【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーション

2017年後半をさらに充実させたい人へ。「やりたいことリスト」をつくりませんか?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「やりたいこと」を思いついたら、言語化してリストにしておきましょう。

それが「やりたいこと」を実現するためにもっとも重要で、もっともシンプルな方法です。

 

スポンサーリンク


 

「やりたいことリスト」 作成のすすめ

2017年も後半戦。

もし、今年の前半がうまくいっていない人がいたら、私がおすすめしたいのは、「やりたいことリスト」をつくることです。

そのリストは、「やりたいこと」ばかりでなく、中には

・未完了のタスクリスト
・備忘録のタスクリスト
・我慢をやめる(やらないこと)リスト

などがあってもいいでしょう。

そういった小さな「やりたいこと」やささいな未完了の種を少しずつなくしていくことが大事だと考えています。

私でいえば、最近できた「やりたいこと」は、

・トライアスロンのバイクシューズとビンディングペダルを買う
・キャベツメロンパンを食べる
・整形科に右肩の検診に行く

といったことに取り組むことができました。

このような「やりたいこと」や未完了のタスクがたくさんあると、そのタスクを記憶したり、日常的に気になるものですよね。

すると、私たちのエネルギーは吸いとられて、消耗するのです。

「やりたいこと」なのに、できない。

そのような未完了タスクをたくさん持っていたら、人生の質をあげていくのは困難になっていくと思うのです。

ですから、「やりたいこと」や未完了のタスクを書き出して、「やりたいことリスト」をつくることをおすすめしています。

「やりたいことリスト」の作成は、頭の中だけではうまくいきません。

やはり、紙に書き出したり、PCに打ち込んでいき、言語化して見える化することが重要なのです。

 

20年の未完了タスクを終えた快感

「やりたいこと」や未完了タスクをなくしていくと、さらに深い「やりたいこと」が出てくるケースも多いものです。

最近の私の例をご紹介しますね。

私は、大学生時代から、右肩にわずかな痛みを感じることがありました。

大学で軟式野球サークルに入っていたので、運動不足のわりに、無理をしたことが原因かもしれません。(^_^;)

ただ、学生時代はちょっとくらいの肩の痛みなど、「ま、いっか」という感じで気にならないものです。

右肩の痛みは、普段はまったく気になりません。

ときどき、水泳でストレートアームという泳ぎ方(腕を真っすぐにかく)のドリルをおこなった後や、仕事中に右肩をあげたときなどに少しだけ違和感を感じるくらいの微妙な痛みです。

少し話がさかのぼるのですが、3年くらい前に受講したセミナーで、ライフマネジメントを測定するワークがありました。

そのワークの中に「体に痛みを感じている部分はなく健康だ」という質問がありました。

右肩の痛みがあったので、その質問にチェックをつけることができませんでした。

チェックをつけられないということは得点にならず、生活の満足度が高くないということにつながってしまったのです。

ここで思い返してみると、大学生の頃からということは、20年近く右肩の違和感をほうっておいてしまったこととなります。
(いくら何でも長すぎますよね・・・)

そのため、20年もの間、日常的に右肩の痛みを意識するという良くない状況になっていました。

何かあると、「右肩、何かおかしいのかな・・・」といったささいなことが気になります。

その小さな気がかりが、エネルギーを無駄に消費し、充実度を奪っていたということに気づくようになりました。

整形科の医院は最寄駅にありますから、行こうと思えばいつでも行けたわけです。

それなのに、ずっと頭の中だけにあってリストにしていなかったので、ずっと「やりたいこと」であり、未完了タスクになっていたのですね。

さて、実際に検査に行ってレントゲンを撮ってもらったところ、右肩の関節に石灰があり、それが痛みを感じさせているということでした。

「体の中に石灰・・・!?」と思ったのですが、意外と良くあることらしいです。

私の場合は、かなり昔にできたものでしたし、小さいのでこのままで問題ないとの診察でした。

「良かった、右肩には問題ないんだ・・・!」

この瞬間、20年の未完了タスクが終わったのです。

かなりすがすがしい気持になりました。

このような未完了は、自分が行動すればいいだけですから、どんどん取り除くべきなのですよね。

それがエネルギーになり、次の行動につながっていくのです。

実際、右肩の診察に行った翌日は、ひとりミニトライアスロンをやったり、トライアスロンのショップでずっと欲しかった念願のアイテムを買うなど、エネルギー高く過ごせました。

