良習慣の習慣

習慣を「忘れてしまう」「実行できない」に対する私の工夫

投稿日:


習慣ややりたいタスクが重なってきたときの

1:忘れてしまう

2:実行できない

という2つの問題に対する私の工夫をまとめました。




 

良習慣形成への2つの課題

「習慣の実行率が上がらなくて困ってるんですが、どうすればいいでしょうか?」

私がよく聞くお悩みの1つです。

このようなときの課題は、大きくわけると2つです。

その2つは、

1:忘れてしまう

2:実行できない

です。

習慣が増えてきたときに、1つずつ覚えておくのは大変です。

取り組みたい習慣は、リストにしておきましょう。

私は「良習慣の種」というオリジナルのルーティンチェックリストを活用しています。

習慣のチェックリスト「良習慣の種」は自分を認めるためのツール | 【良習慣の力!】ブログ

以前の私は、「良習慣の種」が無くても大丈夫でした。

意識すべき習慣は、読書だけとか、資格学習だけという感じで、習慣が少なかったからです。

ただ、良習慣が少しずつ増えていく中で、困ったことが起きました。

それが、まさに

1:忘れてしまう

2:実行できない

という悩みだったんです。

「いや、あなたが実践したい習慣なのに忘れてしまうんですか?」と思われるかもしれません。

でも、忘れてしまうんですね……。

これは私だけではありません。

多くの方が、やろうと思っているはずの習慣を忘れてしまいます。

実際、新年に設定した目標は、80パーセントの人たちが2月中旬にあきらめるか忘れてしまっているんです。

あなたは、新年の目標を忘れていないですよね・・・?(笑)

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「忘れる」と「実行できない」への対処法

では、

1:忘れてしまう

2:実行できない

への対処法を考えていきましょう。

 

1:忘れてしまう

まず、

・忘れてしまう

ことを防ぐためにどうすればいいのでしょうか。

これは、

・何度も見返す仕組みをつくる

に限ります。

シンプルですよね。

スマホのアプリでもいいですし、手帳でもOKです。

ポイントは、

・あなたがいつも持ち歩けるツールにする

ということです。

私は「良習慣の種」を紙にプリントしています。

いろいろと試した結果、アナログ管理に落ち着いています(今は)。

さらに、スマホのアプリで「良習慣の種をチェックする」というリマインダーをセットしています。

リマインダーがきたら、バインダーを出します。

すると1番表に「良習慣の種」のチェックシートがあります。

確実に目に入るんですね。

考えごとをして書き出すときも、「良習慣の種」が目に入ります。

そうして、何度も目に触れるようにしています。

イメージは、マラソンランナーの腕時計です。

あなたは、ランナーが走りながら腕時計をチェックしているシーンを見たことがありますよね。

あの行為は「いまの自分は、ゴールに対してどれくらいのペースで進んでいるのか?」を確認しています。

遅れているなら、ペースを上げる。

逆に速すぎていたら、ペースを落とす。

そのイメージで、私も「良習慣の種」をチェックするわけです。

1日に何度も習慣をチェックすれば、忘れることを防げます。

 

2:実行できない

次に、

・実行できない

への対策です。

ルーティンチェックリストは、ただリストをつくればいいわけではありません。

続けるためのポイントがあります。

それは何か?

