【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

居心地のいいコミュニティーに安住せず、自分の土台としてコミュニティーを活用する。

投稿日:2017/12/22 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

環境が人を決めるとすると、「どのようなコミュニティーに所属するのか?」というのはとても重要な要素となります。

では、自分が成長していくために、どのようにコミュニティーとか関わればいいのでしょうか?

{“cameraType”:”Wide”,”macroEnabled”:false,”qualityMode”:2,”deviceTilt”:0.033941391855478287,”customExposureMode”:0,”extendedExposure”:false,”whiteBalanceProgram”:0,”cameraPosition”:1,”focusMode”:0}

 

スポンサーリンク

 

複業家としては劣等生。。。

私は2013年に、初めてサラリー以外の収入を得ることができました。

セミナーで知り合った友人たちとの勉強会でセミナー講師をやらせてもらったのです。

その話をすると、「よく、最初からセミナーをやろうと思えましたね〜」と言われたことがありますが、計画したのは、特技もスキルも好きなこともわからない会社員の時代からです。

それを知っているのは妻くらいですが、ここ数年で出会った人からは、「複業ができるなんていいですね」と誤解されがちです。

本当に何もないところから考えると、ここにくるまでに10年かかっています。

複業家としては、事業立ち上げのスピード感は遅く、劣等生でしょうね。。。

 

コミュニティーのつながりを活かす

私が思うのは、勉強会を開催するきっかけになったコミュニティーに飛び込んだことが良かったということです。

その後、そのコミュニティーでは師匠に出会うことができましたし、尊敬する友人たちに多く出会うことができました。

まだ実績も乏しい私のセミナーに投資をしてくれたり、メルマガ等で応援してくれる友人もいたのですね。
(その頃のアーリーアダプターのみなさんには本当に感謝しています。)

その経験から思うのは、飛び込んだコミュニティーでのつながりを価値あるものにできるかどうか。

その違いが、あきらめずに目標を置い続けられたかどうかにかかっているのだということです。

コミュニティーには飛び込んできたものの、自分で行動を起こさなければ、現実に変化は起きません。

でも、「何がやりたいかわからないけれど、とにかく動いてみよう」ということまで思えたのは、私にとって救いでした。
(余裕がなかったので。。。)

もしも、当時の私に、「このままの人生では、自分が望む生き方どころか、家族を幸せにすることもできない」という危機感がなければ、おそらく複業をやることはなかったでしょう。

しかし、目標のために動いたことによって、勇気を出して飛び込んだコミュニティーで得られたつながりが役に立ったのです。

 

自分の土台としてコミュニティーに属する

目標に関してはいえば、いろいろと書きたいことはあります。

たとえば、これまでもコーチングスクールで出会った友人たちや一緒にトレーニングをやっていた友人たちがいました。

彼らは、短期的な成果を求めては、できなくてあきらめてしまう姿を目にしてきました。

そうして、コーチングに投資したお金を回収する前に、別の学びに走ってしまうのです。

そのとき、コーチングスクール以前につながりのあるコミュニティーに戻ると、居場所を得られるのですね。

そうなると、行動がとまってしまうのです。

もしも、さらに成長を目指すなら、それまでのコミュニティーに甘んじてしまうのも、短期的な視点で成果をあげたいと思うのも、あまりおすすめはできません。

よほど優秀な人でない限り、短期間でいきなり大きな成果をあげることは困難なはずです。

しかし、時間をかけて習慣化すれば、誰でも目標に近づいていくことができます。

いま私が師匠として尊敬してビジネス書を書いている方々も、昨日今日ビジネス書作家になったわけではありません。

10年以上も毎日ブログを書いたり、メルマガを書いてきて、その積み重ねがあるから、今の姿があるわけです。

2、3年でできると思うのではなく、10年、20年やり続けていくこと。

居心地のいいコミュニティーに安住せず、F1レースでいうところのピットインができるような土台の場所とすること。

そのような意識が大事だと思うのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、私のコーチングにご興味を持ってくださった方とのプレセッション。

すでにセルフマネジメントの基本はできている方でしたので、さらに成果を高めるために私がご支援できる方法をご提案。

ご縁を大切にしていただき、年間でのご契約をお申込みいただけました。(^_^)

1年間、じっくりサポートさせていただきます。

Mさん、何とぞよろしくお願いいたします!

【募集中】
1月11日(木)19:30〜21:30 「やりたいことリスト100」セミナー 〜やりたいことで満たされる毎日をつくる〜

1月18日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

1月25日 19:30〜21:30 もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

仕事と遊びの境目をなくす。オフタイムの使いかたが人生の伸びしろを変える。

・仕事とプライベートの区別が重要 ・オンとオフのメリハリが大切 などという声をよく耳にします。 これは、本当にそうなのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 成果をあげてい …

お金を払ってでもやりたい仕事を見つけるために、自問したい質問とは?

「習慣化の学校」で初めてお会いした方と、天職ややりたいことを仕事にすることについて対話しました。 「伊藤さんは、どんな考えで複業の道を探ったんですか?」という質問を受けたので、「お金を払ってでもやりた …

個人名刺をつくるメリット。自分のプロフィールをブラッシュアップし続ける。

個人名刺がなくなったので、アップデート版の名刺をつくりました。 あらためて、個人名刺をつくることをおすすめしたいので記事を書きます。   スポンサーリンク   目次1 個人名刺づく …

「人の才能は眉毛のようなもの」。あなたの価値を見つけるための3つの視点。

誰にでも、才能や強みがあります。 ただ、わかりにくいものなので、見つけるための視点が必要なもの。 その視点を3つご紹介いたしますね。   スポンサーリンク   目次1 「人の才能は …

ひとりビジネスで大事にしたい活気・にぎやかさ・盛況感。

ひとりビジネスをやっていると、「活気やにぎやかさって大事だよな」と感じます。 そのように感じた経緯と私が盛況感を出すためにおこなっている活動を記事にしました。   スポンサーリンク &nbs …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30