【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

ビデオカメラを通した映像が記憶に残らない理由

投稿日:

Pocket

■昨日は娘の運動会でした!

本来は先週予定されていたのですが、雨で順延となりました。

素晴らしい晴天でしたが、ものすごい日差しで暑すぎるくらいで、

10月なのに日焼けしてしまいました。(笑)

子どもたちの運動会といえば、よく目にするのが、

ビデオカメラを熱心に撮り続ける親御さんたち。

もちろん、わたしもその例にもれてはいなかったのですが(汗)、

伝ちゃんこと佐藤伝さんに教えていただいたことで考え直したことがあります。

■それは、ビデオカメラを通して子どもたちの姿を見ていると、

子どもたちのリアルの風景を記憶に残すパワーが少なくなってしまうのはないか、

ということです。

つまり、ビデオカメラなり、デジタルカメラのレンズを通して子どもたちの姿を見ていると、

物理的なフィルターを1枚通すことになるのです。

これは個人的な感覚ではありますが、

ビデオカメラで一生懸命子どもの姿を追いかけて撮影した行事より、

ビデオカメラが壊れてしまって、ビデオをもっていなかったときに参加した行事の方が、

わたしの記憶に残っているような気がします。

■これは観光旅行に行ったときも同じかもしれません。

再訪できないかもしれない場所であればあるほど、映像や写真に残して、

繰り返し見たくなる気持ちはわたしもよく分かります。(汗)

しかし、せっかく現地のリアルな風景が目の前にあるのに、

映像におさめること、カメラに撮ること自体が目的になってしまうことがあるように思うのです。

この現象を考えてみて、わたしが契約しているコーチに教えていただいたことを思い出しました。

■それは、

【記憶は、感情と結びついている】

ということです。

本当に感情を揺さぶられたとき、

例えば、

思いかけずうれしかったとき、

本当に悲しかったとき、

孤独でさびしかったとき、

こころから怒りを感じたとき、

そのような感情にあるときに、自分の目をとおしてうつし出された風景というのは、

数年経った後でも、リアルに思い出せるそうです。

■わたしで言えば、

うれしさという感情をともなって見た風景という意味で、

例えば、

はじめてトライアスロンを完走したときのゴール風景、

子どもが産まれたときの病室での妻の表情、

大きな案件を受注したときの駅のホームなど、

つよいうれしさを感じた瞬間の風景というのは、

いまもある程度のリアル感を持って思い出すことができるのです。

そのように考えてみると、

ビデオカメラやデジタルカメラをとおして切り取った風景というのは、

リアルに見る風景よりも、

「心からの感情が起こりにくい」

のではないでしょうか?

■子どもが一生懸命走っている姿を見るとき、

ビデオカメラを通して見るのではなく、

自分の肉眼で、

子どもの成長や頑張りを実感しながら、

うれしさという感情をとおして、目に焼き付けるようにすると良いのだと思っています。

うれしさという感情と結びついた記憶であれば、何年後かにふと思い出したとき、

その風景だけでなく、

太陽の暑さや風のにおい、

心に表出されたあたたかさなど、

さまざまな要素が一体となり、

リアルに思い出せる記憶となるでしょう。

保護者席で座ってみているわたしの目の前で、立ちながらビデオカメラを撮り続けている親御さんたちを見ながら、

思わずそんなことを考えてしまったのでした。。。(笑)

【今回の良習慣】
思い出に残る風景は、感情と結びつけて記憶する

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「あの人のことを許せない!」そんな状況で試したい「REACH」という「許容のテクニック」!

目次1 自分以外の人に思いやりを持つ・許容する2 「REACH」とは?3 「REACH」の内容は?4 具体例は? 自分以外の人に思いやりを持つ・許容する 「人生成功の8つの習慣」セミナーで学んだ「自分 …

自分の眠っている能力を起こすために朝時間を利用する方法

目次1 朝活のメンタル面へのメリットは?2 顕在と潜在の違いは?3 意識と無意識の境目とは?4 「快」が大切な感情 朝活のメンタル面へのメリットは? 朝時間の活用は、メンタル面からも注目されています。 …

「目標設定」における4つの型

■目標には種類がある   ランチェスター経営の竹田陽一さんと栢野さんの共著を読みました。   ※ご参考 35歳から「一生、負けない」生き方ランチェスター秘密の人生法則 35歳から「 …

集中力を高める方法。ひとり・2人・3人以上のシチュエーション別に考える

ひとりのとき、2人のとき、3人以上のとき。 それぞれのシチュエーションで集中したいときの方法を記事にしました。   目次1 集中力を高めるための原則とは?2 スマホをしまうだけで集中力は高ま …

呼吸をととのえればうまくいく。短時間ですぐに効果が出る3つの呼吸法。

最近、呼吸の重要性を強く実感しています。 呼吸をうまく使うことが、行動をコントロールすることに役だっているからです。   スポンサーリンク   目次1 呼吸はメンタルとつながってい …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。