【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づく習慣 質問する習慣

あなたが目指している「憧れ」は大丈夫?自分を知らずに間違った「憧れ」を追い求めるのはつらい。

投稿日:2019/03/25

Pocket

・ポジティブに考えなければならない

・成果が出ていなければ、だらけてはいけない

・常に成長していかなければならない

・即断即決しなければならない

・行動力を高めなければいけない

あなたも、このようなことを考えたことがあるでしょうか。

そのようなとき、私たちは自己否定を感じています。

「本当はこうあるべきなのに、自分はそうなっていない」ということを感じているわけですね。

しかし、それは「頭の中」の話です。

頭の中の世界ばかり気にしていては、「安全領域」にとどまることになります。

そうなれば、待っているのは良くて現状維持、悪ければ衰退でしょう。

さて、この状態を抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

「自分を知る」ために自己探求をおこなう理由

昨日の「習慣化の学校」では、「自分を知る」というテーマで、自己分析をしました。

・コミュニケーションタイプ

あなたは何タイプ?人間性を判断する4つのタイプ分類法!

・自分欲求/他人欲求

あなたの「やりたい」は「自分の欲求」か、それとも「ほかの人の欲求」か?欲求を動詞から探る。

・エニアグラム

など、複数の自己診断やグループディスカッションにより、「自分は、どのようなタイプの人間なのか?」ということを探りました。

そこで、「コミュニケーションタイプ」のパートで、興味深かった方の事例がありました。

それは、

・自分とは正反対のタイプを目指して生きていたことに気づいた

・正反対のタイプを目指していたのに、自分が持っていない資質のタイプの人を目指していた

・「だから、これまで色んなことがつらかったんだ」ということがようやくわかった

ということだったのですね。

これは、私は非常に共感しました。

 

自分とは異なる資質に憧れると自己否定につながっていく

「コミュニケーションタイプ」という分類がわかりやすいのでちょっと解説すると、

・コントローラータイプ

・サポータータイプ

は、正反対のタイプです。

コントローラータイプが大事なのは「自分で決める」こと。

即断即決ができますし、自分でどんどん判断して進んでいきます。

一方で、サポータータイプは「感情」を大事にすること。

ですから、ほかの人の意見を尊重することが多いので、柔軟性がある反面、どちらかというと受け身で優柔不断が多いタイプなのです。

わかりやすいイメージとしては、病院です。

まず、自分の考えでガンガンやっていく医師がコントローラータイプ。

その周囲には、医師をサポートしたり、患者さんたちに手厚いフォローをするのが看護師のみなさん。

そのようなイメージです。

このようにタイプがまったく違うのにもかかわらず、憧れを抱いてしまうことがあるのが私たち人間。

「隣の芝生は青い」という言葉があるように、自分が持っていないものを追い求めてしまう傾向にあるのですね。

たとえば、私はバリバリのサポータータイプ。

ですから、クライアントさんをサポートすることが得意です。

知らないコミュニティーでもなんとなくなじめる柔軟性もありますし、ほかの人に不快な思いをさせずにすごすことは無意識的にやっていました。

それが、私が持っている資質であり、タイプなのです。

しかし、その反対のコントローラータイプに憧れることがあるのですね。

・コントローラータイプのように即断即決したい

・コントローラータイプのように行動的な人になりたい

・コントローラータイプのように「俺についてこい」と言いたい(笑)

ということです。

こうなると、きついわけです。

何せ、もともと自分の資質にほとんどないものを求めるわけですから。

「マイナス100のポイントから、一気にプラス100のポイントを目指す」ようなものです。

当然、それは難しいわけで、なかなかできないでしょう。

結果として、「なぜ、あの人みたいにできないんだろう」とか、「やっぱり自分はだめなんだ」と感じることにつながります。

ただ、よくよく考えると、これはそもそもの方向性が違っています。

看護師さんがサポートの才能を持って生まれてきたのに看護ができず、医師としてずっと診察だけをやり続けているようなものだからです。

こうなってしまっては不幸ですよね。

このようなミスマッチを起こさないためにも、「自分を知る」ということが大事なわけです。

 

迷ったときは「頭の中の声」ではなく「心の声」に質問しよう

さて、自分を知ることが大事な理由はここです。

もしも、何らかの選択で迷ったときなど、そこで使いたいのは、あなたの「頭」ではなく、「心」です。

「頭」ばかり使って生きていると、

・あの人にどう思われるだろうか?

・失敗したらかっこ悪いと言われるんじゃないか?

・常識からはずれてるんじゃないか?

という感じで、周囲の人からの反応を気にすることになるでしょう。

一方で、「心」を使うと、

・本当はどうしたい?

・今やっていることは心がよろこんでいるか?

・どれをやりたい?

という風に、自分の「心の中」に問いかけることができるのです。

あなたはこれまでの人生で、頭と心、どちらを気にしてきたでしょうか。

もしも、「頭」を使ってばかりだったら、自信がゆらぎやすいタイプかもしれません。

なぜなら、評価軸が「ほかの人」といった外部に依存しているからです。

一方で、メンタルがタフな人は「心」で生きている人たちなのですね。

ですから、もしあなたが「頭」を使って生きてきたならば、次回「こうしなければならない」と思ったときに、瞬時に「私は、本当はどうしたいんだろう?」と質問してみることをおすすめしたいです。

最初は心から即答で返ってこないかもしれません。

しかし、そこであきらめず、何度も問いかける習慣を身に着けていきましょう。

ときには、目を閉じたり、深呼吸をしながら自問自答してみるのもいいと思います。

むしろ、頭の中はからっぽにして、心の声に意識をフォーカスしてみることが大事だと思います。

そうすれば、人生は少しずつ自由に、楽になっていくはずです。

ぜひ、「頭の声」ではなく「心の声」を聞きましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起きをして息子と「第2領域」の時間を確保。

時間不足に悩むあなたに提案したい。時間の価値を「感情」から判断して行動を決めてみませんか?

その後、「習慣化の学校」のサポートへ。

「習慣化の智慧」コミュニティーのみなさんとの合同懇親会も盛り上がり、充実の1日となりました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づく習慣, 質問する習慣

執筆者:

関連記事

普通の人が突き抜ける方法が分かりました!

■突き抜ける方法   カジケンさんのブログ、また良い記事がありました!   ※ご参考 才能がなくても突き抜けるためには。   今回の記事で刺さったことが、ひとつあります。 …

先のばしをやめたいあなたへのヒント。解決のポイントは「今の快楽」と「未来の快楽」の選択にある。

先のばしをやめる習慣について、私の中での研究が少し進んだことがあります。 そこで、先のばし対策に対する気づきと対策を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 人間は本能的 …

不安を減らするために何をする?「範囲特定・情報収集・練習」3つのポイント。

「不安」というのは、たとえると夜道を1人で歩いているときに「後ろから誰かがついてきている気がする」というイメージです。 それが何だかわからず、安心できない状態ですね。 それでは、不安にはどのように対処 …

宝くじの当選を願う人生について考える。自分の夢は、宝くじに当たることで叶うのか?

あなたは、宝くじをいつも買う方でしょうか? 私は、宝くじを買ったことがありません。 その理由を考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 年末の宝くじ売り場に並ぶ人たちを見 …

息子の小学校卒業記念イベントで夜通し東京の街を歩いて学んだことをまとめてみました

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルー …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら