【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き・早寝の習慣

朝起きられない人は、何が不足しているのか?早起きと人生の充実度のつながりから考える。

投稿日:2018/06/10

Pocket

某放送局の方から、「朝起きられない人に向けた、モチベーションの方面からの早起き」について問い合わせを受けました。

私なりの見解を記事にしました。

 

スポンサーリンク


 

「朝、起きられない」という悩みについて

・朝なかなか起きることができない

・どうも寝つきが良くない

・朝、目が覚めても動き出せない

このようなお悩みをよく聞きます。

私は、寝つきはいいので正直なところ、寝つきが良くない方の気持がわかりません。。。

ただ、その分、「朝、起きられない」という悩みについてはかなりの重症レベルだったということは自慢できるくらいです。(笑)

断言できるくらいに、朝起きられませんでした。

早起きができるようになった今、「以前は、なぜ起きられなかったのか?」ということを考えます。

もちろん、早起き習慣化に挫折する典型的なパターンである

・そもそも起きる時間だけを早めていた

・意志の力や根性に頼っていた

・早起きするための原因をつくっていなかった

などの要因は勢揃いしていました。

ただ、その中でも大きな理由のうちの1つに、

・早起きするほど楽しみなことがなかった

ということが言えると思います。

 

二度寝して現実逃避をしたくなる日常

・早起きするほど楽しみなことがなかった

から朝起きられない。

言われてみれば当たり前かもしれませんね。

でも、早起き習慣化を目指す多くの人が、このことに気づいていません。

私の実例をあげますね。

5年前、本格的に早起き習慣化を目指した理由は、

・出社前に英語学習をするため

でした。

夜になると残業やつき合いがあり、英語の学習ができません。

ですから、安定的に学習時間を確保するべく、早起きして英語学習をやりたかったのですね。

ただ、英語の学習というのはたいていの人にとってはご存じの通り(?)、いや、私にとってはということですが、決しておもしろいものではありませんでした。(^_^;)

それはTOEICというスコアを対象にしていたからというのもありますが、人生で成し遂げたいことの動機と少しずれていたからです。

ですから、仮に朝、目が覚めたとしても「ああ、、、またTOEICのテキストを解かなくちゃいけないのか・・・」という気持になるのです。

理想は、ガバっと起きて「よし!楽しい英語をやるぞ!」となれば良かったのですが、、、そうではありませんでした。

そのような感情でしたので、「現実逃避して、もう少し眠ろう・・・」と思ってしまうのも無理はないですよね。。。

・嫌いなこと

・苦手なこと

・避けたいこと

などで埋めつくされた人生は、不安や悩みは消えず、夜の寝つきも良くないでしょう。

寝つきが良くなければ、当然朝もなかなか起きられません。

この悪循環をひらすらくり返すことになってしまいます。

 

早起きしてまでやりたいこと、ありますか?

では、どうするか?

これと反対の状況をイメージしてみましょう。

たとえば、大好きな人と朝の散歩を待ち合わせしていたら、「まだ眠いから・・・」と言って二度寝しませんよね?

がんばってトレーニングしてきたマラソン大会の当日だったら、完走している自分をイメージしてふとんから飛び起きるものですよね?

家族で楽しみにしていた旅行があれば、多少の眠気があっても起きられますよね?

はい、もうお分かりの通り、目覚めが悪いのは、あなたの意志が弱いからではありません。

あなたが、朝、

・早起きしてまでやりたいことがない

ということが課題なのです。

私の場合、フルマラソン完走を目指して走り始めたときは娘が小さく、仕事が終わったらすぐに帰宅する必要があるという状況でした。

ですから、トレーニングの時間は朝時間を活用するより他に方法がなかったのですね。

でも、その制約条件を活用して、朝ランの写真をFacebookやTwitterにアップしました。

その結果、コメントや「いいね!」をもらうことで、「朝ラン=快感」という感覚を脳に刷り込んでいったのです。

その結果、早起きしてでもやりたい「ランニング」という良習慣を身につけることができたのですね。

それが、トライアスロンまでつながってきています。

走っていると「いま、俺は生きてる!」という感じになります。(笑)

そう考えると、私の本能が、運動を求めていたようにも思えます。

逆にいえば、早起きできない状態が続いている人は、本能があなたの人生を軌道修正しようと呼びかけているのかもしれませんね。

あなたの本能のアラームから、目をそらさないようにしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、予定していたオープンウォーターの練習会を断念(1ヶ月は激しい運動はNGのため)。

その後、夕方に定期歯科検診(こういった予防、まさに「第2領域」で大事です)のあとに妻の実家へ。

お昼に妻と家事をやっていたら、妻の実家から「やきとりを焼くから食べにおいでよ」と誘いがあったので家族で遊びに行ったんですね。

のんびりした1日でした。

【募集中】
・6月14日 19:30〜21:30
「理想の1日」を実現する!「早起き習慣化セミナー」
〜毎日2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き・早寝の習慣

執筆者:

関連記事

早起きを習慣化することは、凡人が少しだけ木村拓哉さんに近づくことだ。

ちょっと思うことがあり、本日の記事をいつもと異なった文体で書いてみました。 ブログも実験です。   スポンサーリンク   目次1 どうしても早起きができない2 早起きは人生を変える …

早起きに刺激を。目覚めの水分補給に炭酸水+柑橘系フレーバーのツインシュートを打つ。

早起きに欠かせない目覚めの1杯。 ミネラルウォーターが定番ですが、たまには変化も取り入れてみてはいかがでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 目覚めにおすすめの水分補給の習 …

早起きとダイエットを続ける秘けつ。それは「良い加減」に取り組むこと。

早起きとダイエットは、習慣化の中でも難易度が高い習慣として位置づけています。 この2つの習慣、実は共通点が多いのです。 その中でも、今回はメンタル面に焦点をあてて、意識しておくべきポイントを記事にいた …

あなたの理想の生活は?理想の生活スケジュールを1週間単位で描いてみよう。

早起きする理由を明確にするために有効なのが、理想の1日を描き出すことです。 理想の1日を描くことに慣れてきたら、1週間単位での理想の生活スケジュールを考えてみることをお勧めいたします。   …

習慣化コンサルタント古川武士さんに学んだ「早起き5つのベネフィット」!

  こんにちは、伊藤です。 毎週日曜日の「早起き習慣化」について書きますね!     目次1 古川さんの早起きセミナーに参加2 問いによって目的を明確にする3 早起き5つ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら