【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

批評家はかっこ良く見える?

投稿日:2013/11/20

Pocket

■批評家スタンスの先輩がかっこよく見えたとき

 

前の会社にいた頃の話です。

僕は、初めての就職で、テレビ業界に入って番組制作をすることになりました。

 

憧れのマスコミ業界。

初めて社会人になった僕は、何か新しいことがスタートするワクワク感に満たされていました。

まあ、その時点は週に3〜4日以上も徹夜するとは思っていなかったからですが。。。(笑)

a1180_005268

 

その頃は、まだ業界に詳しくないので、先輩の話ひとつ一つが学習になっていました。

そんな先輩の中に、カッコ良く見える先輩がいました。

 

その先輩は、ことあるごとに、

「この会社はここを変えない限り良くなっていかないんだよ・・・」

とか、

「あのディレクターさんは、こういうところが上手くないから・・・」

といった感じで、いろいろな部分に批判的な目線を持っていました。

 

当時の僕は、

「なるほど〜。様々な問題点をよく分かっている先輩だなー。」

と思っていました。

 

■傍観者の立場になればなんでも言える

 

しかし、今から考えると、その先輩は、会社や上司の批判ばかりしていた割には、自ら問題解決を図ったり、改善のために自発的に動くことはほとんどありませんでした。

むしろ、面倒なことが起こると、上手くかわして僕たち新人に仕事をふっていたような感じさえありました(笑)。

 

もしかしたら、あなたの会社にも、当時の僕の先輩のような人がいるかもしれませんね。

 

今日、僕がお伝えしたいのは、そのような上司や先輩の言うことを鵜呑みにしないようにしましょう、ということです。

また、自分がそのような批判ばかりするようになっていないか、振りかえって見てほしいのです。

 

■愚痴・不満を言わないコツ

 

僕は思うのです。

会社も、人と同じです。

良いところもあれば、悪いところもあるのです。

あのお宅のご主人は優しいけど、うちの旦那はまったくだらしない、なんてことはありません(笑)。

 

完璧な人間なんていないことはご存知ですよね?

でも、なぜ、僕たちは会社や組織に完璧を求めてしまうのでしょうか??

 

僕は最近思うんですけれど、、、

たぶん、たぶんですが、会社なんてどこも大差ないのではないでしょうか?

 

大企業では、自分の好きなようには動けません。

中小企業では、いろいろなことを自分でやらなければなりません。

 

本当に文句があるなら、辞めるしかありません。

あなたには辞めるという選択肢があるんです。

辞めないで愚痴・不満をいい続けるのは、あなたが「辞めない」という選択をしているのです。

 

本当に改革したければ、自分が社長になるしかないのです。

起業すれば、自由があるでしょう。

 

しかし、それにともなう責任も発生してきます。

どのようなはたらき方を選ぶかは自由です。

 

評論家になるのも、願うのであれば良いのかもしれません。

でも、どのような状況にいても、完璧に整った状態を待っていたら、そんなときは永遠にやってきません。

 

■完璧にととのった職場環境がないならば、どうするか?

 

その中で、できることがあります。

それは、自分が変わっていくことです。

自分の発言が認められるくらい、実力をつけることです。

 

自分を良く変化させていこうとすれば、状況は改善していくのです。

けれども残念ながら、その変化は、目に見える成果がでまでには、おそらく時間がかかります。

 

ただ、動かなければずっとこのままなのも確かですよね?

僕は会社員として、そんなふうに考えています。

 

【今日の良習慣】
職場で自分が改善できることがあるとしたら、それは何か?アイデアを考えてみる。

 


 

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

no image

「お勧め本はその場で買う!」という習慣(1)

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

「大行は細謹を顧みず」を時間管理に適用する。不必要な争いで貴重な時間を無駄にしない思考。

先日、「大行は細謹を顧みず(たいこうはさいきんをかえりみず)」という言葉を知りました。 「大きなことを成しとげようとする人は、ささいなことにこだわらずにことにあたる」といったような意味です。 この考え …

「マルチタスクは効率的」は罠?集中するためのシングルタスクの勧め

あなたは、「マルチタスクは効率的というのは嘘」だと言われたら、どのように感じますか? 私は、マルチタスクがどうやっても苦手なので、興味がありました。     目次1 マルチタスク派 …

「ニューロ・ロジカル・レベル」 を習慣化に応用する。自己認識レベルを意識して自分を叱る/ほめる。

「ほめる」と「叱る」。 この正反対の行為をうまく活用することによって、習慣化しやすくなる方法があります。   スポンサーリンク   目次1 自分を叱るか、自分をほめるか2 NLPの …

活躍し続ける人がおこなっているたったひとつの習慣

活躍し続けるため必要な良習慣はなんでしょうか。 そこを調べて、取り入れていきましょう。   目次1 「活躍し続けている人たち」がいつもおこなっていることとは?2 あなたが「もっと良くしたい」 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。