モチベーションの習慣 気づきの習慣

「ギリギリ数字のモチベーション」を活用してパフォーマンスを高める方法

投稿日:


ゴール達成や良習慣形成には、モチベーションのパワーをうまく活用したいもの。

そのために有効なのが「ギリギリ数字のモチベーション」というテクニックです。




 

モチベーションが高まる2つの感情

私たち人間のモチベーションには、火がつく瞬間があります。

その瞬間は、大きく分けると2つです。

1つは「危機感」。

もう1つは「期待感」です。

要は、

(1)危機感=痛み(マイナス)を避けたい

(2)期待感=快感(プラス)を得たい

という感情です。

この2つのモチベーションをうまく活用すること。

それができれば、ゴール達成や良習慣形成に役立ちます。

では、どんな風に危機感と期待感を活用していけばいいのでしょうか。

私が気づいたポイントがあります。

そのポイントとは何かというと、

「ギリギリ数字のモチベーション」

です。

私が名づけたこの考え方。

活用法について、2つの側面からご紹介していきますね。

今のあなたが目指しているステージに進むためのヒントになれば幸いです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「ギリギリ数字のモチベーション」の活用例

では、「ギリギリ数字のモチベーション」の活用例を、私の取り組みを交えてご紹介しますね。

 

(1)危機感=痛み(マイナス)を避けたい

まず、

(1)危機感=痛み(マイナス)を避けたい

のモチベーションです。

「ギリギリ数字のモチベーション」は、どんなことでしょうか。

たとえば、

・体重

・貯金残高

・テストの成績

などがわかりやすいですね。

「ここを超えたらヤバイことになる、、、(汗)」というラインです。

臨界点みたいな感じですね。

最近の私のトピックでわかりやすいのは、ダイエットです。

「うっ、、、ヤバい。。。」

昨年9月上旬に、BMIを計測したときです(BMIとは、体重と身長から算出できる肥満度の指標です)。

体重から算出したBMIは、24.9でした。

BMI24.9。

わかる人にはわかると思うのですが、「ギリギリ数字のモチベーション」が発動する領域です。

なぜなら、BMIは、

・18.5〜25未満:普通体重

・25〜30未満:肥満(1度)

と分類されます(日本肥満学会さんの判定基準によると)。

当時の私は、BMI24.9。

あと0.1増えて、25.0になったら「肥満(1度)」に分類されてしまうわけです。

これが、私にとっての分水嶺(あくまで私個人の感覚です)。

あえて言葉を選ばずに言うと「こちら側とあちら側」を感じたのです。

私にとっては、

・標準体重の自分から肥満の自分になる橋を渡る

ようなイメージでした。

その感覚が、

(1)危機感=痛み(マイナス)を避けたい

だったのですね。

そこで一念発起。

個人的な「100日プロジェクト」を立ち上げました。

100日プロジェクト(個人版)で2022年の残り100日を楽しもう | 【良習慣の力!】ブログ

これまで150日弱。

なんとか実践してきました(「良習慣塾」の同志とともに)。

体重は11キロ以上も減りました。

体脂肪は、まもなく1桁になるところ(今朝は10.3でした)。

肝心のBMIは21を下回っています。

体が軽いです。

腹がへこみ、腹筋が見えています。

おかげで、帰宅しながら走る「帰宅ラン」がやりやすくなりました。

昨年、ダイエットを決意した自分に感謝しています。

その始まりは、「BMI24.9になるか、それともBMI25.0になってしまうのか?」というネガティブ側面にある

「ギリギリ数字のモチベーション」

だったのです。

 

(2)期待感=快感(プラス)を得たい

もう1つは、

(2)期待感=快感(プラス)を得たい

のモチベーションです。

ポジティブな気分を高めるために

・ギリギリの数字

を活用しましょう。

おすすめは「起床時間」です。

早起き習慣化コーチングのクライアントの方や早起き習慣化セミナーでもお伝えしているテクニックです。

それは、

・理想の起床時間を5分だけ早める

です。

具体的には、あなたが6時に起きたいと思ったら、あえて「5時55分」をゴールに設定するのです。

たった5分の違いです。

ただ、その5分のギリギリの数字が、セルフイメージに与える影響は大きいんです。

なぜか。

それは、

・6時に起きる自分

と、

・5時台に起きる自分

だと、セルフイメージが変わるからです。

ギリギリの数字という意味では、5時59分でもいいかもしれませんが、ちょっと余裕がないんですよね。

ですから、5分前に設定することをおすすめしています。

すると、たった5分の違いで「5時台に起きて活動している」というセルフイメージが手に入るんです。

5時に起きても、5時55分に起きても「5時台に起きる自分」を感じられるんです。

たったの5分早起きするだけなのに、お得だと思いませんか?

