【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起き自己採点は20点。。。まるで早起きができなかった時期から習慣化した後のギャップを考える。

投稿日:2015/09/26

Pocket

「あの頃は、あんなこともぜんぜんできなかったんだよな、、、」

ふり返ってみると、そんなふうに思えることはありませんか?

ギャップが大きいほど、克服した喜びは大きかったのではないでしょうか?

blinds-201173_640

 

スポンサーリンク

 

50メートル泳げなかった友人が3.8キロを泳いだ

昨年末まで、私と同じようにカナヅチだった友人は、今年8月のアイアンマンレースで3.8キロを泳ぎ切りました。

3.8キロといえば、ジョギングだって大変だと思う人もいる距離です。

アイアンマンに挑戦するという話が出たとき、チームのメンバーも心配している部分があったようですが、見事に完泳したのです。

25メートルはなんとか泳げるけれど、100メートルを泳ぐと息も絶えだえになる私からすれば、「驚異の進歩・・・!」と思っています。

その進歩を見て「スゴい!」と思うのは、「50メートルも泳げなかったのに、、、」という時期を知っているからです。

つまり、そのギャップこそが、進化・成長の幅を大きく広げているのですよね。

 

私が早起きできなかった過去からの伸びしろ

私にも、同じようなケースがあります。

それは、早起きの習慣化です。

7年前、学習の習慣、運動の習慣、ダイエットの習慣など、いろいろとやりたいことを習慣化してきました。

なんとか習慣化に成功しつつ、もっとも難しく、もっとも挫折を繰り返したのは、早起きでした。

あきれるほどに早起きできず、「なぜ自分はこんなにも意思が弱いんだろう、、、」と自己嫌悪におちいっていました。

100点満点で採点するとしたら、はっきり言って20点です。

しかし、その挫折のプロセスで経験したことや得られた知見は、今の私にとって本当に貴重な財産です。

なぜなら、早起きしたいと思うかたが「どうして早起きしたいのか?」という気持を理解できます。

また、「どうして早起きしようと思っているのにできないのか?」悩む気持に共感できるのです。

さらに、その状態からどのようにして早起き習慣を定着していけば良いのか、方法論も常に考えていますし、プラッシュアップしています。

私自身は、いまだに2度寝してしまうこともありますが、必要以上に落ち込みませんし、「毎日早起きしなければならない」という思い込みを手放せています。

それが、今の私と早起きとの適度なつきあいかたなのだということも分かってきました。

そのような意味では、今は100点満点で90点をつけられます。

その差は70点。

これは、私が早起きがまったくできなかった20点の時期があったからこそ、つくり出せる「差」なのです。

 

ギャップが大きければ大きいほど成長の幅が広がる

今のあなたが、まったくできないことでも、やり続ければ一定のレベルまでは上達するはずです。

友人のスイムや、私の早起きと同じように。

今のレベルが低ければ低いほど、将来克服したときの喜びは大きいものです。

そしてギャップが大きければ大きいほど、私たちの人生を形づくる貴重な無形資産となるのです。

今のあなたがやりたいことが、一定のレベルに達していなくても、試行錯誤を繰り返しながら続けていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、久しぶりに飲み会に参加しました。

いろいろな業界で、さまざまな変化がありますね。

帰りの電車の中で、自分が貢献していきたい軸はどんな場所なのか、思わず考えてしまいました。。。

 

【ご案内】
コーチングのお申し込みはこちらから!

コーチングのお申し込み | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

理想の1日のつくり方。今日という1日はあなたの人生の縮図である

「自分がなり得る最高の自分になるためには?」 この問いに対する私の答えは「理想の1日を過ごし続けること」です。 では「理想の1日」とは、どのようにつくっていけばいいのでしょうか。 記事にしてみました。 …

no image

どうしても早起きに挫折してしまう人へ贈る言葉

———————————————————— 当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。 私が「良習慣」を獲得してい …

1日の自由時間を2倍にする。早起きを習慣化して朝時間をつくり出そう。

行動できなかったとき、たいていの人たちが口にするのは、「時間がなかったので・・・」です。 ただ、そのように話す人に限って、「もったいない時間の使い方をしているな・・・」と感じます。 打開策としておすす …

早起きした朝時間におすすめしたい3つの活動テーマ

「早起きして、何をすればいいでしょうか?」と聞かれることがあります。 「家政婦のミタ」さん風に言えば、「それは、あなたが決めることです」という感じではあるのですが(笑)、最近何度か聞かれたので記事にし …

熟睡するために、寝る前にふとんで読書(スマホ)をやってはいけない理由。

先日のセッションで、「早く寝たいのですが、寝つきが良くないんです。」という相談を受けました。 私の直感がはたらき、あるポイントををたずねたところどんぴしゃで、以前の私が失敗と同じような状況だったのです …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。