【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「忙しい」を禁句に。忙しいと口にすることが自分と周囲に与える影響を考える。

投稿日:2018/02/23 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたは「忙しい」という言葉を使うタイプの人でしょうか?

できれば、「忙しい」と言う言葉は使わないことがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

いつも「忙しい」と言っている人

私が通塾しているマーケティング塾は、課題が多いです。

・・・というのは言い訳で、やっている人はやっていますから言い訳はできません。(^_^;)

そういう私自身、成果の出る活動にしぼる風を装いながら、できていない課題があります。(笑)

塾の同期たちを見つつ、私自身もふり返ると、いつも「忙しい」と言っている人は、「時間ができました」ということがないように見えます。

私の知人にも、Facebookでいつも忙しいと言っている人がいます。

何かとやっていて、仕事や飲み会など、余裕のある日がなさそうです。

このような人は、意外と仕事が進んでいないことが多いとも言われているのですね。

私も時期によってこうなりますが、、、まさに「仕事に追われている」のです。

一方で、仕事をスピーディーにおこなっている人はいつも余裕があり、「忙しい」と言っているのをきいたことがありません(そもそも禁句にしています)。

この違いはどこからくるのでしょうか。

 

自分が「1時間でどれくらいのタスクをおこなうことができるのか?」を知る

「忙しい」ということは、私自身をふり返ってみると、

・仕事の処理スピードが遅い

・自分の能力以上に仕事を受けてしまっている

・へんな責任感があり、最後まで完ぺきにやろうとする

・ほかの人に仕事を任せることができない

ということが多いです。

いずれの場合も、仕事でいいパフォーマンスを残せないものです。

同じような人もいるかもしれませんね。

そういえば、何を思ったのか、自分の仕事の処理能力を理解していない刺入社員のとき、たくさん仕事を請け負ってしまい、最後までできずにあせっていました。(笑)

いまはタスク管理ソフトを活用しているので、タスクの標準時間をおおよそ把握しています。

ですから、「1時間でどれくらいのタスクをおこなうことができるのか?」ということを自分なりには理解しており、重要なことだと思っています。

その時間を記録して明らかにしていくこと。

まずはその感覚を身につけていくことが、「忙しい」と言わずに仕事ができるようになるためのファーストステップだと思います。

そのようにして、自分の処理能力と必要な時間を知っておく。

すると、時間に対する意識が高まってきます。

 

自分のためにも周囲のためにも「忙しい」と言わない

事実、脳科学的にみると、「忙しい」という言葉を口にだすことは脳のはたらきを悪くする影響があると言われています。

口で「忙しい」という言葉を出すことで、耳から自分の脳に再び情報として入力されてしまうのです。

すると、セロトニンが減っていき、脳にストレスをかけて陣形細胞自体を減らすことになります。

その反対に、前向きに考えることで、セロトニンが増えていくという研究結果もあるのですね。

実際、仕事で成果を上げている人は、「忙しい」とは言わないものです。

私が自営業でクライアントさんがたくさんきてもらえたら、「忙しい」ということは否定的なものにはなりません。

自分が役立てる人が増え、ビジネスの収益にもつながるわけですから、「忙しい」ような状況はプラスの意味となります。

ですから、「もっとコーチングをやりたい!」と思えるわけです。

その一方で、会社の仕事で「忙しい」というと、否定的な意味になることが多い。

ですから、「忙しい」と口に出さないことです。

その否定的な言葉は、周囲にもネガティブなエネルギーを送ってしまい、そのマインドが伝播してしまうのですね。

そのような意味で、「忙しい」という言葉は使わないほうが、自分にも周囲にもいい影響があります。

ぜひ、「忙しい」という言葉を使わないようにしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝5時30分からコーチングセッション。

お昼は、ランチタイムを利用してコンサルティングを受けました。

夜は会社終わりでセミナーに参加。

内容が良かったので講師の方と話をしていたら懇親会に連れていっていただけることとなりました。

セミナープロデュースのベテランの方ともつながり、新しい仕事につながる可能性が出てきました。(^_^)

【募集中】
2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

逃げたいときこそ思い出したい!矢面にたつ思考の習慣。

  こんにちは、伊藤です。 会社の仕事で、最近起きた大きなトラブルがありました。(汗) 信頼しているし、何度も助けていただいた協力会社さんのことなので、そのできごとを振り返るのはとてもつらい …

「あー、忙しい!」を言わないための工夫。ネガティブ表現をポジティブ言葉に言い換えよう。

予定が詰まっていると、思わず「忙しい」と言ってしまいそうになります。 しかし、私は「言葉が行動に与える影響はとてつもなく大きい」ということを知ってから、「忙しい」という言葉を封印しています。 &nbs …

チャンスを得る秘けつ。リスクに飛び込み、平凡に「NO」をつきつけること。

1つの事実から何を受け取るかは十人十色ですよね。 その反応の違いは、どのようなことから生まれているのでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 「この世は◯◯だ」というビリーフ …

「自分はだめな人間だ」思考におちいりそうになったらどうするか。過去の成功体験に焦点をあてること。

自分のことを「この程度の人間だから」と思っていると、それ以上の人間になることは難しいと思っています。 「自分はだめな人間だ」という思考におちいりそうになったときは、自分ができていることに焦点をあてるこ …

もともと光っている部分をさらに光らせていく「星空理論」 。自分の良い面にフォーカスして長所を磨きこむ。

星座がきれいに見えるのは、暗くなっている夜空があるからですよね。 それは光っている面が目立っているからであり、私たちも星座から学べることがあります。 私は「星座理論」と名づけています。   …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930