなたはどう対処しているでしょうか?

私たちが生きていくプロセスで、悩みが無くなることはありません。

だからこそ、悩みに対する自分なりの処方箋を持っておけるといいですよね。

私の場合は、

・考えていることを紙に書き出す

・ほかの人に相談する(コーチングやコンサルティングを受ける)

・インターネットで検索する

・本を読む

・セミナーを受ける

などという対処をとることが多いです。

それらの対処法で、自分が進むべき第1歩が見えてきたことは多いです。

昨年から、私の対処法のラインナップに加わった対処法があります。

それは何かというと、

・運動

です。

運動は、私たちの脳や思考に好影響を与えてくれるからです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「悩みの最良の薬は運動である。」

なぜ、悩みに運動が効くのでしょうか。

理由は、

・運動すると肉体に負荷がかかり、余分な思考を取り除いてくれるから

です。

現代では、運動が私たちの思考に及ぼす効果が実証されています(ベストセラーになっている本『運動脳』に詳しいです)。

 

悲劇作家の名言

運動が悩みに対して効果があるのは、現代に始まったことではありません。

古代ギリシア時代からあったんです。

それは、古代ギリシアの3大悲劇作家の1人といわれるソポクレス氏の言葉に残っているんです。

それは、

“悩みの最良の薬は運動である。

悩みの解決には、脳の代わりに

筋肉を多く使うことに限る。”

という言葉です。

古典として残るような偉大な悲劇作家が、

「悩みの最良の薬は運動である。」

と言っているんですね。

とても興味深いです。

 

大失恋への対処法

ソポクレス氏の言葉から、私が大学生時代に聞いたエピソードを思い出しました。

当時、私がアルバイトしていた飲食店での話です。

同じアルバイトの女性が、ひどく落ち込んでいたときがありました。

聞いてみると「ひどい失恋をしたんです……。」ということだったんですね。

彼女にとって、大ダメージだったと。

10代後半くらいの失恋は、確かにダメージが大きいですよね。

アルバイト同士で、彼女にフォローの声かけをしていたことを覚えています。

彼女は、本当にさみしそうだったのです。

ただ、次のバイトで出会ったときは、彼女の雰囲気が変わっていました。

失恋したダメージから、けっこう元気になっていたんですね。

「もう立ち直ったの?」と聞いてみました。

そのときの彼女の答えが、インパクトがあったんですね。

20年以上たった今でも覚えているくらいに。

では、彼女は何をしたのか。

それが、

・全力疾走

だったのです。

 

運動で悩みを軽減

彼女の話は、こんな内容でした。

「バイトが終わって家に帰っても、すごくモヤモヤしちゃって。

 だから外に出て、全力で走ったんです。

 思いっきり走ったら、すぐに心臓がドキドキしてきて苦しくなっちゃって。

 これはヤバいと思って、走るのをやめたんです。

 バクバクしている心臓を感じてたら、私、こう思ったんです。

 ああ、私、生きてるんだなって。

 そう思ってたら、失恋のことでずっと悩んでいるなんてバカらしいなって思ったんです。

 だから、くよくよ悩むのはやめようって。」

できるだけ当時の記憶を頼りに書いてみました。

正確ではない部分も多いかもしれません。

ただ、ニュアンスが大きく違っていることはないはずです。

彼女は、

・運動によって失恋の悩みを軽減できた

のです。

 

■スポンサーリンク




悩みへの対処法に運動を加えよう

もちろん、運動したからといってすぐに悩みがゼロになるわけではありません。

残念ながら、悩みにつける万能薬はないんです。

ただ、ポイントは

・運動によって悩みが軽くなる

ということです。

前述の失恋した彼女の例でいえば、失恋の痛みが90パーセントだったかもしれません。

ダメージが大きすぎます。

このような状態で「考えを書き出そう」とは、なかなか思えなかったりします。

ロールプレイングゲームでいえば、HPが少ない状態です。

すぐに宿屋に泊まらないといけません。

それでも、ゲームならすぐに回復できますが、現実世界ではそううまくはいきません。

では、どうすればいいのでしょうか。

メンタルがしんどい状態から抜け出すために、

・運動を活用する

のです。

運動で体に負荷をかける。

すると、ドーパミンやエンドルフィンといわれるようなホルモンが出ると言われています。

その時点で、思考がポジティブになるんですね。

さらに、心拍が上がるような運動をすると、脳は体を心配します。

脳にしてみれば「おい、そんなに体に負荷をかけて大丈夫か!?」という感じでしょうか。

すると、悩むために頭にのぼっていた血液が、体の負担を助けるために下がってくるそうです。

脳は「悩みにエネルギーを使ってる場合じゃない、体の負担を助けないと。」となります。

そのため、悩みに90パーセントかけていた脳のエネルギーが、60パーセントや40パーセントに下がるわけですね。

悩み度90パーセントのときは重すぎて、手をつけられなかったかもしれません。

ただ、運動によって悩み度が下がれば、書き出したり、対話ができるレベルになるのです。

前述の彼女の大失恋のように悩みが深いときは、1つの対処法では戦えないことがあります。

そのようなときは、運動を含めた複数のアプローチで立ち向かっていくことがおすすめです。

悩みへの対処法の組み合わせで、壁を乗り越えていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活ファシリテーションからスタート。

7時から「習慣化オンラインサロン」スタッフ定例ミーティング。

8時30分から「良習慣塾」コーチングセッション。

10時から13時まで「習慣化三種の神器(R)実践プログラム」のセミナーを開催。

音声収録も。

午後はオフ。

ブログを書いて、夕方は妻と居酒屋へ。

ソバキュリアンはキープしています。(^^)

【ソバーキュリアス】「飲まない生き方」を期間限定で実験する習慣


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣, 運動の習慣

執筆者:

関連記事

自分の価値観を知ることは、自分だけでなく相手のためにもなる。

あなたが価値観を知り、優先順位を決め、アウトプットすること。 それは自分だけでなく、周囲の人にも重要なことだと思います。   スポンサーリンク   家族の体調不良と自分がやりたいこ …

「何でも自分の責任にする」を手放す。全身治療ではなく部分治療の視点を取り入れる。

ほかの人や環境のせいにするのではなく、自分の思考や行動を変えていくことが大切だと思っています。 しかし、それがいきすぎて自分を責めるのは避けましょう。   スポンサーリンク   「 …

「やわらか否定」思考に陥っていないか?コミュニケーションを若く保つ視点とは。

自分では意識していなくても、人の話を聞きながら「やわらか否定」の思考が走っているケースがあります。 人の話を否定しながら聞くことは、避けたいものです。   スポンサーリンク   自 …

「自分だけができていない」という思い込みを抜け出そう

「ほかの人ががんばっているのに、自分だけができていない」と感じることはありませんか? だとすると、あなたは自分のことを過小評価しています。   「自分だけができていない」というトラップ 「や …

自分に自信を持つ方法。タフな人はどうやって自信を育てているのか。

メンタル的にタフな人たちは、新しいことにどんどんトライしていきます。 そのような人たちは、どんな思考習慣を持っているのでしょうか。   「自信」はタフな人たちの共通点 「ちょっとくらいの失敗 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。