1つの習慣に対して、

(1)いつ

(2)どこで

(3)何をする

の3つをはっきりさせることなんです。

ここで、アメリカでおこなわれた興味深い調査があるのでご紹介しますね。

その調査は、選挙の投票率を上げるために行われました。

選挙当日に、投票に行かなかった人々にインタビューをしたそうです。

「なぜ、あなたは投票に行かなかったんですか?」と。

すると、多くの人の答えは「行こうと思っていたんですが、じつは投票に行くことを忘れてしまったんです」と答えたんですね。

これは、嘘を言っているのではありません。

「投票は大事だと思っていて、投票に行こうとしていた。それなのに、本当に忘れてしまった」というのが事実でした。

前日に、投票確認の電話をしている人もいました。

「投票に行くつもりだし、投票する政党も決めています」という回答もしています。

でも、忘れてしまったんです。

「行けなくて本当に後悔している」という人もいたのです。

この感覚、私もわかります。

以前、私も選挙に行くことを失念してしまったことがあります……。

本当に後悔するんです。

「やっちまった……」と。

アメリカの方々も一緒なんですね。

そのため、投票率を上げるためのある仕掛けを考えました。

その仕掛けを取り入れたところ、投票率がグッと上がったんですね。

では、どんな仕掛けに取り組んだのでしょうか。

それは、投票日の前に電話をかけて、有権者に

「3つの質問に答えてもらう」

という仕掛けでした。

3つの質問とは、

(1)いつ

(2)どこで

(3)何をする

を質問するだけです。

要は、

(1)「あなたは、明日何時に選挙にいくつもりですか?」

(2)「どこの投票場で、投票するつもりですか?」

(3)「どんな風に、投票に行きますか?」

という3つを質問しただけ。

それだけで、投票率がグッと上がったんです。

こちらも、なんともシンプルですよね。

こんなシンプルなことで、私たちの行動力が高まるなら、採用しない手はありません。

ぜひ、あなたのルーティンチェックリストにも「いつ」「どこで」を付け加えましょう。

 

■スポンサーリンク




自分の未来を期待できる良習慣を積み重ねよう

たとえば、あなたのルーティンチェックリストに

「読書する」

があるとします。

まず、1日に何度もリストを見返す環境をつくることです。

それによって、習慣を忘れることを防ぎます。

次に、それだけだと条件づけが弱いので「読書する」という習慣に、

(1)いつ

(2)どこで

を追加しましょう。

たとえば、

「朝、電車に乗ったら、読書をする」

というようにチェックリストに書くのです。

これらの2つの対策で、習慣に取り組む際の

・1:忘れてしまう

を防ぎ、さらに

・2:実行できない

を乗り越えられます。

もちろん、私も100パーセント実行できるわけではありません。

ただ、

・リストを何度も見返さない

・「いつ」「どこで」をはっきりさせない

という状態のときよりも、実行率は確実に高まっています。

そのような工夫をして、1日のすべてのルーティンに「◎」のチェックがついたときは、とてつもない達成感です。

「こんな1日が続いたら、3年後の自分はすごいことになるな」と、自分の未来に期待できるんです。

私にとっては宝くじを買うより、いい期待感だと感じています。

ぜひ、あなたの未来にも期待していきましょう。

そのために、今回の記事の工夫が、あなたの

1:忘れてしまう

2:実行できない

を防ぐヒントになればうれしいです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活からスタート。

夜は「ビジネスブックBAR」を開催。

ご参加のみなさんが時間をオーバーして感想を言ってくれるくらいに、いい時間となりました。

私のショートセミナーも、時間をオーバーしましたが……。(^_^;)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「つらいダイエット」よりも「理想のライフスタイルづくり」と考えてみよう

ダイエットを6カ月も継続して成功しているのは人生初かもしれません。 成功している(今のところ)ポイントを記事にしてみました。   「カロリーメイトダイエット」から半年間が経過 12月1日から …

習慣化するためには「目標」レベルではなく「目的」レベルから考えよう

目標レベルで習慣化を見ると、挫折しやすくなります。 習慣化は「目的」レベルから考えていきましょう。   「鬼滅の刃」から学ぶ習慣化 昨日は「習慣化オンラインサロン」の交流会に参加しました。 …

自分をフィルターにする習慣を持つ

■二階堂和美さんを初めて知る   先日、ラジオを聴いていました。 番組のゲストとして、二階堂和美さんという方が紹介されていました。   恥ずかしながら、わたしはこのラジオでお名前を …

今年の目標、すぐに言えますか?忘れやすい脳のためにリマインドする仕組みをつくろう。

年始に立てた目標を、2月中旬にあきらめている確率は何パーセントくらいだと思いますか? 1説によると、その答えはなんと「85%」だそうです。。。 その85%に入らないようにするためには、今月から3月くら …

捉え方を変えれば感情が変わる

■古川武士さんの新刊を読んでいます!   ついに出ましたね〜。 わたしの師匠、古川武士さんの新刊!   ※ご参考 新しい自分に生まれ変わる 「やめる」習慣   新しい自分 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。