気づきの習慣

なぜ「やりたいこと」リストを書いても幸せになれないのか?

投稿日:2024/03/15


「欲しいモノ」ばかり追いかけると、不足を感じて苦しい人生になりがちです。
それよりも「やっていると楽しい」を追いかけていきましょう。




 

10年前の私の「やりたいこと」リストの成果

「やりたいことリストやWishリストを書こう。
そうすれば、あなたの好きなことが見つかるから。」

10年以上前、私は自分の好きなことを見失っていました。
そのため、情熱を傾けられるところを探していたんです。

そんなときに頼ったのは、本でした。
そこに書いてあった言葉が、「やること」リストや「Wish」リストを書くことだったんですね。

素直な私(笑)は「なるほど、そういうものなのか」と思い、本に書かれている通りにやることリストを書いてみたんです。

たとえば、
・世界一周旅行
・マイホーム購入
・TOEIC950点獲得
・Twitterフォロワー10万人
みたいに。

この記事を書きながら、「そういえば」と2013年に書いたノートを取り出してみたんです。
本当にこういったことが、ノートに書いてありました。(笑)
でも、残念ながら、どの目標も実現していません……。

私の目標が実現しなかった理由は、どこにあったのでしょうか。

今回、10年以上たってこのノートを見返したとき、私が勘違いしていることがあったことに気づいたんですね。

「なるほど、だから目標が実現してないんだな」と。
「書き方を変えたら、目標がもっと実現していたかもしれないのに……。」と感じます。

ですから、10年前にタイムスリップしたら、当時の自分に伝えたいです。

「目標は名詞じゃなくて、動詞で書いたほうがいいよ」と。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





10年前のリストと現在のリストの違い

10年前の私のリストでは、重要なことが「名詞」で表現されています。

たとえば、
・住宅
・肩書
・資格
のように、
・モノを「所有」すること中心のリスト
なんです。

要は、以前の私のリストは、
・「やりたいこと」リスト=「結果」リスト
だったわけです。

「欲しいモノ」を幸せの中心に置いていると、もの足りなさが続きます。
なぜなら、モノを手に入れても、また次の欲しいモノが出てくるからです。

それなのに、欲しいモノはすぐに手に入るとは限りません。
そのため、常に「なんか足りないな……。」という感覚とともにすごすわけです。

これだと、幸せを満たすのは困難です。

では、現在の私のリストは、10年前と何が違うのか。
それは、
・「やりたいこと」が「動詞」で表現されている
ということです。

たとえば、
・本を読んでいる
・ブログを書いている
・セミナーで話している
・ランニングしている
・コーチングセッションで対話している
という感じなんですよね。

この「やりたいこと」リストは、モノを手に入れた「結果」のリストではないんです。

行動すれば、すぐに「やりたいこと」を感じられます。

要は、
・「やりたいこと」リスト=「プロセス」リスト
なのですね。

 

■スポンサーリンク




「やっていると楽しい」リストを増やそう

私たちは結果をコントロールできません。
一方、プロセスはコントロールできます(ある程度は)。

ですから、
・結果=静止画
を追いかけていると、達成できなかったときにつらさを感じるんですね。
どんなにがんばっても、達成できない目標はありますので。

それよりも、
・プロセス=動詞
を追いかけるほうが、幸福度は高まります。

「やっていると楽しい」に幸せを感じるからです。

その「〜していると楽しい」という動詞の連続が、私たちの「幸福な日常」をつくるわけです。

つまり、
・「〜していると楽しい」という点
が積み重なった結果として、
「〜ができていて幸せな人生」という線
ができあがるわけです。

このようなメカニズムがあるので、
・「結果=静止画」を追いかける人生は苦しい
・「プロセス=動画」を体験している人生は楽しい
ということになるわけです。

先日、先輩コーチから、珠玉のフレーズをもらいました。

それは、「ゴールと目標の違い」です。

2つの違いを別の言葉に置き換えると、
・ゴール=到達点
・目標=通過点
なのだと。

しびれました。

その意味で言うと、
・静止画=到達点
・動画=通過点
なのだと言えるのではないかと考えています。

さて、あなたが追いかけている「やりたいこと」は、静止画でしょうか。
それとも動画の「やりたいこと」でしょうか。

「欲しいモノ」が悪いわけではありません。
ただ、そればかりだとしんどくなります。
「やっていると楽しいこと」も、やりたいことリストに入れてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ホワイトデーでしたね。

妻と娘に、クッキーと和菓子スイーツを買って、早めに帰宅しました。
偶然にも、私が買った和菓子スイーツが、娘が興味を持っている「米粉スイーツ」だったことが判明。

私はまったく知らずに買ったので、家族で「こんな偶然があるんだね(笑)」と驚いてました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

シンプルかつ筋肉質の言葉を追求。「小さなテクニックを多く」よりも「大きな原則を1つ」を持つ。

小さな細かいテクニックをかき集めるよりも、大きい筋肉質の原則が強いことが多いです。 自分が興味関心を持つ分野には、「シンプルかつ筋肉質の言葉」を持っておきたいものですよね。   スポンサーリ …

その人の本気度は、アイデアの数でわかる。

あなたは「目標に向けたアイデアが思い浮かばない」と困ることはありますか? そんなときは「今のゴールに向けたアイデアを25個書き出す」ということに取り組んでみましょう。   効果的なアイデア出 …

自分を変える勇気を持つことは「今までと少しだけ違う自分」になること。

自分の可能性を最大化させるためには、常に変化していくことが大切です。 人は変化を恐れる生き物ですが、変化を楽しむ心がけを持てば新しい自分を発見することにもつながるのです。   スポンサーリン …

「選挙活動」と「ビジョン実現」の3つの共通点

・選挙活動で当選すること ・私たち個人が自分のビジョンを実現すること この2つには、3つの共通点があることに気づきました。   選挙活動とビジョン実現の共通点 4月23日は統一地方選挙の日で …

思い通りの人生と思い通りにならない人生。あなたはどちらを選びますか?

人生、思い通りにならないことが発生してくるものです。 それをどのようにとらえるのかによって、気持が変わってくると思っています。   スポンサーリンク   完走を目標にしていたレース …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。