【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

コンプレックスは宝。嫉妬も宝。ネガティブな感情を強みの種になる。

投稿日:

Pocket

「コンプレックスは宝」という言葉があります。

最初に聞いたときは受け入れられませんでした。

しかし、自分のコンプレックスや嫉妬を感じる部分が、自分の強みに変わることは、確かにあります。

 

スポンサーリンク


 

コンプレックスの克服は強みや才能の種になる

コンプレックス産業という市場があると言われています。

代表的なものは、

・お金
・英語
・ダイエット

ですね。

そのほかにも、

・自信がない
・人前で話せない
・習慣化ができない
・スポーツが苦手
・仕事ができない

など、さまざまなコンプレックスがあふれています。

もちろん、私も同じで、

・ブログが続かなくてブログセミナーに参加した
・何をやっても続かないので習慣化のセミナーに参加した
・カナヅチなのでスイムスクールに通った
・早起きができなかったので、早起きの方法を学びに行った

などの経験があります。

そのようなセミナーや商品があること自体、誰にでもコンプレックスがあるということでしょう。
(持っていない人は、問題意識が薄いのかもしれませんが・・・(^_^;))

実際、私が普段接してしていて、「この人はすごいなぁ」と思う人でも、必ずなんらかのコンプレックスや悩みを持っているものです。

しかし、私は思うのですが、そのコンプレックスを克服した方法こそ、その人の強みになるのではないでしょうか。

私の師匠たちも、

・Excelを独学で覚えて、前任者が3ヶ月かかった仕事を3日で終わらせたり、
・時間がないことに悩んだからこそ時間術を学んで効率化に成功したり、
・何も続かなくて究極の飽き性だったからこそ習慣化を体系化したり、

といったことをおこない、今では書籍やセミナーで、たくさんの人を助けています。

 

あなたがコンプレックスを感じることは何か?

そこで、強みを見つけるために、

・自分にはどんなコンプレックスがあるのか?
・自分はどのような場面でコンプレックスを感じるのか?

ということを考えてみたいものです。

なぜなら、そこに、あなたの強みや才能が隠れていることがあり、磨けば光る原石を持っている可能性があるからです。

たとえば、私が何かの悩みを抱えているとします。

誰かの助けを必要としているのですが、そのときに目の前に2人の人があらわれて、「伊藤さんの力になれますよ。」と言ったとしましましょう。

仮に私の悩みが「ブログがうまく書けない」ということだったとします(仮ですよ、仮。笑)。

そのときに、

・1人は、私と同じくブログがうまく書けなかったけれども、試行錯誤をくり返して克服した人(そして今でも進化し続けている人)

と、

・もう1人は、子ども時代から文才があると言われていて、ブログがすらすら書けるので、私のブログへの課題がまったく理解できない人

が、同時にあらわれたらどうでしょう?

あなたが私の立場なら、どちらの人に教えを乞いたいと考えるでしょうか。

私だったら、文章の天才に教えてもらおうとは思いませんし、思いたくありません。(くやしいから・笑)

等身大の努力をして、コンプレックスを克服した人から教わりたいです。

つまり、人は、自分が抱えている悩みを努力して克服した人からの話を聞きたいのです。

それは、体験や経験から根ざしたアドバイスですから、伝えるパワーが異なるからですよね。

あなたの話を聞きたい人がいるとしたら、それと同じことを考えているはずです。

 

嫉妬を感じることも、強みの種になり得る

コンプレックスという意味とは、少し方向性が異なりますが、意外なポイントもあります。

それは、自分が「嫉妬を感じる部分」です。

たとえば、あなたが友人の活躍を見たときに、嫉妬を感じるか感じないか、ということです。

嫉妬を感じる時点で、その分野に何かしら思い入れがあったり、「自分だってできるのに!」という負けん気があるはずです。

そうでなければ、嫉妬はしませんよね?

ストレートではありませんが、そのような可能性もあるのです。

つまり、コンプレックスや嫉妬を感じることは重要なことが隠されているのです。

コンプレックスや嫉妬は、ある視点から見ればネガティブな感情かもしれません。

しかし、自分の中に眠っている大きな可能性の種でもあるわけですね。

そのコンプレックスや嫉妬の感情を乗り越えた成功体験こそ、あなたの武器になるかもしれないのです。

そのためにも、あなたがコンプレックスを感じたり、嫉妬を感じる瞬間に敏感になってみましょう。

 

事実、私は、早起きできないことがコンプレックスで、生まれながらに早起きできる人(早起きネイティヴ)に嫉妬していました。

でも、なんとか、あきらめずに早起きの方法を探し続けて、セミナーを開けるようになりました。

私のコンプレックスと嫉妬の乗り越えかたは、共有することができるようになったのです。

そのようにして、26回目の早起きセミナーを開催する予定です。(笑)

 
早起き習慣化セミナー 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜 【第26回】
 

早起き習慣化セミナー 〜朝2時間の自由時間を生み出す!〜 【第26回】 2017年3月9日(東京都) – こくちーずプロ(告知’sプロ)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、友人コーチとの相互セッション。

目指す方向や置かれた状況が似ているので、いつもお互いのテーマに共感しまくってしまいます。(笑)

2人でもっと売れっ子コーチ(笑)になるために、行動することを誓いました。(^_^)

今回の早起きセミナー開催も、コーチングセッションの力のおかげです!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

no image

お子さまランチのような1日、あるいはトライアスロンの一夜漬け

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(僕の造語です)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 僕が「良習慣」を身につけていく …

あなたが納得していないことは何か?ゴールまで時間がかかる目標は「習慣化タイムラグの法則」を意識しておく。

長期的に取り組む習慣化やゴール達成には、少しくらい成果が出なくてもあきらめない強い想いが大事だといえます。 長期戦にのぞむために「納得していないことは何か?」をあきらかにして、「習慣化タイムラグの法則 …

3ヶ月で7.5キロのダイエットに成功!地道にコツコツと積み重ねた基礎力こそ、崩れにくい土台となる。(ダイエットの習慣)

  こんにちは、伊藤です。 12月1日からはじめたダイエットの習慣。 「身体習慣」定着の目安である3ヶ月が終わりました。 最大値から計測すると、 ▼体重は7.5キロ減 ▼体脂肪率は6パーセン …

怒りっぽい人にお勧めしたい!「赤信号を渡らない」習慣

あなたは、赤信号を渡りますか? 私は怒らないために、赤信号を渡らないようにしています。     目次1 「怒らない」のは強み?2 赤信号を渡らない3つの理由3 マイルールを守るか守 …

「頑張る」「努力する」という便利な言葉を手放し、定量化できる「量」で勝負しよう!

「量は質を凌駕する」とは、よく言われる名言ですよね。 ぼくも常に意識しなければならないことだと考えています。   (ここから有料メルマガのご紹介です) ——————————————————— …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。