【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

道に迷うことこそ、道を知ることだ。迷子でもやり方を変え続けよう

投稿日:

Pocket




「道に迷うことこそ、道を知ることだ」

アフリカのことわざということですが、目標に取り組む過程で言葉の意味を実感しています。

 

“道に迷うことこそ、道を知ることだ”

我が家の朝は、ラジオでJ-WAVEをかけています。

そこでいつも耳に入ってくる名言があります。

それは、アフリカのことわざ、

“道に迷うことこそ、道を知ることだ”

です。

あなたも意味を味わってみましょう。

 

“道に迷うことこそ、道を知ることだ”

 

じつにいい言葉だと思いませんか。

この言葉が響く人。

きっと、いろんな意味で迷子なのですよね(笑)。

人生で迷子なのか。

仕事で迷子なのか。

人間関係で迷子なのか。

それがあなただとしたら、私はすばらしいと思います。

「自分は迷子だ」と思う人は、きっと

「本当はこうなりたい。でも、、、なっていない(T_T)」

という気持ちを持っているのではないでしょうか。

「日々、自分の好きなことに邁進できていて、毎日が超充実している」という人は、おそらくご自身のことを「迷子」だととらえていないと思うからです。

ただし、逆の意味もあると思うのです。

やりたいことや好きなことに向き合っていく過程で、壁にぶつかることで迷子になることは大事な経験だからです。

「こんなハードル飛び越えられるわけがない」と思うこと。

「いやいや、今の自分には無理ですって、、、」と考えること。

そう思うのは、あなたが目指す理想の状態があるからですよね。

「平凡でいいや」と思う人は、自分を「迷子」だとも思わないですから。

むしろ下手なほうがいいこともあります。

迷うことでいろんな道を知ることができます。

スマートに一直線に進んだ人よりも、迷ったほうがたくさんの景色を見ることができるということです。

つまり、

“道に迷うことこそ、道を知ることだ”

ということなのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





下手な自分からスタートする

何かをスタートするとき。

とても大事なのは、

・「スマートにやろう」と思いすぎないこと

だと考えています。

スマートにやろうと思えば思うほど、動けなくなるからです。

ほかの人が何回やってもできないことが、あなたがやったらすぐにできてしまった。

そういうことも、過去にあったかもしれません。

でも、そういった体験を持っている人は少ないはずです。

そもそも、最初からスマートにうまくいくことなんて、上達の実感がなくておもしろくないかもしれません。

そう、最初は誰でも下手なのです。

下手な自分を認めて、下手な自分からスタートしていきましょう。

「そうは言っても、、、」と、そう思いますよね。

下手なことって、恥ずかしいと感じやすいので。

自慢ではありませんが、私も40歳手前まで水泳ができませんでした。

本当に下手でした。

水泳だけでなく、トライアスロンでいえばバイクもランも下手です。

チームメンバーと一緒のレースに出ると、たいてい最下位です。

でも。

本当にやりたいことって下手でもやりたいんです(笑)。

そして、下手なことでも、取り組む価値はあると考えています。

特に趣味の世界なら、下手でもいいのではないでしょうか。

そのことが好きなら、誰に何を言われてもやめる必要はありません。

それよりも、何回もやり方を変えていけばいいのです。

道具を変えてもいいでしょう。

先生を変える手もあるかもしれません。

泥臭くいきましょう。

そこで格好つけて好きなことをあきらめてしまったら、そっちのほうがもったいないです。

下手な自分から逃げてしまったら、それ以上の伸びしろがなくなってしまいますので。

 


■スポンサーリンク




何度もやり方を変え続ければいい

たとえば。

私は文章書くことがとても下手でした。

もちろん、今でも上手だとは思っていません。

小学校から大学、そして社会人になるまで

「文章を上手に書くとはどういうことなのか」

ということを考えたことがなかったからです。

当然、上手になるためのテクニックもほとんどわかりません。

でも、「ブログなどで文章を書きていきたい」という気持ちはありました。

ですから、文章に関する本を読みました。

師匠のブログを読んで、文章を真似しました。

ライティング講座に通ったこともあります。

そのたびに文章の書き方を変えてきました。

何度も何度も、微調整してきたのです。

実際に、冒頭の書き方にバリエーションを増やしました。

構成のパターンを増やしました。

漢字とひらがなのバランスを変えました。

テーマをしぼることも学びました。

句読点のバランスも変えました。

そんな風にして、本当に少しずつ「ちょっとは上達しているかも」という実感が出てきました。

なぜなら、ブログやメルマガへの好意的なフィードバックが増えてきたからです。

ちょっとは「伝わる」という目的を果たすこともできているのだと考えています。

最初の頃は、もうまったくと言っていいほどフィードバックがなかったので(笑)。

そう、これは文章が上達したわけではありません。

ただ、やり方を変え続けてきただけだととらえてのいるです。

そして、これからも変え続けていきます。

このように、わたしたちが何かをスタートするときは、「村上春樹さんみたいに書きたい」といったような理想が出てきます。

ただ、たいていの場合、理想とはかけ離れていると思います。

その比較にショックを受けるかもしれません。

でも、それでいいのではないでしょうか?

私たちの人生の理想が「無難な人生」になってしまったら悲しくないですか?

人生の可能性を広げていきたければ、思いっきりずれてもいいのだと思います。

むしろ、失敗することでどんどん軌道修正をしていきましょう。

そうすれば、そのうちに「そうか、この道を進めばいいんだ」という道が見つかってくるはずです。

なんといっても

“道に迷うことこそ、道を知ることだ”

なのですから。

積極的に道に迷っていくくらいの気持ちで進んでいきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、出版に向けて献本リストを作成しました。

執筆時にアドバイスいただいた師匠たちやずっと激励してくれたコーチの先輩など。

執筆中にお世話になった方々を思い出しながら作成しました。

その方々のお顔やアドバイスを思い出しながら書いている間、とても感謝の気持ちが高まりました。

こういう時間は、豊かになれますね。

意図的に習慣にしてみてもいいかな、と思いました。(^_^)


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

良習慣の定着に終わりはあるのか?習慣化は「マイベストな良習慣」を発見する旅。

良習慣を定着させていくプロセスはとても興味深いものです。 では、良習慣の定着に終わりはあるのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 ブログを書き続けるよろこび2 「嫌だ!」 …

「MSPプロセス」で自分の天職を探し求めよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日の記事でご紹介した「天職の文章」はつくっていただけましたか? まだ書かれていない方。 あなたはご自身の …

「時間を高密度化したい!」と思っているあなたは、時間簿をとる習慣がありますか?

家計簿や小遣い簿をつけている人は多いかもしれませんね。 では、あなたは、時間簿はつけているでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 時間簿をとる習慣を定着させる課題2 タスク …

余分なものを減らさなければ、いつまでたっても満足できない

目次1 「減らす習慣」第3ステージ2 時間泥棒を突き止める3 減らす対策6つの視点4 余分なものを見極める 「減らす習慣」第3ステージ 今日は古川武士さん「減らす習慣」セミナーでの振り返り第3ステージ …

no image

遠くを見続けることの大切さ

■以前、鮒谷周史さんに教えていただいたことが、非常に大切だと再認識したのでエントリーに残したいと思います。 それは、 【目標を見続けること】 です。

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。