【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣 質問の習慣

あなたが目指している「憧れ」は大丈夫?自分を知らずに間違った「憧れ」を追い求めるのはつらい。

投稿日:2019/03/25

Pocket

・ポジティブに考えなければならない

・成果が出ていなければ、だらけてはいけない

・常に成長していかなければならない

・即断即決しなければならない

・行動力を高めなければいけない

あなたも、このようなことを考えたことがあるでしょうか。

そのようなとき、私たちは自己否定を感じています。

「本当はこうあるべきなのに、自分はそうなっていない」ということを感じているわけですね。

しかし、それは「頭の中」の話です。

頭の中の世界ばかり気にしていては、「安全領域」にとどまることになります。

そうなれば、待っているのは良くて現状維持、悪ければ衰退でしょう。

さて、この状態を抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

「自分を知る」ために自己探求をおこなう理由

昨日の「習慣化の学校」では、「自分を知る」というテーマで、自己分析をしました。

・コミュニケーションタイプ

あなたは何タイプ?人間性を判断する4つのタイプ分類法!

・自分欲求/他人欲求

あなたの「やりたい」は「自分の欲求」か、それとも「ほかの人の欲求」か?欲求を動詞から探る。

・エニアグラム

など、複数の自己診断やグループディスカッションにより、「自分は、どのようなタイプの人間なのか?」ということを探りました。

そこで、「コミュニケーションタイプ」のパートで、興味深かった方の事例がありました。

それは、

・自分とは正反対のタイプを目指して生きていたことに気づいた

・正反対のタイプを目指していたのに、自分が持っていない資質のタイプの人を目指していた

・「だから、これまで色んなことがつらかったんだ」ということがようやくわかった

ということだったのですね。

これは、私は非常に共感しました。

 

自分とは異なる資質に憧れると自己否定につながっていく

「コミュニケーションタイプ」という分類がわかりやすいのでちょっと解説すると、

・コントローラータイプ

・サポータータイプ

は、正反対のタイプです。

コントローラータイプが大事なのは「自分で決める」こと。

即断即決ができますし、自分でどんどん判断して進んでいきます。

一方で、サポータータイプは「感情」を大事にすること。

ですから、ほかの人の意見を尊重することが多いので、柔軟性がある反面、どちらかというと受け身で優柔不断が多いタイプなのです。

わかりやすいイメージとしては、病院です。

まず、自分の考えでガンガンやっていく医師がコントローラータイプ。

その周囲には、医師をサポートしたり、患者さんたちに手厚いフォローをするのが看護師のみなさん。

そのようなイメージです。

このようにタイプがまったく違うのにもかかわらず、憧れを抱いてしまうことがあるのが私たち人間。

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、自分が持っていないものを追い求めてしまう傾向にあるのですね。

たとえば、私はバリバリのサポータータイプ。

ですから、クライアントさんをサポートすることが得意です。

知らないコミュニティーでもなんとなくなじめる柔軟性もありますし、ほかの人に不快な思いをさせずにすごすことは無意識的にやっていました。

それが、私が持っている資質であり、タイプなのです。

しかし、その反対のコントローラータイプに憧れることがあるのですね。

・コントローラータイプのように即断即決したい

・コントローラータイプのように行動的な人になりたい

・コントローラータイプのように「俺についてこい」と言いたい(笑)

ということです。

こうなると、きついわけです。

何せ、もともと自分の資質にほとんどないものを求めるわけですから。

「マイナス100のポイントから、一気にプラス100のポイントを目指す」ようなものです。

当然、それは難しいわけで、なかなかできないでしょう。

結果として、「なぜ、あの人みたいにできないんだろう」とか、「やっぱり自分はだめなんだ」と感じることにつながります。

ただ、よくよく考えると、これはそもそもの方向性が違っています。

看護師さんがサポートの才能を持って生まれてきたのに看護ができず、医師としてずっと診察だけをやり続けているようなものだからです。

こうなってしまっては不幸ですよね。

このようなミスマッチを起こさないためにも、「自分を知る」ということが大事なわけです。

 

迷ったときは「頭の中の声」ではなく「心の声」に質問しよう

さて、自分を知ることが大事な理由はここです。

もしも、何らかの選択で迷ったときなど、そこで使いたいのは、あなたの「頭」ではなく、「心」です。

「頭」ばかり使って生きていると、

・あの人にどう思われるだろうか?

