【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

習慣化するために「迷わない状況」をつくる!

投稿日:2014/08/07

Pocket

早起きセミナー再開を決断して行動量をあげていくと、日常の時間の流れがガラッと変わります。

自戒も込めて、今回のセミナー活動再開で感じたことを記しておこうと思います。

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)

————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————

(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

テーマと目標があるから変更ができる

ぼくが年始に掲げたテーマの1つに、

▼今までインプットしてきた知識や経験を、最大限にアウトプットする年にする

というものがあります。

だからこそ、

▼ブログを1日1記事書く

▼有料メールマガジンを毎週発行する

▼社外の友人と月に1度は食事をする機会をつくる

といったことを目標にすえて、意識的に実行してきました。

そして、その中に、

▼毎月セミナーを開催する

という、ぼくが今年最も力を入れたいテーマもありました。

1月、2月は冷や汗をかきながらなんとか実行したものの、3月は会社の仕事もあって(言い訳・汗)止まってしまいました。

気合を入れ直して4月に2回開催。

これで、セミナーを4ヶ月で4回開催したこととなります。

この時点で「1年に12回以上開催する」という目標へゆるく修正していますね。(笑)

でも、目標があるから行動が足りていないことに気づきますし、修正もできるのです。

目標がなかったら、なんとなくなし崩し的にセミナーをやめていたかもしれません。

 

「ゼロ→イチ」と「マイナスイチ→イチ」

仲間の行動に刺激を受けながら、今回自分の重い腰をあげました。

いきなり8月に3回もセミナーを開催するという暴挙に。(笑)

今回感じたのは、

【再開することは、始めることよりパワーが必要】

ということです。

なぜ、そのように思うのでしょうか?

ゼロになったらイチにすれば良いので、同じゼロスタートだと思いますでしょうか?

 

よくある例えですが、自転車は漕ぎ出すまでが1番パワーを要します。

ただ、一旦動き出してしまえば、あとはスピードに乗っていける。

だから、最初の一漕ぎに力を注ぐことが大切だ、というメタファーですね。

 

セミナー開催も、ぼくにとっては同じようなイメージです。

ただし、一旦ストップしてしまったらどうでしょうか・・・?

自転車をふたたび漕ぎ出すためには、初めて漕ぎ出したときとほとんど同じくらいの負荷がかかりますよね。

 

a0003_001696

 

不安を覚悟に変える方法

ぼくにとってセミナーは楽しいものです。

もちろんビジネスですから、ベストかつ自分のオールアウトの価値提供をしたいです。

そのために頭の中の考えを巡らせて、常に最新で最高のコンテンツにするべく脳に汗をかきます。

同じテーマのセミナーですが、まったく同じスライドは使いません。

嬉しいことに再受講の方もいらっしゃいますし、同じスライドでは自分の成長が無かったということを証明するようなものです。

そんな自己怠慢は、さすがに自分を許せません。

 

セミナー後の達成感や充実感は、会社員としての仕事やマラソンでは味わえない別の喜びです。

それが楽しいし、やりたくて仕方がないからやっています。

それが周囲にとって価値提供につながる。

とても小さな影響範囲ではありますが、ぼくにとっては理想の状態なのです。

 

しかし、告知したあとのドキドキ感や、体調管理へのプレッシャーなど、乗り越えなければならないことが多いのは確かです。

「誰も来なかったら恥ずかしい」

そんな想いを持ちながら開催までの日々を過ごすことになるのです。

おそらく、セミナーが一旦止まってしまったのは、そのような不安要素ばかりを先に考えてしまったからでしょう。

そんなマイナス心理を、プラスの心理に転換するステップが必要です。

そこに心理的なハードルが待ち構えているのです。

そこを毎回乗り越えなければならない。

ですから、先に挙げたように、

【再開することは、始めることよりパワーが必要】

とお伝えしたのです。

 

実は、、、

ぼくは、この「再開のパワー」をスムーズに変換する秘訣を知っています。

それは、習慣化にも通じるシンプルな考え方です。

どういったことかと言うと、

【1、「毎回やる」と覚悟を決める。

 2、日付を決める。

 3、迷いを持たず淡々と実行すること。】

です。

なんと。。。

当たり前ですね。(笑)

でも、当たり前だからこそ本質であるわけですし、当たり前だからこそ極めてシンプルなのです。

 

そんなわけで、、、

ぼくは「早起きセミナー」を月例で定期開催することに決めました!(宣言)

少なくとも今年は9月から毎月第2土曜日に開催いたします。

もちろん、不定期で平日開催することはあると思いますが、大切なのは、

【迷わないように、まずは基本のルールを定める】

ということですね。

基本を決めればイレギュラーがどのようなことかが分かる。

イレギュラーだと判断すれば、その都度イレギュラーとして対応すれば良いのです。

基本を決めなければ、イレギュラーが何なのかが分からないでしょう。

そんなわけで、ぼくは、

【早起きセミナーを毎月開催する覚悟】

を決めました!

勇気がいることですが、やったります!(笑)

ぼくの挑戦に乗っかってみようかと思ったあなた。

ぜひ早起きセミナーにご参加くださいね。

お申し込みは下記のURLからお願いいたします!

————————————————————

■第6回「『早起きの技術』セミナー」8月22日(金)19:30〜21:30 【残席1】

http://kokucheese.com/event/index/203046/

■第7回「『早起きの技術』セミナー」8月23日(土)14:00〜16:00

http://kokucheese.com/event/index/203052/

■第8回「『早起きの技術』セミナー」8月31日(日)14:00〜16:00

http://kokucheese.com/event/index/203731/

————————————————————

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】

習慣化するために基本ルールを設定し、「迷わない状況」をつくる

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

売れる営業に必要な「5つの自信」とは?

先日、嶋津良智さんから直接コミュニケーションについて学ぶ機会を得ました。 非常に具体的かつ実践的な学びが多くて大満足です。 その中から、嶋津さんに教えていただいた 「売れる営業に必要な5つの自信」 を …

「ビジネスモデル・ジェネレーション(BMG)」という図式を利用して「ビジネスの型」を学ぶ

目次1 ■定例勉強会に参加2 ■「ビジネスモデル・ジェネレーション」とは?3 ■ビジネスモデルを図式で考える4 ■イノベーションを起こすための仕組みづくりにも有用 ■定例勉強会に参加 昨日は、鮒谷周史 …

続かない習慣への対処法。ゲームの4つの条件で意味づけを変える

何度トライしても続かない行動があるときは、その行動に対するイメージがネガティブになっている可能性があります。 そのイメージを変えていくために、その行動にゲーム性を持たせてみましょう。   目 …

習慣化するためには「目標」レベルではなく「目的」レベルから考えよう

目標レベルで習慣化を見ると、挫折しやすくなります。 習慣化は「目的」レベルから考えていきましょう。   目次1 「鬼滅の刃」から学ぶ習慣化2 「行動→目標→目的」のレイヤーが変わると継続でき …

目標達成に大切!現状把握をしてから悪習慣を良習慣に上書きしよう

あなたは、ご自身が持っている生活リズムがどのようなものかご存じでしょうか? また、あなたの生活リズムの中には、悪習慣がいくつあって、何を良習慣に変えていけば良いのか把握されているでしょうか? &nbs …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。