 

強制的な場をつくってでも「やりたいことリスト」をつくろう

「やりたいことリスト」をつくろうとしても、「何も思い浮かばないんですけど・・・」という人もいるかもしれませんね。

そのような人は、もしかすると、やりたいことはすべてやっているということですから、すばらしいことです。(^_^)

ただ、そうでないのなら、「やりたいこと」や未完了タスクが無いのではなく、それらが思いつかないくらいに感性が鈍くなってしまっているのかもしれません。

また、別の視点ではありますが、何かを未完了のままにしておくのは、深層心理に隠された理由がある、というケースもあります。

本当はやればできることなのに、無意識のうちに未完了にしておく。

そうすることで、自分の中にある、より大きな問題に向き合わなくて済むからです。

無意識で自己防衛をしているのでしょう。

「やりたいことリスト」をつくると、そのようなことを発見するかもしれないという怖さもあります。

それでも、自分の本心に向き合うというのは、貴重な機会ですし、大きな気づきにもつながるはずです。

「やりたいことリスト」の中には、すぐには解決しないことも出てくると思いますが、その際はほかの「やりたいこと」に目を向け、自分の行動に集中する。

すると、「やりたいこと」が、誰かの助けや偶然によって叶えられるということもあります。

紙に目標を書くと、その目標は叶うとはよく言われることですが、この「やりたいことリスト」も、同じような効果を発揮すると感じています。

そのような効果が生まれる「やりたいことリスト」、おすすめです。

強制的な場をつくってでも、「やりたいことリスト」をつくってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

「やりたいことリスト」を一緒につくりませんか?

さて、強制的な場をつくるといっても、なかなか時間を確保するのが難しいかもしれません。

また、「やり方がわからない」という人もいらっしゃるでしょう。

そこで、私が主催する「1年でやりたいことを100個叶えるワークショップ」を開催します。

■日時:2017年7月27日(木)19:15~21:45(予定)
■場所:飯田橋駅付近(場所はお申込みの方に個別にお知らせいたします。)

お申込みページがまだ完成していないのですが、ご興味がある方は以下のお申込みフォームよりご登録くださいませ!
http://www.kokuchpro.com/event/680eb6f6d2b8f197553d837db81ed516/

「やりたいことリスト」をつくることによって、毎日の生活を充実させたい方は、ぜひご参加いただければ嬉しいです!

 

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-モチベーション

執筆者:

関連記事

no image

「モチベーション」を維持する方法(3)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …


仕事の生産性を高めるためのちょっとしたコツ。雰囲気・環境への投資してみよう。

カフェや喫茶店など、外でちょっとした仕事をすることが多いです。 (自宅に変えると生産性がゼロに近くなるので・・・) そこで感じているのは、仕事をおこなう場所と仕事の生産性の関係性です。   …


no image

「モチベーション」を維持する方法(2)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …


同じ目標を追い続けよう。卓越性は、継続から生まれる

あなたは、今年の目標で達成したものはありますか? 「今年も半分が終わってしまった。」という話を耳にしました。 目標を掲げることは大切なことだとは思いますが、私は、普通の目標と少し違った方向性の「軸を磨 …


目標のリマインド。あなたの目標を定期的に思い出す仕組みを持っていますか?

人というのは不思議なもので、夢や目標は常に意識しておかないと忘れてしまいます。 夢や目標を忘れないためにできるのは、常に思い出す仕組みをつくっておく工夫です。   スポンサーリンク &nbs …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031