良習慣の習慣

「低下する欲求」と「向上する欲求」。2種類の欲求の違いを区別して習慣化を考える。

投稿日:2019/01/30


「やりたい=WANT」という欲求。

じつはこの欲求は2種類あり、習慣化のプロセスではその2種類を分けて考えることが重要です。

 

スポンサーリンク


 

人間の欲求は大きく2つに分類できる

コーチングには、「マスタークエスチョン」という質問があります。

これは、「究極の質問」と言われている質問で、

・本当はどうしたい?

という質問です。

シンプルな質問なのですが、シンプルな質問こそ本質だと考えてます。

ですから、クライアントさんが迷走しているとき、私もよくコーチングセッションで活用しています。

そして私自身にもよく問いかけてます。(^_^)

さて、この「本当はどうしたい?」という質問は、クライアントさんによって2つのパターンの答えがあるのですね。

最近、そのことに気づき、少し調べてみたところ、「なるほど」と思うことがありました。

それは、「人間の欲求は、大きく2つに分類できる」という理論です。

 

「低下する欲求」と「向上する欲求」

さて、その理論でいうと、「本当はどうしたい?」と質問したときの答えは、大きく分けると2種類あります。

それは、

(1)低下する欲求
(2)向上する欲求

という2つの欲求です。

まず、「(1)低下する欲求」というのは、「本当はどうしたい?」と質問したときに、

・ゆっくり寝たいです
・食べまくりたいです
・のんびりテレビを観たいです

という方向の答えということですね。

文字通り、「それをずっとやっていたら、将来やばくなる」ということが容易に想像される欲求です。(^_^;)

一方、もう1つの「(2)向上する欲求」は、「本当はどうしたい?」と質問したときに、

・早起きして自己成長に時間を使いたいです
・自分が学びたい分野の本をもっと読みたいです
・仕事のスキルを高めたいです

という方向の回答が返ってくるものです。

習慣化ということをかんがえたときに、重要なのはこの2種類の欲求をわけて考えることです。

なぜなら、習慣化を「自分との約束を守る」という意味から見ると、この

(1)低下する欲求
(2)向上する欲求

との戦いに打ち勝つかどうか、ということと同じ意味なので。

「人生を変えたい」という気持から「毎日をより良くしていこう!」と思う一方で、「でも、ラクしたいんだよね・・・」という感情もあるわけです。

その戦いで、「向上する欲求」が勝てば毎日が好循環になっていくでしょうし、「低下する欲求」が勝ってしまえば良習慣は身につきません。

 

「向上する欲求」を選択し続けよう

私たちが、習慣化するための行動に迷いが出てきたとき、

(1)低下する欲求
(2)向上する欲求

のどちらを選択するのか。

それによって習慣化できるかどうかが、決まってくるのですね。

「(1)低下する欲求」を選択すれば、

・眠たいから二度寝しよう
・本を読むのが面倒だからスマホでニュース記事を読もう
・無料だからライスを大盛りにしておこう

ということになるでしょう。

「(1)低下する欲求」がやっかいなのは、これは睡眠欲や食欲など、本能の欲求にむすびついているのですよね。

早起きやダイエットの習慣化の難易度が高いのは、本能と結びついているからなのです。

「頭ではやったほうがいいことは理解しているけれども、体が動かない」ですね。

それだけに、強敵だと言えます。

その一方で、「(2)向上する欲求」が強ければ、

・眠いけどこのまま早起きしてしまおう
・スマホはかばんにしまって本を読もう
・無料だけどライス少なめにしておこう

という行動を選択できるわけです。

このブログを読んでくださっているあなたは、「(2)向上する欲求」が強いということですね(笑)。

より好ましい人生を送る可能性がある人は、まず間違いなく「(2)向上する欲求」を持つ人でしょう。

ただし、人間は何も考えなければ、「(1)低下する欲求」に負けてしまうはずです。

誰だって、面倒くさいことよりも、楽なほうがいいですよね。

ただ、それでは「向上する人生」は見込めないとも思うのです。

現状の人生に不満を抱えつつも「(1)低下する欲求」を選ぶのか。

それとも、現状の人生を変えていくために「(2)向上する欲求」を選ぶのか。

それが、5年後や10年後の人生を変えていくというのが実感です。

ですから、もしもあなたが「やりたいことをやろう」として、「(1)低下する欲求」を選択してしまいそうなとき、ちょっと立ち止まってみましょう。

そうして、「この欲求は、低下する欲求か、向上する欲求か、どちらの欲求だろうか?」と問いかけてみていただきたいと思うのです。

そういう私もよく「(2)低下する欲求」を選んでしまいがちなので・・・改善していきます。

さて、あなたは、

・本当はどうしたい?

ですか?(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事中になぜか無性に焼肉が食べたくなりました(笑)。

妻もOKということで、会社終わりで家族で食事へ。

平日の夜に家族と一緒に食事ができるというのはいいものですよね。

本来は当たり前なのかもしれませんが。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

6歳児の習慣化?!私の娘がお絵かきを習慣化できた3つのポイント。

6歳の娘が習慣化していることがあります。 それは、お絵描きとぬり絵です。 娘の行動には、私たち大人にとっても学べる3つのポイントがありました。   スポンサーリンク   娘のお絵か …

自分の活動を新陳代謝させる

新しいゴールを見つけたら、 ・今までの習慣をやめて、新しい習慣に置き換える ことが大事です。 自分の活動をどんどん新陳代謝させていきましょう。   たばこの時間をブログの時間に置き換える 以 …

ひとりだと自分に負けてしまう。でも、仲間がいれば自分に勝つことができる。

「ひとりだと自分に負けてしまう。  でも、仲間がいれば自分に勝つことができる。」 この言葉は、習慣化できなかった「続かない人」の頃の自分に伝えたい言葉です。   「明日から別人になる!」は実 …

「期待」と「当たり前」のバランスをとれる「感謝」

「期待」と現実がズレるとイラッとしてしまいます。 だからといって、何でも「当たり前」と思えばおもしろくありません。 では、どうすればいいのでしょうか。 「感謝する」という感情をレベルアップさせていきま …

「善は急げ」と「急がば回れ」。矛盾する名言への考え方。

矛盾する名言があったとき、どう捉えればいいのでしょうか。 私の考えを記事にしてみました。   名言を収集するようになった理由 あなたは「名言」が好きでしょうか? もちろん、名言という表現では …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。