【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族の習慣 思考の習慣

本当の自分に気づくためには、親から受け継いだ思考や価値観を手放すことも必要。

投稿日:2018/10/15

Pocket

親から刷り込まれた思考習慣や常識を超えていくこと。

難しいことではありますが、挑んでいくタイミングをつくっていかなかればならないと思っています。

 

スポンサーリンク


 

誰もが持つ「親の影響」というフレーム

自分が考えていることや感情を見つめるとき、必ずでてくるものがあります。

それは「親の影響」です。

・自分らしく生きることができない
・自分に自信を持つことができない

といった人は、親が原因の可能性があるかもしれません。

特に、親に対して「良い子」を演じてきたまじめな人こそ、その傾向が強いように感じます。

親に従ってきたので、いざ自分が大人になったときにも、そのスタイルから離れられないのです。

これは、親が悪いのではありません。

むしろ、私たちのことを大事に思っているからこそ、守ってきたわけですから。

「親の常識の範囲内で子育てをしたい」というのはたいていの親が思っていることだと思いますし、それは自分たちが信念として守っていることなので破られたくないのですね。

そうなると、どうしても親の常識の中で育つこととなり、「自分で考える」という子どもが少なくなってくる。

これは私自身が経験してきたことですし、心理学の勉強してから強く感じていることでもあります。

しかし、「自分の人生を生きる」と決めたら、どこかで親の価値観から離れるタイミングをつくらなくてはならない状況がくるかもしれません。

 

育った環境によって自分の思考や行動が形成される

私が育ってきた環境は、まさにコミュニティーの中の価値観で育まれ、長く私の思考や行動をつくられてきたと思っています。

私は祖父祖母を含めて6人家族の家で、いわゆる「末っ子長男」で育ちました。

さらに自営業で縫製業をおこなっており、住み込みの生徒さんがいる家庭で育ったので、15人ぐらいのコミュニティーの中で、1番年下というポジションをずっと保っていました。

そうなると、家の中では最も守られるべき存在として扱われます。

生徒さんたちがそうじや家事をやってくれていたので、子どもとして家の手伝いをした記憶はほとんどありません。(^_^;)

それよりも、

・危険なことをやろうとすれば「危ないからだめだよ」。
・人と違うことをすれば「そんなことをしたら恥ずかしいよ」。
・遊びまくっていると「勉強しなくていいの?」。

そのようなことをくり返し言われていたように記憶しています。

そういった言葉を刷り込まれた人間はどうなるでしょうか?

当然、安心・安全を求めて、ちょっとしたことにトライする気持も持てなくなります。

ですから、学生時代は、かなり保守的な生き方をしてきました(学習はしませんでしたが・笑)。

それを打ち破ったのは、大学生になった18歳のときに東京でひとり暮らしをはじめてからでした。

それまでに経験していなかったことをたくさん体験し、ようやく人並みに近づいた気がしたものです。

「もしもひとり暮らしをしていなかったとしたら」と思うと、おそろしさを感じます。

きっと、今でも何もできなかったんだろうと思います。

甘えてばかりで自分からチャレンジはしない、石橋を叩いても渡らない、考え方は固定化している。

そのような人間になっていたはずです(今よりも)。

当然、自分が望むような成果を手にしていることはないでしょう。

しかも、もしかすると、そのような不遇な人生を親のせいにしていたかもしれません。

このように、親から受けている影響というのは、私たちの考え方や行動に大きく影響しているのです。

 

自分なりの成果を出して親に報告するスタンスを持つ

人生で重要な時期は、誰にでもやってくるものです。

そのようなとき、あまり親に引っ張られないほうがいいのではないでしょうか。

自分で考え、自分で決断する。

そうして、自分なりの成果を出すことが大事で、良い意味で親のイメージを裏切るのです。

親から受けたダメ出しをいつまでも引きずっているわけにはいきません。

自分たちの人生だからです。

もちろん、いろいろな状況で、親に逆らえないという事情を抱える人もいるでしょう。

親の気持ちをはねのけるというのは難しい人もいるかもしれません。

それでも、自分のために、自分で意思決定を行いましょう

ときには失敗するかもしれません。

そのようなときに親から「やっぱりあなたはそんなことをやっても・・・」と言われる場合もあるでしょう。

私は100kmマラソンで熱中症になったときに実際に言われました。(^_^;)

それでも、幾多のチャレンジで成功する確率はゼロではありませんし、成功するつもりで臨んでいく気持が欲しいものです。

そのようにして困難を乗り越えて、成長した姿を親に見せましょう。

良い意味で親が想定外の自分を見せるのです。

それが、本当の意味での親孝行なのではないでしょうか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、書く仕事と来週に控えているちょっとしたプレゼンのためにスライドづくり。

Mr.ChildrenをBGMにして、がつがつ書けたのは幸福な時間でした。

夜はメルマガ300号のお祝いで、家族とやきとんを食べにいきました。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族の習慣, 思考の習慣

執筆者:

関連記事

「あー、忙しい!」を言わないための工夫。ネガティブ表現をポジティブ言葉に言い換えよう。

予定が詰まっていると、思わず「忙しい」と言ってしまいそうになります。 しかし、私は「言葉が行動に与える影響はとてつもなく大きい」ということを知ってから、「忙しい」という言葉を封印しています。 &nbs …

「嫌われたくない」と思いすぎてしまう人へ。妥協が増えて優柔不断になっていませんか?

「嫌われたくない」という感情は、私たち誰もが持っている自然な感情です。 ただ、それを重視しすぎてしまうと、何も選べなくなってしまいます。 「自分で選ぶ」という選択を意識的にトレーニングしてきましょう。 …

子どもに「失敗を失敗ととらえさせない」方法。ポイントは適切な「ふり返り」と「改善」への勇気づけ。

子どもがテストの結果で落ち込んでいるとき、親としてどのように接するべきでしょうか? 私なりのやり方を記事にしてみました。   スポンサーリンク   目次1 息子の期末テストの答案が …

「失敗したら嫌だな、、、」という感情を自分の味方につける方法

「失敗したら嫌だな、、、」という感情は、私たちの行動を止めてしまうものです。 でも、とらえ方を変えれば、必ずしもあなたにとってマイナスなものということにはなりません。   目次1 すべての感 …

激しい怒りの感情にどう対処するか?タイミングと適切な表出で吐き出しておくことが大事。

激しい怒りのような感情がわきあがってきたとき、どうすればよいのでしょうか? いろいろな対処方法はあると思いますが、ポイントは「ためこまずに表出させることが大事。でも上手に表出させること」です。 &nb …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。