・失敗したらかっこ悪いと言われるんじゃないか?

・常識からはずれてるんじゃないか?

という感じで、周囲の人からの反応を気にすることになるでしょう。

一方で、「心」を使うと、

・本当はどうしたい?

・今やっていることは心がよろこんでいるか?

・どれをやりたい?

という風に、自分の「心の中」に問いかけることができるのです。

あなたはこれまでの人生で、頭と心、どちらを気にしてきたでしょうか。

もしも、「頭」を使ってばかりだったら、自信がゆらぎやすいタイプかもしれません。

なぜなら、評価軸が「ほかの人」といった外部に依存しているからです。

一方で、メンタルがタフな人は「心」で生きている人たちなのですね。

ですから、もしあなたが「頭」を使って生きてきたならば、次回「こうしなければならない」と思ったときに、瞬時に「私は、本当はどうしたいんだろう?」と質問してみることをおすすめしたいです。

最初は心から即答で返ってこないかもしれません。

しかし、そこであきらめず、何度も問いかける習慣を身に着けていきましょう。

ときには、目を閉じたり、深呼吸をしながら自問自答してみるのもいいと思います。

むしろ、頭の中はからっぽにして、心の声に意識をフォーカスしてみることが大事だと思います。

そうすれば、人生は少しずつ自由に、楽になっていくはずです。

ぜひ、「頭の声」ではなく「心の声」を聞きましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起きをして息子と「第2領域」の時間を確保。

時間不足に悩むあなたに提案したい。時間の価値を「感情」から判断して行動を決めてみませんか?

その後、「習慣化の学校」のサポートへ。

「習慣化の智慧」コミュニティーのみなさんとの合同懇親会も盛り上がり、充実の1日となりました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-気づきの習慣, 質問の習慣

執筆者:

関連記事

「始皇帝と大兵馬俑」展。世界遺産の迫力と哀愁を楽しむ。

先日、「始皇帝と大兵馬俑」展に行ってきました。 特別展「始皇帝と大兵馬俑」 簡単にレポート記事を書きます。   スポンサーリンク   目次1 世界遺産の兵馬俑を見るために東京国立博 …

一生ものの仲間を探すなら高額セミナーも一考。安価なセミナーで得られない人脈。

私が普段おつきあいさせていただいている友人たち。 そのほとんどは、高額セミナーでつながりを得ているということに気づきました。 長くつき合える友人や尊敬できる師匠が見つからないという人は、高額なセミナー …

映画「ペイ・フォワード」のように、コーチングで「勇気のバトン」を次に渡していく

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は嬉しいことがあったのでご報告させてください。(笑) 今年は、 ▼早起きセミナー ▼コーチング ▼ブロ …

デジタルとアナログの使いわけ。100%のかたよりではなく、最適なバランスを見つけよう。

スケジュール管理、メモ、タスクリスト、読書。 あらゆるシーンで、「デジタルか?アナログか?」という視点があります。 どのようなバランスで使い分けるのが理想的なのでしょうか。   スポンサーリ …

なかなか行動を始められない裏側の理由。始める前に「ゼロベース思考」で判断すればいいと知っておく。

「なかなか続けられない」というお悩みと同じくらい聞くのが、「なかなか始められない」というお悩みです。 両方のお悩みについて考えてみました。   目次1 なぜ私たちは「やるやる詐欺」におちいっ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。