【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きを続けるためにがんじがらめのルールをやめる。早起きというデザインに「余白」をつくるべき理由。

投稿日:2015/12/20

Pocket

早起き習慣化のために、「早起き」という設計図に重要なことがあります。

それは、早起き習慣化というデザインに「余白」をつくる、ということです。

information-427515_640

 

スポンサーリンク

 

起きたあとに起床報告メールを送ってもらうタスク

私は、早起き習慣化にチャレンジしているクライアントさんに、「起床報告メール」をお願いしています。

「起床報告メール」というのは、「毎朝、起床した時刻に、コーチにメールを送る」というタスクです。

言葉にすると簡単なタスクに思えるかもしれませんが、なかなかの強制力です。(^_^)

あるクライアントさんに聞いたことがあります。

「金曜日の夜、懇親会がありました。盛り上がったので、つい二次会にも行ってしまったのですが、コーチに起床報告メールを送らなくちゃ、と思ったら帰宅してダラダラせずにふとんに直行できました。今までだったら、そのまま自宅で1人飲みするパターンでしたよ。(笑)」

人は、自分との約束は簡単に破ってしまうのですが、ほかの人との約束はなるべく守るようにするものです。

特に、自分が雇っているコーチであれば、なおさらです。

 

二度寝防止のためにExcelファイルを送ってもらう仕組み

起床報告メールには、起床と就寝の時間を記録するExcelファイルを添付してもらうようにしています。

ここには私の工夫が1つ入っています。

起床報告メールは、ただテキストでメッセージを送ると、スマホや携帯電話でふとんから送ることができてしまいます。

そうなると、メールを送ってから二度寝してしまうのです。

これは、私が経験済みです。(^_^;)

しかし、Excelに入力するためには、基本的にはPCを起動する必要があります。

そのため、PCを起動して、Excelファイルを添付してメールを送る頃には、目が覚めてくるのです。

ただし、逆説的ではありますが、起床報告メールの目的は、早起きすることではありません。

起床報告メールを送ったあとに、クライアントさんに主体的な1日をスタートしていただくことにあります。

クライアントさんから、「目標の時間に起きて、伊藤さんに起床報告メールを送れると、『ヨシッ!』っていう達成感があるんです!」という言葉をいただいたときは、私も嬉しいのです。

 

例外ルールという「余白」で早起き習慣化をデザインしよう

ただ、最近の活動で、「必ずしも、毎朝、達成感を味わいたいクライアントさんばかりではない」こともわかってきました。

そのため、最近契約しているクライアントさんたちには、例外ルールを設けることにしています。

たとえば、体調が悪くて睡眠時間が欲しいとか、どうしてもはずせない接待がある、といった場合があります。

そのときは、事前に、「明日は、目標時間に起きれませんので、メールの時間を遅らせます。」と報告していただくのです。

もちろん、毎朝早起きできれば理想です。

でも、早起き習慣化初心者に、いきなりそんなことを課すのはやめています。

それは、英単語を基礎から学び始めている人に、ニューヨークのネイティブと英会話をしてください、と言っているようなものだからです。

例外のないルールで習慣化すると、必ず挫折する日がやってきます。

そのときは、「今日は起きれなかった。。。」と、自分を責めたくなるのです。

さらに、最悪なことは、がんじがらめになったルールは、それを破ってしまうと、「もう、どうでもいいや・・・」と開き直ってしまうことさえあるのです。

それは、あまりにももったいないこと。

それよりは、例外ルールという「余白」をつくっておくのです。

優れたデザインは、余白をうまく使っているという話を聞いたことがあります。

だからこそ、早起き習慣化には、例外ルールという「余白」を設けることをおすすめしています。

あなたの習慣化にも、例外ルールという「余白」をつくりましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝からコーチングセッション。

新しい3ヶ月がスタートしました。

お会いした当時は、早起き習慣化がテーマでしたが、現在は次元が違う目標にチャレンジされています。

9ヶ月間の成果をふり返り、2人で驚いていました。(^_^)

今クールも、精いっぱいご支援いたします!

【お知らせ】
2016年1月20日(水)【第16回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第16回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー 2016年1月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【チャレンジ中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

効果的に学習をしたいなら早朝1択。夜学習を朝学習に変えてみる。

資格取得や語学学習は、朝の時間に取り組むことがおすすめです。 仕事で疲れた脳で学習に取り組むより、エネルギーにあふれた早朝の脳で取り組むことができれば、学習が非常に効果的になるためです。   …

早起き習慣化に重要な1つのポイント。トライ&エラーを繰り返して経験をリソース化しよう。

早起きを習慣化するために重要なのは、「あきらめないこと」です。 シンプルですが、ただの根性論ではなく、経験をためてリソースにしていくプロセスなのです。 ですから、時間がかかるのです。   ス …

自分の資源(リソース)はどこにある?ヒントはあなたの自宅の本棚です。

あなたは、自分が積み上げてきたリソースをふり返った経験はありますか? 自己対話をしていると、よく「自分は今まで何をしてきたんだろう?」と考えることがあります。 その解決策の1つに「自分の本棚を眺める」 …

「午後2時の眠気」に対抗する3つの方法。午後のパフォーマンスを維持するために。

ランチを食べたあとに眠気をもよおすことがあると思います。 その眠気は人間として自然な生理現象ですが、仮眠や昼寝をとれないときのために、眠気を防ぐ3つの方法を記事にしました。   スポンサーリ …

池田知恵さんの名言。“早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。”

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。 早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。 (池田千恵さん) …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。