【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣 良習慣を身につける習慣 質問する習慣

なぜ、90%もコースをはずれた飛行機が目的地につくのか?計画がずれてもゴールにたどりつく方法。

投稿日:

Pocket

「計画をたてるのは好きだけど、ふり返りはしない」

ふり返りは地味な習慣なので、以前は私もそう考えていたのですが、その考えは間違っていたと実感しています。

 

スポンサーリンク


 

どうせくずれてしまう「計画」なら不要なのか

先日、大学受験に向かっている息子と「計画」について話す機会がありました(妻も含めての家族会議です)。

そこで私から伝えたのは、「計画の重要性」です。

逆算思考で考えれば、「計画」はどうしてもはずせません。

とはいえ、人によっては「どうせ計画どおりに行かないから、計画はたてても仕方がない」という人もいるでしょう。

私も、小学生のときにつくった「夏休みの計画」のことを思い出すと、強く共感してしまいます。(^_^;)

「計画だおれ」という言葉もあるくらいですから、多くの人が同じような状況におちいったことがあるのかもしれません。

では、計画は本当に必要ないのでしょうか。

「計画」といっても、

・1日の計画
・1週間の計画
・1ヶ月の計画
・1年間の計画
・10年間の計画

など、期間が違えばその意味づけも変わってくるのですよね。

私が好きなのは、泉正人さんの区分けの方法で、

短期的なタイムマネジメント スケジュール
中期的なタイムマネジメント 計画・プラン
長期的なタイムマネジメント ライフデザイン

というもの。

計画やプランは中期的なタイムマネジメントでもあるのですね。

そう考えると、やはり計画は誰にとっても重要なものになるはずです。

 

飛行機のフライトは90%もコースからずれている

先日参加したセミナーで学んだ格言に、私の「計画」への概念が変わる言葉がありました。

それは、ベストセラー作家のベンジャミン・ハーディー氏が語ったとされる言葉です。

あなたも知っている飛行機のフライト。

実は、飛行機は、乱気流や悪天候の影響などで90%の飛行時間が、予定のコースをはずれているそうです。

まっすぐ一定に飛んでいるわけではないのですね。

それでも、飛行機は、目的地に到着します。

「日本発のハワイ行きが、到着したらサイパンだった」ということはないわけです(笑)。

時間もほぼ正確ですよね。

90%も予定のコースとずれてしまっているのに、なぜ実現が可能なのでしょうか。

その理由は、じつにシンプル。

答えは、

・パイロットが、常にコースを修正しているから

だそうです。

90%はずれているのに、最後にはゴールに到達している。

世界の空では、このようなゴール達成が、毎日のように繰り返されているわけです。

これって、すごいことだと思いませんか。

そう考えると「計画どおりに進まないから悩む」という悩みから開放されますよね。

計画からはずれていても、ゴールに着いているという現実があります。

つまり、最初から計画はずれるのですから、そこを心配しても仕方がないのです。

むしろ大事なのは「計画からずれない」ということではなく、「ずれたコースを軌道修正し続ける」ということなのですね。

 

「ふり返り→行動計画→実行」のサイクルで夢に近づこう

では、軌道修正をしていくためには、何をすればいいのでしょうか。

私のおすすめは、「ふり返りの習慣」です。

まずは1週間に15分くらいの時間をとって、

・1週間すごしてみて、いまコースに対してどれくらいずれているのか?

・先月は、どれくらい軌道がずれているから、何を修正しなければいけないのか?

・何ができたのか、何ができなかったのか。そこに対して、どんな行動をとっていくのか?

ということを考えておきましょう。

「言葉にしておく」ということが非常に重要です。

「具体的なふり返りフォーマットがない」という方は、KPTやGPSというフレームを活用していきましょう。

「KPT法」をご存じですか?「PDCAサイクル」を機能させるフレームワークをご紹介いたします!

「GPS」でふり返る。持続的な成長に必須の方法とそのやり方をご紹介。

そして、ふり返りの最後に、ぜひ活用して欲しい質問があります。

それが、

・この時間の使い方で、自分の夢は叶うだろうか?

という問いです。

この問いに対して、答えが毎週「Yes」になるようであれば、あなたの計画はばっちりです。

私も、2週続いているので喜んでいるところです(笑)。

もしも「No」が続くとしても、夢に近づけるように修正の計画を入れていけば大丈夫です。

それでも「ずっとNo」だとしたら、思い切って何かを変えるタイミングかもしれません。

コースとはずれてしまっても、最後には目的地につくために、計画を修正し続けていくことが重要です。

また、ふり返りをしたら、「次にどうしていくのか」という行動計画を見えるようにして実行しなければ効果が半減してしまいます。

Googleカレンダーに入れたり、スマホのリマインダーをセットしておくなど、アクションにつなげていくことです。

ゴール到達のために、「ふり返り→行動計画→実行」のサイクルを定着させていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起きをして息子と2人でカフェで4時間。

書く仕事に集中することができました。

午後は妻の実家に顔を出して、その後は家族でお花見。

それで終わらず、そこからやきとん屋に行き、カラオケまで(笑)。

帰宅後に映画まで観て、充実の1日となりました。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-書く習慣, 良習慣を身につける習慣, 質問する習慣

執筆者:

関連記事

「いつか」を減らして「今すぐ」やるために「スタート地点」を意識する。

1日をすごしたあと、後悔することはありませんか? そのすごし方に不満があるということは、「1日のどこかでいつか」と考えてしまい、行動の優先順位が合っていないのかもしれません。   スポンサー …

言葉づかいがあなたのパフォーマンスを決める。ポジティブな言葉とネガティブな言葉の差は大きい。

良いことがあったとき、あなたはどのような表現をしていますか? 一方、嫌なことがあったら、あなたはどのように自分の気持を表出しますか? どのような言葉を使うのかによって、あなたの成果が変わってくるもので …

【質問】あなたの2014年を本当に充実させた、○○○○○の出来事は何ですか?

友人のFacebookへの投稿で知ったのですが、7月2日は一年のちょうど半分の日にあたるんですね。 振り返れば、一年の半分が経過したこととなります。   2014年の前半戦はいかがでしたか? …

no image

「長期的な視点でものごとを捉える」ことの大切さ

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■突然ですが、みなさんはものごとを長期的な視点で捉えていますか? それとも短期で考えてしまうでしょうか? 僕は、なるべく長期的にものごとを捉えようと …

質問力を高める方法。アプリ「ミタイム」を活用して毎日質問に答える習慣をつける。

「質問力」をつけるには、どうすればいいでしょうか? 私は、「毎日少しずつ質問に答える」ことが大事だと考えています。   スポンサーリンク   目次1 プロコーチがおすすめする「ミタ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら