【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

大切なことは「何にフォーカスするか?」

投稿日:2013/12/22 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

■初セミナー終了!

 

人生初のセミナー開催を終えました!

 

予定時間も守ることができ、お伝えしたいことは充分お伝えできました。

その意味では非常に充実感と達成感を味わっています。

 

しかし、、、

最初から100点ということもありえず、数々の失敗もいたしました。

 

鉛筆

 

■まずは反省点

 

まず、大きなところから。

 

プロジェクターが映りませんでした。。。

かなり、凹みました。

 

下見のときに、お店の方に実物を見せていただき、説明書を見ながら接続方法は確認したものの、実際に映るかまではテストしていなかったのです。

パソコンのOSも問題なかったし、プロジェクターのインストールも問題なかったので、油断したのでしょう。

 

大きな反省点です。

 

あとはチェックリストをつくる余裕が持てなかったこと。

スライドの作成に時間がかかりすぎたこと。

名簿のプリントアウトを忘れたこと。

会場費がかかる場所を選んでしまったこと。

 

などなど、いろいろとありますね。

 

■そして改善点

 

しかし、これは逆に次への大きな改善点でもあります。

 

次回は必ずプロジェクターの投影をチェックします。

年末年始にセミナー開催のチェックリストをつくります。

スライドはブラッシュアップすればより良くなるでしょう。

会場も次の場所を決めています。

 

次回は、絶対にもっと良くなることが確実視されていますので、精神衛生上も良いですね。

 

プロジェクターの失敗も、次回の成功のためのプロセスです。

いまは小人数だったので、小さなMacBook Airでもなんとかなりました。

 

しかし、次回の大阪セミナーは定員20名です。

わたしは確実にプロジェクターを事前チェックすることでしょう。

 

もし、今回何も学びがなく、大阪でプロジェクターの失敗をしていたら、取り返しのつかないことになっていたかもしれません。

そのような意味で、大きな学びを得ました。

 

■先輩ナビゲーターからの質問

 

セミナー終了後、改善のためにプロジェクターを物色していたところ(笑)、プロコーチの先輩ナビゲーターOさんからFBメッセージが届きました。

 

「初セミナーお疲れさまでした。どうでしたか?」

と。

 

わたしは、プロジェクターの投影ミスを伝えて反省の弁を述べました。

もっと自分が注意深ければ、お客様を裏切らずにすんだと。。。

 

そのときOさんから次のような質問がきました。

 

「それは大変でしたねー。でも、良かった点は何ですか?」

と。

 

その瞬間、いろいろな捉え方が変わったのです。

 

「そういえばプロジェクターが映らなかったことで、スライドに頼らない進行をしていたな。」

「ワークの時間を増やして、意外と臨機応変に対応したな。」

「映らなかったから、とにかく今自分が持てる以上の力を出し切ることになったな。」

という感情に置き換わったのです。

 

そうすると、

「プロジェクターの失敗はあったけど、全体的には良かった」

という気持ちになれました。

 

マイナス感情が、プラスの感情に変わったのです。

たったひとつの質問で。

 

いやー、コーチングってスゴいですね。

ますます興味が湧いてきました。

 

来年はコーチングを学習してパワーアップします!!

 

【今日の良習慣】
ひとつの事実に対して、いつも「良かったことは何か?」と問うてみるクセをつける

 


-良習慣

執筆者:

関連記事

「上司に怒られるかも。。。」考えすぎて動けなくなる前にやりたい3つの対策

仕事で自分のミスが発覚したとき。 そして、そのミスが原因でトラブルが起きてしまったとき。 嫌ですよね。。。 上司に報告しなければなりません。 こんなときこそ、先のばししたくなりますよね。(笑) &nb …

習慣化に需要なのはどっち?ロジカル・シンキングか、それともインスピレーションか。

習慣化したい行動がたくさん出てくると、 ・理詰めで考えた習慣 か、 ・直感で考えた習慣 か、どちらを優先したほうが良いのか迷うときがあります。 そのようなとき、私は「直感」で選んだ習慣を選択するように …

人間が「もっともストレス耐性に強い時間」って科学的に証明されているそうです!

  「面倒なことほど午前中に片づけた方が良い」 とは、よく聞く言葉ですが、科学的な根拠があったのです。 それが、ぼくが日記を書くことを習慣化できたことに非常にリンクしていることが分かって驚き …

職場への不平不満をクセにしないために、「愚痴・陰口は一切言わない」ことをマイルールにしてしまうこと。

自分が置かれている環境に、不平不満を言いたくなることはありますか? そのようなマイナスオーラの言葉の起点になると、あまり良いことはありませんので、いっそのこと言わないことをマイルールにしてしまいましょ …

no image

「目標を紙に書き出すと叶う」の威力を改めて実感

■本日、家族会議を行いました。   わが家の家族会議とは、 家族4人で外食しながら、 ・現在の活動状況 ・過去の振り返り ・未来の展望と目標設定 ・その他、いま自分が考えていることや聞いて欲 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031