【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

習慣化に重要な数字の管理。経理が苦手でも習慣化には数字を活用しよう。

投稿日:2018/07/01 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

日々の経理は苦手なのですが、、、習慣化に関しては数字を活用しています。

私が数字を活用できている理畏と、習慣化の数値管理がおすすめの理由を記事にしました。

 

スポンサーリンク

 

1日の良習慣をリストにする

良習慣を定着させるため、私は習慣のチェックリストを活用しています。

それを、毎朝Evernoteのリマインド機能を使って、1日1回は目を通すようにしているのです。

いま自分が習慣化したいのはどのような行動なのか、常に意識するためです。

この習慣のチェックリストは私にとって非常に重要なリストで、習慣化を意識して、脳内に刷り込むためにとても便利です。

このチェックリストを、「良習慣の種」と呼んでいます。

「良習慣の種」は1日につき10個が目安。

コーチングのクライアントさんでも、やっていただいている方がいます。

先月、私は下記のような習慣をリストにしていました。

・早起きをする
・片づけをする
・その日の計画を終える前に、その日を始めない
・ブログを書く
・ミッション&ビジョンを確認する
・1日1万歩を歩く
・家族への愛情を示す
・食事は1日2食にする
・本を読む
・コーチングの学習&実践をする

こういったことは、自然にできる人もいると思いますが、私は忘れっぽいので、リストにして毎日目を通すようにしています。

そのようにして常に心がけておかないと、すぐに崩れてしまうのですよね。(^_^;)

 

「習慣化する」という目標に数字が必要な理由

習慣化のためには、数字での管理を活用することが重要です。

数字を記録することで、習慣が定着しやすくなりますし、モチベーションがわいてくるからです。

私の例でいうと今年の5月、ウルトラマラソンのための走り込みとして、「月間150kmのランニング」を目標にしました。

この目標を設定したことにより、「月間150kmというゴールまでたどり着こう!」という感情になり、やる気が出て、無事に月間150kmを達成することができました。

走り続けることができたのは、数値管理によって日々の達成感を味わい、ゴールまでの距離を把握することで、走り続けるためのモチベーションが高まったからだといえます。

これとは反対に、数値管理ができないとモチベーションが下がります。

すると、やったのかやっていないのかがわからなくなり、続かなくなってしまうのです。

ここで、コーチングセッションの例で考えてみましょう。

1つ目のケースでは、オブザーバーから「こちらがいいと言うまでセッションをしてみてください」と言われたとします。

これだと、「いつになったら終わるんだろう・・・」と不安にかられながらコーチングセッションをやることとなります。

いつ終わるともしれないコーチングなセッションので、クライアントのアクションの選択肢を出していくのか、それとも目標の感情を高めるのか、時間配分ができません。

それでよくわからない気持のままセッションを続け、1時間たったところで「はい、ここで終了です」言われてセッションは終了。

おそらく、コーチもクライアントも、すごく消化不良になっていると思います。(笑)

もう1つのケースでは、オブザーバーから最初に「セッションに使える時間は1時間です」と伝えられたとします。

これがわかれば、セッションの組み立てができますし、時間配分もできます。

「残り30分あるから、もっとクライアントの感情を高めよう」「あと10分だから、アクションプランの選定に入っていこう」という感じで、セッションのゴールに向かって前向きにセッションを組み立てられるでしょう。

 

理想と現実のギャップは数字で把握する

いかがでしょうか。

同じ1時間ですが、明らかに前者のほうがストレスフルですよね。(笑)

それは、時間がどれだけあるのか数値化されていないので、セッションの終わり時間がわからないままセッションをやり続けているからです。

また、コーチングに関連する数字のことでいえば、私はコーチングセッション時間数の記録をつけていますが、記録するにあたり、目標をつくっています。
(これはコーチングの資格取得に必要だからです)

今年は年間180時間だったので2日に1回はコーチングセッションをおこなうのが理想ですが、クライアントさんの都合やセミナー開催などもあり、予定どおりにいかないこともあります。

ただ、Excelでセッション時間数を記録しているので、いまのセッション時間数やセッション回数がどれくらいなのか、わかるようになりました。

これは、自分の目標に対する労力の投資です。

記録に残していくことによって、「もっとやろう!」という気持になるものなのです。

実際、コーチングセッション時間2,500時間を目指しているので、セッション時間数が積み重なるにつれて、マインドがあがり、楽しみになってきます。

記録していないと、180時間という年間セッション時間の目標を持っていても、できてもできなくてもどうでもよくなってしまいます。

そうなると、習慣化とはいえませんよね。

ですから、数字で記録しておくことが重要なのです。

数字で進ちょく状況をつかみ、モチベーションを高め、自分を動かしていくために。

 

「行動する」ことの積み重ねが新しい世界を見せてくれる

この数字での管理は、シンプルにおこなうことが大事です。

そのようにして記録を続けることで、行動は習慣化されていき、成長スピードもあがっていきます。

たとえば、自転車の漕ぎ出しは非常に負担が大きいもので、足への負荷も高いですよね。

しかし、スピードにのってくると、軽く漕いでもさらにスピードがでます。

そのような形に似ています。

何事も、最初の「0→1」の段階はきつく感じます。

また、それが達成できたとしても、継続することができない人も多いもの。

でも、それは本当にもったいないです。

「行動する」という回数を積み重ねていくことで、新しい世界が開けていきます。

ぜひ習慣化の記録では数字を味方につけて、継続をしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、先日の記事の通り、クライアントさん開催の読書会に参加。

新しい出会いが刺激的で、対話も楽しめました。

午後は子どもたちを眼科につれていき(3時間もかかりました・・・)、夕食は妻と合流して夕食を食べながらスケジュール確認をおこないました。

【募集中】
・7月19日 19:30〜21:30
今のあなたにぴったりの習慣が見つかる!
「自分の良習慣を発見する」セミナー
〜3年後のあなたに必要な習慣を見つけよう〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

怒りっぽい人にお勧めしたい!「赤信号を渡らない」習慣

あなたは、赤信号を渡りますか? 私は怒らないために、赤信号を渡らないようにしています。     目次1 「怒らない」のは強み?2 赤信号を渡らない3つの理由2.1 (1)自分という …

つらいときの自分の対処法を持っておく。意図的な小さな成功体験・リブートリスト。

つらいときの対処法、あなたは持っていますか? 私がおこなっている方法を2つご紹介いたしますね。   スポンサーリンク   目次1 つらいときの対処法とは?2 自分に「小さな成功体験 …

「健全な危機感」をつくり出し、行動へのモチベーションに転化する。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日のエントリに書いた通り、本日は「健全な危機感」について書きますね。     目次1 …

相手に依頼する言葉は間違っていませんか?禁止語・否定語よりも感謝+依頼。

相手に動いて欲しい言葉、そして自分にかける言葉も含めて、どのような言葉を使うのかは重要です。 禁止語や否定語を使うとうまくいきません。   スポンサーリンク   目次1 禁止語や否 …

「楽しいこと・楽しい仕事に取り組む」習慣のメリットとそれが強力だとわたしが考える理由について。

目次1 「楽しいこと・楽しい仕事に取り組む」と、どうなるのか?1.1 少ない労力で多大な成果を上げることができる1.2 高いパフォーマンスを発揮し、社会的成功や富などを引き寄せることできる2 少ない労 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31