【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

自分の殻を破るコツ。はじめてのこと、新しいこと、未体験のことを楽しむスタンスを持とう。

投稿日:2017/12/03 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

成長しようとすれば誰にでもあるのが「はじめてのこと」です。

考えうるリスクを計算できるのであれば、積極的にはじめてのことを追求していきたいと思っています。

 

スポンサーリンク

 

はじめてのことに対して少しだけ勇気を持つ大切さ

昨日の記事にも書いたように、家族4人で行ったアイススケートは、はじめてすべった小学2年生の娘が、1番上達率が高かったです。

今日も、ボウリングに行ってきました。

娘は最初は私のアドバイスを素直に受けて、ボウルを転がしていました。

ただ、2ゲーム目になると、がぜんやる気を出してきて、急に「パパはライバルだから話しかけないでね!」と言い出したのです。(笑)

そうして娘は、私と妻に勝とうとして必死にボウルを転がしていました。

いやいや・・・というより、何度かボウリングを経験している両親に勝とうと思うというのは勝ち気なのか、負けず嫌いなのか、自信があるのか・・・。(笑)

ただ、その姿勢から学んだことがあります。

それは「はじめてのことをすすんで楽しむ」という姿勢です。

 

物事にはすべてじめてがある

英語学習をやっている際に覚えた言いまわしで「there’s a first time for everything」という言葉があります。

私が覚えている(数少ない)英語表現のうちの1つです。

素直に訳すと「何ごとにもにはじめてがある」というような意味です。

ただ、当時私が通っていた英会話スクールの先生から教えてもらった意味は、もっと本質的で興味深いものだったのですよね。

「there’s a first time for everything」は、ネイティブの方が使うときは、「何ごとにもにはじめてがある」というニュアンスではないのです。

もっとリアリティーのあるシーンでいうと、親が何かチャレンジングなことを子どもにすすめるときに、やさしさを伴うニュアンスで使用する言葉なのだそうです。

要は、主体的かつ能動的に「はじめてのことを、すすんで楽しもう!」ということを激励するニュアンスなのだそうです。

そのような姿勢と一緒で、

・何ごとにもにはじめてがある

と、

・はじめてのことを、すすんで楽しもう!

という2つの言葉どちらを持つのかということで、受けとめる語感は異なりますよね。

また、自分で自分に言い聞かせる言葉としても、

「there’s a first time for everything=はじめてのことを、すすんで楽しもう!」

と訳したいものだと思うのです。

 

「はじめてのことを、すすんで楽しもう」

はじめて。

それは、誰でも怖いものですよね。

ましてや、大人になり、社会人になり、10年、20年とすぎると、ときにそれは面倒なことでもあるのです。

ただ、そこから逃げてしまうと、そこで成長は終わってしまうでしょう。

どれほど自分にポテンシャルがあったとしても、可能性があったとしても、大器晩成だったとしても、それを捨ててしまうことです。

それが自分の成長の終着点になってしまうのですね。

もしも、私が経営者で、チームスタッフを選べるとしたら、娘のように「はじめてを恐れない人」をチームに入れたいと思います。

これは、もしかすると、組織で働く部長、課長、チーム長など、チームや組織の上にたった人であれば、

「未経験なので仕事をふらないでください」

と言う人よりも、

「はじめてのことを、すすんで楽しもう!」

と思う人を仲間にしたいと思うのではないでしょうか。

間違っても、

・はじめてのことはよくわからないので指名しないで欲しい
・指名するならすべて指示して欲しい
・はじめての仕事は自分にはふらないで欲しい

というように「新しいことはNG」という雰囲気を表明している人と仲間になりたいと思う人は少ないのではないでしょうか。

そのためにも、普段から小さなリスクをとってはじめてのことになれておくこと。

一日にひとつ新しいことをすることはいいことですし、今までの自分だったら選ばなかったことをあえて選ぶこともいいでしょうね。

迷うことがあったら、

「there’s a first time for everything」

つまり、

「はじめてのことを、すすんで楽しもう!」

を意識するようにしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、久しぶりに土曜日にセッションが入っていなかったこともあり、自分のメンテナンスデーにできました。

・歯科検診
・散髪
・眼科検診

のあと、

・日用品
・薬局
・雑貨
・iPhone Ⅹ(とその関連グッズ)

という買い物など。

【募集中】
■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

4つ目の成功習慣は「他人に奉仕する・与える」です!

目次1 4つ目の成功習慣2 「与えよう!」と言うけれど3 名著に学ぶ貢献の方法3.1 奉仕する3.2 与える3.3 放出する4 奉仕、贈る、放出のススメ4.0.1 【今日の良習慣】 1日につき1人の役 …

他人との比較を手放そう!苦しまずに自分の成長を感じるための2つの指標。

理想に近づくために努力していると、思い通りにいかないことが出てきませんか? 「あの人はあんなに頑張っているのに・・・(自分はあの人ほど頑張っていない)」 「あの人はすごい成果を出しているのに・・・(自 …

もう失敗はこわくない!「失敗を資産に変える4つの質問」とは?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、古川武士さんのオーディオ教材にあった、 「失敗を資産に変える4つの質問」 をご紹介いたします! 【 …

「天職は寝て待て」。自分が得意なこと、好きなことを見つけるためにできること。

「天職は寝て待て」という本を読みました。 現代のキャリア論は、従来の概念と異なってきているようです。 気になった部分をピックアップしつつ、私の意見をまとめてみました。 天職は寝て待て 新しい転職・就活 …

毎日自己ベストを更新できるアウトプットの習慣を持つことが、メンタルに良い影響を与えると思う理由

実はここ数ヶ月、会社の仕事がかなり詰まっています。 年に何度か案件が重なる時期が出てくるのは、みなさんも同じですよね。 わたしは、会社員として働きはじめて10年以上が経ちます。 毎年、なんだかんだと案 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930