【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

自分のエネルギーは迷うと分散し、決断すると倍増する。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

いま集中するべき分野があるなら、迷わず注力しましょう。

ほかのことを多少犠牲にしても、集中するタイミングがあります。

 

スポンサーリンク

 

「やるか、やらないか」でどちらを選んでいるか

先日読んでいた先輩コーチのメルマガに、いいことが書かれていました。

・起業して5年

・おかげさまで事業がうまくいっている

・先日、ここ数年の自分をふり返る機会があった

・そのとき気づいたのは、何かあったときに「やる」「やらない」で、「やらない」を選ぶことが増えていたことだった

・自分では行動しているつもりだったけれど、知らないうちに守りに入っているのかもしれない、と気づいた

・新しいチャレンジをしていく(すでに仕込んでいる)

ということでした。

ブログやメルマガを読んでいると、とても活躍しているようにみえたので、「これだけの成果をあげていても、やっぱり守りに入ったり、攻めに転じようと思ったりするものなんだな」と感じたのです。

確かに、

・何かをやることは、ほかの何かをやらなくなること

・何かを決めることは、何かを手放すこと

なのですよね。

これはトレードオフです。

「これもいい」「あれもいい」と悩みはじめるとチャンスを逃したり、先のばしになるものなのです。

私もよく注意されるのが(汗)、

・迷って決めない

こと。

これは、成果をあげている人からみると「損失」なのでしょう。

 

複業は「決断筋」を鍛えられる

私自身、まだまだ、まだまだですが、10年前の自分と比べるとできることが増えました。

その中にあるものは、

・「やるか」「やらないか」を少しずつ自分で選択できるようになってきた

ということですね。

それは、複業をやることによって鍛えられたのだと考えています。

今は自分の中で大きな投資をしたので、半年間はコーチングに注力することにしています。

ですから、運動はサボり気味で、その影響でデスクワークが増えたので、ダイエットが必要になってきました。

これからトライアスロンのシーズンなのに・・・。(^_^;)

ただ、今はコーチングビジネスを拡大することを選択することを決断したので、ある程度は仕方がないと手放していました。
(先日もチームメイトにトレーニング不足を指摘されましたが・・・汗)

これまでは、いろいろとバランスをとろうとしすぎていましたが、コーチングに専念することでセッションが増加して、クライアントさんも増えるという、いい影響も出ています。

この状態であれば、運動をやるときにも集中できると思っているのですね。

もちろん、力を注ぐとなっても、普段の会社員の仕事に加えて、

・セミナーの開催や準備

・ブログの更新

・メルマガの発行

・クライアントさんへのサポート

・そして、家族との時間

などの時間がかかってきますから、時間がいくらあっても足りない、という感情が生まれます。

もちろん、土日や休日の時間を使う必要も出てきます。

複業に時間を投資するために、奥さんと話し合いをして、協力をとりつけることも大事になります。

それらは、負荷がかかりますので、複業を「やる」と決断しなければ、なかなかできないことなのです。
(特に私は意志が弱いので。。。)

 

選択して決断することで手放せる

「働き方改革」が叫ばれる中、休日も働くというのはナンセンスかもしれませんね。(^_^;)

ただ、少し考えてみていただきたいのです。

何も、一生そうしたほうがいいと言っているわけではありません。

人生は短いようで、意外と長いもの。

その中で、会社の仕事やプライベートだけでない「何か」を探求し、勝負するために、ほかのものを少し犠牲にしてでも、複業や天職の探求に集中してみるのもおもしろいのではないでしょうか?

複業でいえば、

・「最初の1円」を稼ぐとき

・新しいコンテンツでセミナーを開催するとき

・ブログやメルマガをはじめたとき

・セミナーの連続講座に通いはじめたとき

・はじめての有料クライアントさんをもったとき

などですね。

こうした転機においては、

・仕事か、プライベートか、それとも複業か

という選択肢で迷うことなく、可能性がもっとも大きな複業を選択していいと思っています。

そこに投資するエネルギーは、迷うと3分の1になります。

でも、決断すれば、ほかを手放した分だけ倍増するものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッションでした。

セッション前は、いつもと違ってちょっと仕事のストレスを感じていた表情のクライアントさん。

まあ、いろいろと吐き出していただいて(笑)、セッションが終わる頃にはいつもの明るい表情に戻っていました。

マイコーチのような存在の人に、たまには意図的にガス抜きもしないと、いいパフォーマンスは持続しないものなのですよね。

【募集中】
・4月5日 19:30〜21:30
毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー
〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

・4月10日 19:30〜21:30
「やりたいことリスト100」をつくるセミナー
〜やりたいことで満たされる毎日をつくろう!〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-複業(マルチキャリア・週末起業・パラレルキャリア)

執筆者:

関連記事

24時間を事業部制でとらえる視点。大事なのは「新規事業」開発時間の確保と内容。

会社という組織も営利企業ですから、給与も永久保証ではありません。 個人の防衛策として、自分を個人事業主としてとらえる視点も必要でしょう。 それにともない、新規事業を開発する時間を確保し続ける必要がある …

複業が「家族に理解されず、応援してもらえない」のは、自分の説明不足かもしれません。

複業家が自分の活動を家族に理解してもらうためにはどうすればいいでしょうか? その答えの1つは、家族に説明したり、仕事内容を体験してもらうことを、さぼらないことです。   スポンサーリンク & …

複業(週末起業)に取り組んでいるとよく聞かれる4つの質問と私の考えかた。

複業(週末起業)に取り組んでいると、よく質問されることがあります。 その質問に対する私の答えと考えを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 会社員以外の仕事を持つことは特 …

オンとオフではない「つなぎめの時間」に投資しよう。成長はそこからやってくる。

習慣化専門学校の友人が、VRのゲーム制作に熱中しています。 夢や目標を明確に持っている人は、会社ではたらいている以外のプライベートの時間を未来の自分に投資しています。 オンとオフという2つの区分から解 …

ワンソース・マルチユースで複業。自分という素材を活かせる分野を増やしていこう。

自分という人間は1人ですが、活躍できる分野は1つだけではないはずです。 素材をうまく活かして、活躍の場を増やしましょう。   スポンサーリンク   目次1 1つの素材を複数活用する …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30