【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

ワンソース・マルチユースで複業。自分という素材を活かせる分野を増やしていこう。

投稿日:

Pocket

自分という人間は1人ですが、活躍できる分野は1つだけではないはずです。

素材をうまく活かして、活躍の場を増やしましょう。

 

スポンサーリンク


 

1つの素材を複数活用する「ワンソース・マルチユース」

「ワンソース・マルチユース」という言葉があります。

英語でいえば、

・ワンソース(one source)
・マルチユース(multi-use)

ということですね。

意味としては、「1つの元素材を、複数の方向に活用する」という感じでしょうか。

たとえば、あるアニメ番組があるとします。

その番組に人気が集まれば、「ワンソース・マルチユース」として活用できるのですね。

テレビ番組という1つの素材(ワンソース )から、

・音楽CDが出る
・Blu-rayやDVDになる
・コミックなどの書籍になる
・劇場映画になる

といったように、複数のメディアに展開できるようになるからです。

「ワンソース・マルチユース」 とは、上記のようなイメージです。

 

「副業容認」ムーブメントは諸刃の剣

私たちも、「ワンソース・マルチユース」を考えていく時代です。

要は、自分という1人の素材(ワンソース)を、複数の場所で活用(マルチユース)するということです。

ビジネスパーソンに限らず、私たちは自分自身の価値をきちんと自己評価していく必要があります。

自分という素材で価値提供できるもの、自分という素材が貢献できることを考え、1つの使いみちにとどめることなく、いくつもの使いみちを考えていくべきでしょう。

そのような意味で、「複業」というのは、「自分という1つの素材を、複数の場所に活用していくこと」ということになりますね。

最近は、雑誌やネットなどのメディアでも「副業容認」が話題になっています。

ただ、「副業容認」の動きというのは、「諸刃の剣(もろはのつるぎ)」の意味合いもあるものだと思っています。

もちろん、「副業容認」は、複業をやりたい人にとっては非常に喜ばしいムーブメントです。

一方で「会社の仕事だけやっていればいいや」という意識の専業会社員にとっては厳しいことになるはずです。

なぜなら、企業が副業を容認するということは、将来的にリストラや給与カットをやりやすくなるのではないか、と言われているからです。

そういった背景があると、ある日突然、「来月から給料50%ダウンになるから」と言われても仕方がありません。

また、会社から解雇を言い渡された際に、私たちが文句を言ったとしても、「せっかく副業を容認してあげていたのに、何もしてこなかったあなた自身の責任です。」と言われてしまうかもしれません。

確かに、そうなってしまったら、自己責任と言われても仕方ないでしょう。

ですから、「複業」に取りくんでおくことが、自分を守ることにつながります。

将来を考えて、今から複数の収入源を獲得しておくことが、重要な自己防衛策となるのです。

 

自分という素材を複数の場所で活かしていこう

「ワンソース・マルチユース」を、わかりやすくイメージできるのは、収入源でしょう。

私の場合でいえば、

・営業
・コーチング業
・セミナー業
・サポートコンサルタント業

など、金額の大小はありますが、複数の収入源をつくってきました。

というよりも、自分が体験してきたことや学んできたことを「どうすれば貢献ができるのか?」という視点でとらえた際に、「2足のわらじ」くらいでは足りず、自然に「4足のわらじ」になってきたのですね。

そもそも人は多面的ですし、多重人格的な生き物です。

そう考えると、1つの会社といったような限定された場所でしか評価されない状況というのは、本来おかしな話なのです。

会社には提供していないスキルや才能を持っている人はたくさんいるでしょうし、その能力が収入につながることもあるはずです。

そのスキルや才能が、ほかの人の課題を解決する可能性もあるのに、顕在化されていないという状態。

それは実にもったいないことだと、私は感じています。

だからこそ、私たちも自分に眠る才能を見つけ、それを活かしていく「ワンソース・マルチユース」を意識していくべきなのではないでしょうか。

1つの会社、1つの仕事にしがみついている時代は、すでに終わりに近づいているのではないか、と考えています。

ですから、いくつもの選択肢の中から、自分らしい生き方、はたらき方を、自分なりに選んでいかなければならないのです。

あなたも、「自分には無理」などと思わずに、「ワンソース・マルチユース」を考えてみましょう。

1足しかわらじがないのなら、まずは2足目のわらじにトライしてみることからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日の朝スイムでは、「上半身、特に腕の力を抜くこと」というアドバイスを受けました。

泳ぎがへたな人は、上半身に無駄に力が入っていることが多いのですね。

だから、疲れるし、前に進みません。。。

適度に力を抜き、リラックスすること。

それが、パフォーマンスを発揮するために重要なことなのでしょうね。

口でいうほど(手で書くほど)簡単ではありませんが。。。(^_^;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)の習慣

執筆者:

関連記事

「サラリーマンは不自由、起業家は自由」は本当か?2つのバランスをとる複業家のすすめ。

会社員を続けるのか、転職をするのか、起業家になるのか。 それらの選択に悩んでいる人は多いかもしれません。 結論を出す前に、複業家を目指すのもおすすめです。   スポンサーリンク   …

「週末」のとらえ方を変えて、「週末」の自由な時間を増やしてみよう。

「週末」の時間を増やしたいと思ったことはありませんか? とらえ方次第では、あなたの週末の時間が増える考え方があります。   スポンサーリンク   目次1 「時間」甘く見ていたしっぺ …

「会社員」というアイデンティティーにしばられるデメリット。成果は「社内評価」でなく「お客さまの感情」にある。

「会社員」というアイデンティティーを強すぎると、気になるのは「社内評価」です。 ただ、「社内評価」にしばられる人ほど、視野がせばまっているように感じるものです。   スポンサーリンク &nb …

複業が「家族に理解されず、応援してもらえない」のは、自分の説明不足かもしれません。

複業家が自分の活動を家族に理解してもらうためにはどうすればいいでしょうか? その答えの1つは、家族に説明したり、仕事内容を体験してもらうことを、さぼらないことです。   スポンサーリンク & …

仕事と遊びの境目をなくす。オフタイムの使いかたが人生の伸びしろを変える。

・仕事とプライベートの区別が重要 ・オンとオフのメリハリが大切 などという声をよく耳にします。 これは、本当にそうなのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 成果をあげてい …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら