【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

自分の感情を探るために。やめたい習慣の裏には何がある?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたには、

・夜ふかしをやめたい
・食べすぎをやめたい
・お酒を減らしたい

など、「やめたい!」と思っているのに、ついやってしまうことはありませんか?

やめるためには、表面的なやめたい行動の裏側の原因を探るとやめられるようになります。

 

スポンサーリンク

 

早起きの方法をたくさん試した時期

過去に、私が早起きを習慣化しようと思いたった際に、本やネット記事を読んで、いろいろな方法をためしました。

たとえば、

・寝る前にホットミルクを飲む
・寝る前にワインを1杯だけ飲む
・お風呂上がりに体温を冷ましながら寝る
・目覚まし時計を起きる時間から5分間隔でずらしながら3つ鳴らす
・目覚まし時計をベランダに置く
・寝る前に水をがぶ飲みする
・寝る前にまくらに話しかけながら、起きる時間の回数だけたたいてから寝る

といった方法が紹介されていました。

下に行くにつれてだんだんとハードに、そしてあやしくなっていきますが・・・、素直な私はすべて実践しました。(笑)

一瞬だけ効果が出た方法もあれば、効果がよくわからない方法もありました。

どの方法も、個人差はあると思いますが、状況次第である程度は効果があるのかもしれません。

しかし、どの方法も根本的な解決にはならないのです。

私が求めていたのは、たまに成功するイレギュラーな方法ではなくて、習慣化するための考えかたや再現性のある方だったのです。

では、根本的な解決方法とは、どのような方法でしょうか?

 

早起きするためには早く寝るという原則

答えとしては、早起きをするためには、「早く寝ることが重要」だということです。

100%誰にでも必ず通用する方法ではないかもしれませんが、たいていの人には通用するはずです。

当時、私は、習慣化コンサルタントの古川武士さんのセミナーに参加したときに、「どうしたら早起きができるようになるでしょうか?」と質問をしました。

そのときに、「起きる時間に焦点を当てていませんか?それよりも、寝る時間にフォーカスしてみましょう」と言われたときの衝撃は、今でもはっきり覚えています。

そうですよね、早起きするためには、早く寝ることが大事。

私も知っていました。

じつにシンプルだし、誰でも知っていることですよね。

でも、なぜ多くの人は早起きできないのでしょうか?

これは物事の本質と同じで、みんな言葉ではわかっているし、理解している(つもり)のです。

でも、あまりにもシンプルすぎて、拍子抜けしてしまいますよね?

「どうしたら早起きできるんですか?!」というのは、私が異業種交流で名刺交換すると、早起きについてよく質問されることです。

私が「あ、それは簡単で、早く寝ることです」と答えると、、、「えーと、、、そのあとに続く言葉は・・・?」という顔をされます。

あきらかにがっかりした表情をする方さえいました。(笑)

そのような人たちは、おそらく「早起きするための魔法があるに違いない」と思っているのでしょうね。(^_^;)

もちろん、早く寝るといっても、人によって合う合わないがあったり、早く寝なくても早起きできる人はいます。

でも、そのようなイレギュラーばかり狙い続けてきたから、いま早起きできていないわけです。

野球でキャッチボールができないのに、試合で活躍できるわけがないのと同じことですよね。

私も何度も挫折して、停滞して、モラトリアムを与えて、そして、できなくなる時期があります。

そのようなとき、再開する際に守るべきポイントはただ1点で「早くふとんに入る」ことです。

つまり、夜ふかしをやめて早起きするためには、早くふとんに入る工夫を考える必要があるのです。

そのまま早く寝られることが理想ですが、いきなり寝る時間を変えても最初はなかなか寝られないかもしれません。

ですから、最初は「目標の時間にふとんに入ること」だけを目標にしていただければOKです。

ふとんに入って、読書やスマホは当然NGですよ。(^_^)

最初はすぐに寝られなくても良いのです。

そのうちに寝られるようになっていきます。

 

やめられない原因は行動の裏側にある

「やってみよう!」と決めると、私たちは自動的にその行動自体に焦点をあててしまいますよね。

しかし、私の早起きの経験のように、やろうとしていることの裏側に問題が隠れているケースというのは多いものです。

ですから、本当の問題はどこに起因しているものなのか、考えてみていただきたいのです。

別の例でいえば、私は一時期、酒量が増えたことがあります。

そもそも、お酒の雰囲気が楽しいとか、やきとりに魅了されているという要因はたしかにあるのですが(笑)、その奥にお酒を飲んでしまう本当の理由があったのです。

その原因は、複業にお金や時間を投資しているのに、まったく成果があがらないことにありました。

家族にも迷惑をかけ、自分のお小遣いは常になく(おこづかい前借り状態です)、読書して行動してるつもりでしたが、リターンがまったくないのです。

そのストレスから逃げたくて、アルコールに手が伸びてしまっていたのです。

要は、アルコールの力を借りた一種の現実逃避なのですね。

ですから、酒量を減らす対策としては、お酒ではないリラックスを探したり、逆に睡眠をしっかりとることだったのだと、今ならわかります。

ダイエットに失敗したときも同じように、食べることをがまんしていたのですが、仕事も週末起業もストレスフルなので、食欲が抑えられなかったのです。

すべてをとろうとして、何もえられない典型的なだめパターンです。。。(^_^;)

いま考えれば、習慣化のウェイティングリストをつくり、期限を分割して1つ1つじっくり取り組んでいけば良かったのだと思います。

このように、やろうと思っていることがあれば、つい阻害してしまうマイナス行動の裏側を考えることが大事です。

その行動を誘発してしまう原因がどこにあるかを発見すれば気分が楽になりますし、対策をほどこす対象として扱うことができるようになるからです。

あなたのやめたい行動の裏側にあるものを考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、息子の受験日前日だったので早めに帰宅。

子どもたちを早めに寝かせて、妻とほうじ茶を飲みながら受験についてトークしました。

小学6年生の甥っ子も中学受験をしているので、この時期は合否の結果に一喜一憂の毎日です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

早起き習慣化にもっとも重要な要素は何?睡眠へ投資することが1日の良い流れをつくり出す理由。

早起きを長期的に続けるためには、睡眠時間への投資が何よりも重要です。 一方で、早起きに挫折する人は、多くの場合、睡眠時間が不足するのが原因です。 早起きができない人が、睡眠時間を削らなければならないの …

「早起き」習慣化のための指標を「起床時間」だけにしていませんか?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 週末の早起きの話題です!     目次1 早起きできずに困っている人は多い2 複数の指 …

早起き習慣化に変化球はいらない。基本かつ本質は「寝る時間に焦点をあてる」こと。

当ブログの検索で、「早起き」「習慣化」「続ける」といったキーワードでたどり着かれているアクセスがありました。 最近、早起き習慣化の話題を記事にしていなかったので、あらためて基本を書いてみます。 &nb …

早起き習慣化には何時間睡眠がベストなのか?学説に頼りすぎず、自分の身体の声を聴いてみよう。

早起きセミナーでよくある質問の1つに、「やはり8時間睡眠や7時間睡眠がベストなのでしょうか?」というものがあります。 しかし、そのような定説に流されるのではなく、適切な睡眠時間は自分で調べることをおす …

池田知恵さんの名言。“早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。”

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。 早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。 (池田千恵さん) …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728