私は、4時55分に起きるようにしています。

それでも「4時台に早起きして、いち早く活動している自分」というセルフイメージを感じているんです。

この手法は、ビジネスの値づけでもよく使われていますよね。

あなたも、1000円ではなく980円で価格設定している商品をご覧になったことがあると思います。

そのようにして、ポジティブな側面にも

「ギリギリ数字のモチベーション」

が活用できます。

 

■スポンサーリンク




あなたの本心の感情から判断しよう

さて、あなたのゴールは、

(1)危機感=痛み(マイナス)を避けたい

(2)期待感=快感(プラス)を得たい

のどちらを目指しているでしょうか。

そのゴールに向かうために「ギリギリ数字のモチベーション」を活用できないでしょうか。

ぜひ、考えてみていただきたいのです。

私はこれまでにも、

・35歳までにフルマラソンを完走したいという「ギリギリ数字のモチベーション」

・アルコール依存症スクリーニングテスト「AUDIT」が依存症領域にいきそうな「ギリギリ数字のモチベーション」

(お酒を飲んでいる方は「AUDIT」を、ぜひテストしてみましょう。1〜2分で終わりますので)

【ソバーキュリアス】「飲まない生き方」を期間限定で実験する習慣 | 【良習慣の力!】ブログ

・「いまこそ複業をスタートしたい!(=しないとヤバい!でもありましたけれど)」という「ギリギリ数字のモチベーション」

などがありました。

マイナス感情もプラス感情も、両方あるんですよね。

感情のパワーを、行動するためのエネルギーに変えるのです。

大事なのは、

・あなたの率直な感情

です。

「このままだとヤバいことになる……。」のか、それとも「このままいけばスゴいことになる!」のか。

あなたの本心から生まれてくる感情以外は、誰にも判定できません。

「ギリギリ数字のモチベーション」を活用していきましょう。

あなたが進みたい未来の方向に近づくために。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の『習慣化オンラインサロン』朝活ファシリテーションからスタート。

夜は「習慣化三種の神器(R)実践プログラム」のセミナー準備。

また、いいアイデアが浮かんできて、心が踊る感じです。

「メンバーのみなさんが喜んでくれるといいなぁ」と、ひとり妄想していました。(笑)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-モチベーションの習慣, 気づきの習慣

執筆者:

関連記事

人間関係に悩む人へ。「スライムは敵じゃない」と思えるくらいに自分をレベルアップさせてみては?

人間関係の悩みを抜け出すために、自分をレベルアップさせて変化させていくこと。 RPGにもあるようなストーリーは、現実世界にも共通するように思えます。   スポンサーリンク   悩み …

すごい幸福の公式。「自分の目標達成」×「喜びをわかちあえる人の存在」のかけ算。

人生において、あとあとまで記憶に残るできごとというのは、必ず感情が動かされているものです。 さらにいえば、自分の感情が動き、さらに喜びをわかち合う人がいてくれると、そのインパクトは最大化します。 &n …

先のばし撃退のために。自分から納期を宣言して行動を前進させよう。

自分が「やりたいこと」のはずなのに、なぜか先のばししてしまうこと、ありませんか? そのようなときは、自分から納期を宣言してしまいましょう。   スポンサーリンク   今年も「柴又1 …

余暇の時間は「何をやったか?」と同じくらいに「何を感じたか?」が重要。

時間あたりに対する「活動内容」は、もちろん大事です。 ただ、その一方で、時間に対して「感情」をベースにとらえることも忘れてはいけないと思っています。   スポンサーリンク   夏季 …

「あなたという人間は、いったん“やる”と宣言したことは、必ず実行するんだ」という自信をつける方法

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 前回の記事を読み返していたところ、「事実ノート」についてより具体的な部分の解説が必要だと考えました。(汗) …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。