【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

ほかの人に怒らない、イライラしない思考習慣。あえて相手に期待しすぎない

投稿日:

Pocket

考え方や背景が異なる人と話すと、気持を乱されることは多いものですよね。

それでも、考え方ひとつで自分の感情を安定させることはできるものです。

 

スポンサーリンク

 

怒りを覚える相手には「生きてきた環境が違う」と考える

会社を外を出て、さまざまなバックグラウンドを持つ人たちとかかわると感じるのは「人は、それぞれの立場があり、考え方があるものだなぁ」ということです。

オフィスで隣に座っている同僚はもちろん、家族でさえ意見が同じになることはないのですから当然ですよね。

もちろん、生きてきた過程が違うのですから考え方は違って当たり前ですし、むしろ同じであるほうが難しいでしょう。

私もまだまだ修行中の身ですが、、、以前よりほかの人に対して怒りやいらいらを抑えられるようになってきました。

そのコツとしては、自分と異なる考え方の人に出会った場合には、相手に腹をたてるのではなく「生きてきた環境が違うんだよな」と考えるようにしたのです。

一方で、自分の意見が周囲と異なっているケースでも、自己否定に走るのではなく、あくまでも冷静に「ほかの人はほかの人、自分は自分で良いのだ」と考えることです。

よく言われることですが、「I’m OK, you’re OK」精神が大切なのですよね。

 

相手の行動や気持に期待しすぎない

これまでの人生をふり返ると、どのような職場・環境においても、考え方が違う人や苦手な人は確実にいます。

仕事にからむようなケースだと、なかなかつらいものがありますよね。。。

でも、そのようなときこそ、相手に怒ったり、憎むのではなく、冷静に対応したいもの。

「自分とは、育ってきた環境が違うから、考え方が違うんだよね」と解釈するのです。

それと、ある意味では、少し冷たい考え方かもしれませんが、相手に必要以上に期待をしないことです。

ここは少し説明が必要なのですが、たとえば子どもやクライアントの未来に期待をするのは大事ですし、私もやっています。

しかし、未来への期待ではなく「相手にこんなふうに動いて欲しい」というような期待をすることを減らしたほうが良いと思っているのです。

苦手な人や感情を乱される人にはもちろん、好きな人や大切な人であっても、そのように感情に適度な距離をキープしておくのです。

 

あえて期待しすぎないことで感情を平静に保つ

小学一年生の娘を見ていてよく思うのは、人というのは、相手が自分の思い通りにしないとイラついてしまう習性があるのです。

なぜか、相手が自分の思い通りに動いてくれるというイメージを持っていて、勝手に期待しているのですね。

それで、現実が自分の思った通りに進まないと嫌な気持になるのです。

取引先やクライアントであれば、ある程度自分でコントロールできるかもしれません。

でも、部下や後輩だと、ついイラッとしてしまうこともあるのではないでしょうか・・・?

家族でも同じで、つい怒りの感情が出てしまうことは多いものです。

怒りが解決策になることはありません(私の持論ですが)。

そのようなときこそ、自分の思い通りに相手が動いてくれるといった期待を手放しましょう。

期待しすぎるから、裏切られた気持になるのです。

相手に求めるから、イライラしてしまうのです。

そこは、相手に対してあえて期待しすぎないでいたいもの。

それが、自分の感情を安定させる秘けつです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、15日開校の「習慣化の学校」の事前準備。

メールや電話で、自分なりにせっぱ詰まって仕事をしてしまいました。(^_^;)

なんとか初日までの準備ができましたが、落ち着くまではもう少し時間がかかりそうです。。。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

計画の間違いを教えてくれるのは「失敗」や「負け」という教師

先日、今年の願望に対して「計画」を考えていたら、いきなりハードルが大きいことに気づきました。 しかし、これを失敗や負けととらえないようにして、むしろ前進していくためにどう考えていけばいいのか、というこ …

少ない可処分時間をどう使う?あなたは「重要な2割」の活動を優先していますか?

あなたは、1日の可処分時間をどのように使っていますか? 私は、可処分時間にも「80対20の法則」を意識して適用しています。   スポンサーリンク   目次1 成長とは「ありたい姿」 …

「やわらか否定」思考に陥っていないか?コミュニケーションを若く保つ視点とは。

自分では意識していなくても、人の話を聞きながら「やわらか否定」の思考が走っているケースがあります。 人の話を否定しながら聞くことは、避けたいものです。   スポンサーリンク   目 …

あなたの「器」を大きくする方法

「人の器」や「人格」という言葉がありますが、具体的には何なのかはわかりませんよね。 それが私たちが持つ「4つの領域」のレベルアップによって、成長する可能性があることがわかりました。   目次 …

「できない」「わからない」「知らない」で大丈夫。それよりも自己否定をやめよう。

「できない」 「わからない」 「知らない」 と言ってはいけない、と教えられて育ってきました。 しかし、それは本当なのでしょうか?   目次1 自分にだめ出しをするのは簡単2 「自分を責める」 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。