【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

シンプルかつ筋肉質の言葉を追求。「小さなテクニックを多く」よりも「大きな原則を1つ」を持つ。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

小さな細かいテクニックをかき集めるよりも、大きい筋肉質の原則が強いことが多いです。

自分が興味関心を持つ分野には、「シンプルかつ筋肉質の言葉」を持っておきたいものですよね。

 

スポンサーリンク


 

細かすぎる指示と大まかな指示の間

会社員になった当初、私は細かく指示をもらうことを望んでいました。

ですから、丁寧な指示をくれる上司を好んでいました。

しかし、ある程度経験を積んでくると、今度は指示が細かすぎると、逆に混乱するようになりました。

私自身、本来は「ざっくりとした方針があってそれを外さなければ、あとは(私が)自由にやってOK」というスタイルを好みます。

そのため、「これだけはやらないでね」とシンプルに言われたほうが、仕事を進めやすいと思っています。

要は、いろいろな指示を出して、相手に「で、結局何が言いたいの?」と思われるよりも、

・重要なことを
・シンプルに
・ひと言で

伝えたほうが、自分も相手も、覚えやすいということです。

 

「小さなテクニックをたくさん」よりも「大きな原則を1つ」が重要

早起き習慣化を目指したとき、たくさんの本を読みました。

早起き本には、あらゆるテクニックやノウハウが書かれています。

たとえば、

・起きたらふとんの中でストレッチをしよう
・換気をしよう
・お気に入りのスイーツをごほうびにしよう
・目覚まし時計を3つかけよう
・朝シャワーを浴びよう
・寝る前に起きたい時間の数だけまくらをたたこう

といった方法ですね。

素直なだけがとりえの私(笑)は、「これは良さそうだな!」と思うものを、片っぱしから試していきました。

しかし、その通りに実践しても、すぐには早起きできませんでした。。。

いくつか短期的に成功したことはあるものの、中長期視点として習慣化するまでにはいたらないのです。

「なぜできないんだろう・・・」と、悩み、困っていました。

そのような時期に、習慣化コンサルタントの古川武士さんのセミナーに参加。

セミナー後の質疑応答で、古川さんから、「起きる時間ではなく、寝る時間を守るように焦点をあてる場所を変えてみましょう」というアドバイスを受けました。

「おお、、、そう言われるとそうだよなぁ・・・」と、その視点の移動のインパクトは、今でも忘れられません。

古川さんが伝えたかったのは、シンプルにいえば、「早く起きたいなら、早く寝ましょう。以上!」ということでしょう。

先の上司からの指示のように、重要なのは、本来そのようなシンプルなものでいいと思うのです。

ピストルを連射するよりも、バズーカ砲を1発撃ったほうがダメージが大きいですものね。
(最近観た映画からのインスピレーションで・・・)

 

興味関心がある分野の原理原則を自分で言語化していこう

会議の場での発表やほかの方のスピーチを聞いていて、わかりづらいことがあります。

それは、発表者が伝えたいことを、ただ単に羅列しているだけのケースが多いです。(^_^;)

そうならないためには、伝える順序を意識します。

たとえば、

1:最初に全体のテーマを伝える
2:話がいくつあるか伝える
3:今後どうしていくのか、どのようにして欲しいのかを伝える

といった感じです。

これは有効な方法ですし、私もブログの記事にも使うときがあります。

知っておくと役立つものです。

ただ、さらに目指したいところは、その言葉自体をシンプルにすることです。

早起きであれば、まさに「早く起きたいなら、早く寝ましょう。以上」という言葉を持ちたいのです。

原理原則は、早起きに限らないでしょう。

ダイエットでも、やせるためのダイエット法は数限りなくありますが、結局は「摂取カロリーと消費カロリーのバランスと運動」につきます。

私はまだわかりませんが、スイムやマラソンにもあるはずで、その原則を自分なりに気づき、発見することが「探求の旅」なのだと思っています。

そのために、私は、ブログやセミナーなどで、相手に何かを伝えようとする際には、早起きの原則のように「早く起きたいなら、早く寝ましょう。以上!」の言葉を持てることを目標にしています。

様々な分野での原理原則、それを自分なりに体得し、言語化する。

そのような体験を積み重ねていくことを目指してみませんか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

「早起きタイプ」か「夜ふかしタイプ」か。

それは、先祖の影響があるかもしれない、という記事を読みました。

早起きか夜更かしか それは先祖のせいかも

そうなると、夜ふかしタイプを先祖に持つ人は、早起きが苦手だということになりますよね。。。

私の先祖は夜ふかしタイプだったのでは、、、(笑)

それでも、早起きに関しては、「シンプルな筋肉質の言葉」を守れば、安定して早起きができるようになります。

▼セミナーでもお伝えしています。
2017年8月3日開催:【もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜】

【募集中】
2017年7月27日開催:【「1年で100個のやりたいことを叶えるワークショップ」〜やりたいことリスト100をつくろう〜】

2017年8月3日開催:【もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜】

2017年8月17日開催:【これで続けられる!「良習慣の見つけ方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜】

【お知らせ】
メルマガをスタートいたします。

読者さんが50名集まったところで配信をスタートする予定です。

ご興味を持っていただけたら、ご登録をいただけると嬉しいです。(^_^)

▼登録は下記からお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-気づき

執筆者:

関連記事

「スキャンピー」で本を電子化。自炊サービスをはじめて試してみました。

片づけ習慣化の一環で、本の自炊サービスをはじめて利用してみました。   スポンサーリンク   目次1 自炊サービスを選ぶポイントは?2 スキャンピーへの申し込み・手続き方法3 自炊 …


あせらなくて良いのですね。「影響は、忘れたころにやってくる」のです。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 「人との出逢いを大切に」 とは、よく聞かれる言葉。 ぼくも最近、そんなことを実感することがありました。 & …


柴又100Kウルトラマラソン惨敗(前編):チャレンジして失敗することは悔しい。しかしそれ以上に得るものは多い。

目次1 ウルトラマラソン撃沈2 大量の言い訳3 恥ずかしいほど弱い自分4 ゴールするランナーと自分の違い ウルトラマラソン撃沈 6月1日に行われた東京は葛飾・柴又の100kmウルトラマラソンに出場しま …


空間、余白、空白。あえてスペースをつくり、狙いをしぼってゴール達成につなげよう。

たくさんのことに手をつけると、どれも中途半端になります。 そのような状態を避けるためにも、自分の感情や時間に「スペースをつくる」ことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 …


続けることで「日本一」を目指す!あなたの活動は積み上げることによって「日本一」になれる可能性がありますか?

ブログ、メルマガ、コーチング、早起きなど、さまざまな行動や習慣があります。 最近、どうせやるなら、どうせ続けるなら「日本一を目指す」という視座も持っていたい。 そんなことを考えるようになってきています …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031