【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説の習慣

「習慣」と「皿回し」に共通点があるかもしれない!?という仮説。(前編)

投稿日:2014/07/20

Pocket

ブログのネタを考えていたら、ふと

「習慣化とは、皿回しのようなものかもしれない!」

ということを思いつきました。

なぜ、ぼくはそのように思ったのでしょうか?

自分で理由を考えてみました!

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)

————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————

(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

習慣の組み合わせ

毎日、ぼくたちはたくさんの習慣を同時進行で行っています。

 

例えば、二毛作と言われるように、

▼歯磨きをしながら表情をチェックする

▼歩きながらオーディオ学習をする

▼通勤電車に乗りながら本を読む

といった簡単なものがあります。

 

さらに、習慣化の中・上級者になると、

▼運動する習慣を取り入れながらブログも更新する

▼専門分野や資格取得のための勉強をしながらダイエットする

▼会社員の仕事で成果を出しながら、定時退社で家族と夕飯を食べる

といった大きな組み合わせまであります。

 

習慣は同時に進行している

このように見ると、人が生きていれば自然に何らかの習慣を同時進行しているものだということが分かりますね。

このようにたくさんの「習慣」に同時に取り組んでいる状態をイメージしていただけますでしょうか?

 

ここで・・・!

このときの「習慣」を、皿回しの「お皿」に変えてみてください。

あなたという1人の人間が、お皿を1度にたくさん回しているイメージです。

a0006_000206

 

そのお皿を見てみると、

▼歯磨き

▼顔を洗う

▼お風呂に入る

といったお皿から、

▼ダイエットする

▼運動する

▼勉強する

というお皿までさまざまなお皿が回っているのです。

 

そう、その状態こそ、

【「習慣」というお皿を皿回ししている状態】

と言えるのではないでしょうか!?

 

安定の皿の後に新しい皿を回す

続けて、例え話です。

先に挙げた皿回しのお皿の数を仮に30枚としてみましょう。

次に、30枚のお皿を回している状態で、新しいお皿を回そうとしている人をイメージしてみましょう。

要は、31枚目のお皿を回そうとしている状態ですね。

 

ここで、習慣化にも、皿回しにも通じる重要なことがあります。

それは、

【30枚のお皿が綺麗に回っている状態で31枚目を回し始めることが重要】

ということです。

 

31枚目を綺麗に回すためには、他の30枚が綺麗に回っていないといけません。

そうしないと31枚目のお皿を回すための最初の1回しが上手くいきませんよね。

皿回しも、自転車の運転と同じように、最初の1回しが大切でしょう。

その後、お皿の回転スピードが上がって回転が安定してしまえば、少しの間は目を離して大丈夫です。

その状態をつくり上げてから、新しい習慣に取り組む(お皿を回す)ことが大切。

新しい習慣に取り組むためには、まず30皿の回転を安定させる必要があるのです。

 

いかがでしょうか?

これが、ぼくがふと思いついた

「習慣化と皿回しの共通点」

です。

 

今日の記事を書いていたら、どうしても書きたいことが出てきたのですが、、、

スペースが無くなってきたので明日に続けます。(笑)

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の仮説】
習慣とは、皿回しのようなものなのかもしれない

 


-仮説の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化とは、ある行動を好きになるまで学び続けた結果として定着するもの。

今朝、早起きしてランニングをしていたら、ふと思いついたアイデアがありました。 それは、「最初は違和感のある行動でも、それを好きになるまでやり続けることが習慣化なのではないか?」という仮説です。 その言 …

進むべきか、退くべきか。その判断は自分の「直感」にしたがってみる。

大人になると、どうしても「理性的な判断」で物事を考えがちです。 ロジカルに考えることは必要ですし、まったく悪いことではありませんが、自分にとっての正解は、「直感的な判断」から生まれることのほうが多いの …

ひとつに集中できない人はダメなのか?「ひとつ」に含まれる2つの視点を考えてみる

「ひとつの分野に集中できない自分は、うまくいかないのではないか?」という質問をよく受けます。 そのときに私が「そんなことないんですよ」とお伝えしていることを記事にしました。   目次1 「ひ …

「35歳でマイホーム」は誰の常識か?会社員が住宅ローンにしばられずに、収入を複線化するための3つのアプローチ。

「35歳までにマイホームを買ってこそ、男として1人前だ」 この言葉を聞いて、あなたはどう感じるでしょうか。 先日、マイホーム関連の話をしているときにふと思い出したことがあり、そこから記事を書きたくなっ …

習慣化は平常心でスタートしよう。でこぼこのモチベーションでは続かない理由。

習慣化が続くか、続かないのか、そのポイントは「平常心」にあるのではないか、という仮説にたどり着きました。 そこに至ったプロセスを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 学 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。