【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

運動の習慣

最終目的のために、あえて余力を残す勇気! 〜トライアスロンデビューを振り返る(4)〜

投稿日:

Pocket

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
私が「良習慣」を獲得していくプロセスで、成功体験や目標達成に貢献できるような経験談(もしくは失敗談 汗)をシェアすることによって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集しております!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■今回も引き続き、前3回につづいて、
自分が経験しているか、いないか ~トライアスロンデビューを振り返る(1)~
「怒らない技術」を駆使した件(笑) ~トライアスロンデビューを振り返る(2)~
大人になってから、本気で仲間を応援させてもらえる嬉しさ ~トライアスロンデビューを振り返る(3)~
トライアスロンデビューを振り返りながら、気づきを記してまいります。
トライアスロン「レース」デビューでの学びを振り返るはずが、予想以上にレース前のくだりが長くなりました。(汗)
◼それでは、今回は早速レーススタートから始めます!(笑)
該当する選手番号がアナウンスされると、プールでスイム練習ができるようになります。
その後、タイム計測タグを受け取り、いよいよプールにスタンバイ。
「スタート45秒前ー!」
スターターの方が告げると、
選手たちのおだやかだった興奮がピークとなり、
「オー!!」
という雄たけびとともに、選手たちみんなで拍手しました!
「いま自分は、憧れのトライアスリートになるためのスタート地点にたっている!」
プールに入っていて身体は冷たさを感じておりましたが、私の胸はじんわりと熱くなっていました。
この時点で、気分は最高潮です!
■そして、ついに、
フオォォォォ~ン!
という合図でスイムがスタートしました。
過去にアクアスロンのレースに2回出場した経験をいかし、スタート位置を後方にとっていました。
おかげでスイムのスタートダッシュの荒波に揉まれることなく、無難なスタートをきることができました。
このとき、初めてアクアスロンレースに出場して、スイムスタートの波に巻き込まれた時のことを思い出していました。
あの時は、顔を蹴られ、手がぶつかり合ってまともにクロールできず、テンパってプールの水をがぶ飲みしたんですよねー。
苦しい思い出です。(汗)
私のようにスイムに自信のない方は、スイムスタート位置を後方に陣取ることをおすすめいたします。
◼また、今年7月のアクアスロンで、練習の成果をみるために(?)無理やり足をつかずに泳ぎきることを目指したところ、
結果的に、かなりタイムが遅かったのです(70人くらいの選手の中で、ビリから2番目でした 汗)。
また、体力もかなり消費して、その後のランにも悪影響でした。
その教訓をいかして、今回は苦しくなったときは無理せず足をつき、バイク以降のレースにスタミナを残せるように泳ぎました。
結果、先頭集団にはかなり離されたものの、私がトランジッションに移るときに、後ろにもまだ5人くらい泳いでおりましたし、余力も充分にありました。
ということで、1番苦手意識のあるスイムが、予想以上にスムーズに進行できました。
また、トライアスロンで棄権する選手は、ほとんどがスイムでの棄権、ということを聞いていたので、
「これで第一関門をクリアした!」
という安堵感が出てきました。
トランジッションエリアに向かい、いよいよ人生初のバイクレースです!
◼ここで、今回の学びです。
トライアスロンに限らず、「勝利やゴール」を目指す上で大切なのは、
「あえて、10~20%くらいの余力を残しておく」
という余力のコントロールが大切なのではないかと思ったのです。
有名なたとえ話ですが、
野球でいえば、完封するために1回から全力投球をするピッチャーはいないですよね?
同じように、フルマラソンを完走するためには、最初から100m走のように全速力で走っては完走がおぼつかないわけです。
野球のピッチャーにしても、フルマラソンのランナーにしても、
「完封」や「完走」
というような自分が望む結果を残すためには、
「あえて、余力を残す」
という選択が必要になってくるのです。
■もちろん、最初から全力を出さずに結果を出すためには、
ピッチャーであれば、球種を増やしてコントロールを磨く必要がありますし、
ランナーであれば、疲れにくいフォームを研究したり、ラストスパートをどこでかけるのか、レースの中で戦略をたてる必要があります。
周囲の人たちが全力で闘っているところで、
「あえて、余力を残す勇気」
を持って成果を出すためには、どうすれば良いのか?
それは、アタマを使って考える必要があります。
仕事でいえば、ある一定の成果を出すための仕組みづくりや、パフォーマンスを最大化させるスケジューリングを考えることが非常に大切なのです。
■全力を出さなくても、一定の成果が出るシステムづくり。
それは、私にとっては、
・早起きすること
・頑張っている人たちのコミュニティに所属すること
・常に目標を見返して意識にすりこませること
だったりするのです。
あなたも、
「余力を残しながら、成果を出せるシステム」を構築するために何をすれば良いか?
そのような問いを考えてみられてはいかがでしょうか?
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-運動の習慣

執筆者:

関連記事

トライアスロンやフルマラソンに挑戦する人たちは、なぜ、わざわざ苦しいレースに挑むのか?

トライアスロンというレースを2年ぶりに完走してみて、「なぜ、人は苦しいレースに挑むのだろうか?」ということを思いました。 そこで、自分なりに考えてみたことを記事にしてみました。   スポンサ …

月間100キロのランニング習慣を継続する3つのポイント

昨年10月から、「月間100キロのランニング習慣」にトライしています。 5ヶ月目に入ったので、継続のポイントをまとめてみました。   目次1 「月間100キロのランニング習慣」5ヶ月目2 運 …

幸福な人生のために運動の習慣化が不可欠な理由

運動することは、人生を幸福かつ豊かにすごすために必須の活動。 以前から運動の重要性を理解していたつもりですが、さらにインパクトがある説を知ったのでご紹介いたします。   目次1 混乱している …

「本当は存在しない悩みごと」から解放される方法。

私たちが抱える「悩みごと」。 それは「本当の悩みごと」ではないかもしれません。 「本当の悩みごと」でないなら苦しめられるだけ損ですので、手放してしまいましょう。   目次1 「本当は存在しな …

川崎トライアスロンへの会場入りは、車と自走のほかにバスのルートもお忘れなく。

2018年10月21日(日)、「第11回 川崎港トライアスロンin東扇島」に参加してきました。 川崎駅から会場入りまでを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 昨年に続く …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。

■【リリース記念!期間限定30パーセントOFF】
目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール