【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

「休まないとやばい!」を防ぐために、毎日に適度なリラックスを取り入れよう。

投稿日:

Pocket

先週日曜日に久しぶりにフルマラソンを走り、「多少の余裕を持っておくこと」の重要性をあらためて実感しました。

「本当に疲れてから休む」よりも、「本当に疲れる前に休む」ことが大事です。

 

スポンサーリンク


 

「疲れすぎ」から起こるパフォーマンスダウン

たいていの人は、「なんだか最近、疲れがたまってきたなぁ・・・」という頃に、休みをとること考えるのではないでしょうか。

以前の私もそうでしたし、今も意識していないとすぐにいっぱいいっぱいになるまで活動してしまいます・・・。

しかし、いいパフォーマンスを恒常的に発揮するという視点から考えると、「ものすごく疲れる→休む」という流れはベストなやり方ではないでしょう。

というのは、「すごく疲れたから休む」というのは、疲れている時点でパフォーマンスダウンになってしまっているからです。

要は、「疲れている=自分の実力が十分に発揮できていない状態」で活動しているのと同じなのですよね。

また、疲労がたまり過ぎて体調を崩してしまうようなことがあれば、そのダメージはさらに大きく、復調するまでに多くの時間を使ってしまうことにもなります。

 

大ダメージを受ける前に適度に休みを入れておく

「休む」という行為は、疲れたから休むのではなく、本来は「疲れる前に適度に休んでおく」のが良いのです。

大ダメージの疲れを感じる前に休んでおけば、体だけでなく、頭も心も余裕を持った状態でいることができます。

そのようなバッファーを持っておくことにより、多少ハードなスケジュールがやってきても、耐えしのいでいくことができるようになるのです。

先日のフルマラソンを走っている中でも、まさにおなじことを感じました。

レースの前半にとばしすぎていた私は、10km地点で空腹を感じていたのにもかかわらず、補給ジェルを温存してそのまま走り続けてしまいました。

空腹かつ、疲れをためたまま走り続けていたわけです。

たとえて言えば、調子が悪くなりかけているPCの不調を知りながら、そのまま普段どおりに使い続けてしまうようなものです。

そのため、マラソンではレース後半に大きなダメージを感じながら、苦しい時間を長く過ごすことになってしまったわけです。(^_^;)

空腹を感じたタイミングで適切な補給をしたり、ちょっとゆっくりめにエイドで歩いておけば良かったのです。

また、PCであれば余計なファイルを整理したり、キャッシュをクリアしておくなどのメンテナンスをしておけば良いのです。

メンテナンスでは一時的に時間を取られるかもしれませんが、定期的にケアをすることによって、パフォーマンスを落とさずに済むでしょう。

つまり、調子が悪くなってからあわててケアするよりも、定期的なメンテナンスをしておくほうが、時間やコスト面でも効果的なのですね。

 

投資としての「積極的な休養」に罪悪感は不要

大きな疲れがやってきてから休む、というよりも、大きな疲れがやってこないようにうまく休むという意識。

ときには、意図的にだらだらするのではこともいいと思います(自己弁護的かな・・・笑)。

ただ、私のように、会社の仕事、ひとりビジネスの仕事、チームでの仕事、自分のプライベート、そして、家族といった役割の中で中で日常を送っていると、、、「あっ、このままいくとやばいな・・・」と思うことがあります。

そこでアクセルをゆるめないまま、どん底に疲れてしまうと復調までに時間がかかりますし、エネルギーも使うのです。

ですから、定期的にリラックスタイムを確保しておくことは必要な時間だと思っています。

そのためには、

・ひとりでのんびりする時間を確保する
・夜のつきあいを減らす
・二次会には極力参加しない

などの工夫をするようにしています。

また、最近は妻に教えてもらったストレッチをしてから、寝るようにしています。

早く帰ることができれば、妻と晩酌をしながら好き勝手に放談しています。(笑)

そのようにして、精神的な疲れや肉体的な疲れを軽減しておくと、やはり日中のパフォーマンスに違いが出てくるものです。

ほんのちょっとした意識なのですが、少しだけでも自分の心と体に注意を払い、日々の小さなメンテナンスをやっておきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、友人の小嶋さんとランチ。

3月22日のミートアップセミナーについても話を詰めました。

下記のイベントは、まだ募集中ですので、「社外の人たちと切磋琢磨したい!」と思われる方はぜひ!(↓)

◆募集開始◆【3/22人見知りな会社員限定】ミートアップセミナー@都内 | 3knot-DAYS  ~8.3%戦略の軌跡~

 

また、仕事帰りに妻と娘にホワイトデーのお返しを買って帰宅。

売り場は私と同じような人たちがたくさんいました。(笑)

おもしろいスイーツやインパクトのあるお菓子を買おうと思いましたが、なかなかないですよね。(^_^;)

結局、ネットでも購入できる商品を買ってしまいましたが、このようなお返しは、ネットではなく自分の目で直接選びたいと思っています。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

柔軟性を保つために積極的に多様な思考やさまざまな価値観に触れる

ぼくが掲げた今年の目標のひとつに、 「毎月1回以上、今までゆっくり話したことがない友人たちと食事またはお茶する機会をつくる」 というものがあります。 なぜ、ぼくはそのような目標をたてたのか? 改めて考 …

愚痴や陰口を言わない

目次1 ■忘年会でミスしました(汗)2 ■二次会には行かないという基本ルール3 ■度をこせば悪意しかない4 ■愚痴ではなく「どうしたらできるか?」 ■忘年会でミスしました(汗)   昨日、会 …

習慣化につまづいているあなたへ。「習慣化の3原則」を見直してみませんか?

あなたが習慣化につまづいているものはありますか? その場合、「習慣化の3原則」に照らし合わせてみることをお勧めいたします。     目次1 習慣化コンサルティングさん主催のイベント …

複業ビジネスと習慣化の共通点。「スタート→改善→及第点→さらに改善→合格点」サイクルのイメージで前進する。

複業のビジネスと習慣化には、共通点があります。 それは、 ・まずスタートする→改善する→及第点をとる→さらに改善する→合格点まで持っていく という流れです。   スポンサーリンク &nbsp …

「習慣」と「皿回し」に共通点があるかもしれない!?という仮説。(後編)

前回の記事で、「習慣」と「皿回し」の共通性について考えてみました。 今日も続けます。   (ここから有料メルマガのご紹介です) ———————————————————— 「早起き」メルマガ( …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。