行動の習慣

習慣が続かない原因は「性格」のせいではなく「行動」のせいです

投稿日:


「自分の性格のせいで、習慣がまた続かなかった……。」と落ち込んでいる人はいるでしょうか。
習慣が続かないのは、あなたの性格やタイプのような内側の責任ではありません。
環境や行動という外側の責任です。




 

「家庭内のトラブルは、人のせいにせず仕組みのせいにする」

「家庭内のトラブルは、人のせいにせず仕組みのせいにする」

これを我が家(伊藤家)のモットーにしています。

理由は、
・たいていの原因は人ではなく、環境にあるから
と考えているからです。

仮に、家庭内で誰かが嫌な思いをしたとします。
そのとき「誰がやったの!?(怒)」とやってしまうことってありますよね。

でも、それってあんまり生産性がないんですよね。
怒ったほうも、怒られたほうも。
「痛み分け」みたいになっても、嫌な気分が残るだけです。

何度もそんなできごとをくり返して、
「家庭内のトラブルは、人のせいにせず仕組みのせいにする」
という考え方を採用しています。

たとえば、以前は「浴室ボディソープ事件」が勃発しました。
妻が入浴中に、ボディソープを使おうとする。
すると、ほぼ毎回「プスッ」という音とともに、ボディソープが無くなっていることが発覚するわけです。

1回や2回なら「もう……。」という感じで済むかもしれません。
でも、本当に毎回「プスッ」が続いたんですね。

いくら温和な人でも、何度も「プスッ」「プスッ」「プスッ」となれば、それは嫌な気持ちになりますよね。

しかも当時は4人家族。
なぜか妻だけが「プスッ」となる。
それはどう考えたっておかしいわけです。

そのとき、伊藤家の家族会議が始まりました。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





性格やタイプを責めるのは「愚」

家族で話し合いました。
わかったことがあります。

もちろん、誰かが妻の入浴に合わせて「へへへ、今日もあいつをプスッとさせてやるぜ」と思っていたわけではありませんでした。(笑)

妻がボディソープを使うときに、いつも最後の「プスッ」になっていた理由は、妻以外の3人(私、息子、娘)が、
「あと1回くらいは使えそうなくらい残っていると思った」
という認識だったからです。
70パーセントくらいは。

あとの30パーセントは、
「詰替えようと思って忘れてしまった(汗)」
「自分で替えるのはちょっと面倒くさいな……」
みたいなところもあったんですが。

ここで、たとえば、「お父さんがだらしないから、ボディソープが無くなる」みたいになったらどうでしょうか。

私だって、家族の誰かが困るために生きているわけじゃない。
それに、完璧な性格じゃないのは誰よりも自分がわかっているわけです。

それなのに、性格やタイプを責められたら。
つらいです。
やるせない気持ちになります。

家族なのに。
誰かがそんな感情になるのは避けたいです。

では、どうするか。
そんなことにならないように、
「家庭内のトラブルは、人のせいにせず仕組みのせいにする」
のです。

 

■スポンサーリンク




連続「浴室ボディソープ事件」が解決した理由

家庭内で話し合った結果、「浴室ボディソープ事件」の根本的な原因が明らかになりました。
それは、
・プラスチックの容器だと、ボディソープの残量がわかりづらい
ということ。
それが「プスッ」を引き起こしていたんです。

家族の誰かの性格がだらしないからじゃなくて、容器の問題だったんすよね。

そこで妻から、詰替えパックがそのまま使用できる容器ホルダーがあるという情報提供があり、調査。
実際にあったんですね。
詰め替えパッケージをそのまま使えるツールが。

(我が家で使っている実際のモノが見つからなかったので、イメージがわかる記事を探してみました↓)
「ビオレu」や「メリット」ユーザー注目!詰め替えが一瞬で済むセリアのホルダーが便利過ぎ [えんウチ]

これを導入したことにより、残量がはっきりわかるようになりました。
「プスッ」現象が発生することは皆無に。
浴室のおしゃれさは犠牲になりましたが、事件が発生するよりはましです。

結果、我が家で起きていた連続での「浴室ボディソープ事件」は、無事に解決となったわけです。
めでたし、めでたし。

さて、これは、私たちの良習慣形成でもまったく同じです。

つまり、
「習慣が続かないのは、自分の性格やタイプの責任ではなく、仕組みや行動のせいにする」
ということです。

早起きができないのは、早起きの仕組みが構築されていないから。
運動が続かないのは、自分の意思に頼っているから。
片づけが定着しないのは、完璧主義が悪いんじゃなくて、「小さく片づける」という手法をとっていないから。

そんな理由なんです。

ですから、あなたが悪いのではない。
失敗した行動が悪いんです。
その視点から、改善点を考えてみれば、罪悪感も必要ありませんよね。

良習慣形成が続かないのは、あなたの内側が悪いのではない。
外側が悪いのです。
そんな風に考えて、改善点を考えていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ランチタイムに「習慣化コミュニティー」スタッフ定例ミーティング。

夜は「良習慣塾」メンバーとの月間集中タイム。
6月はちょっと無茶な習慣の取り組みを実践してみようかなと企んでいます。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

たった1分間であなたの集中力が上がる「1分間集中法」のスキル

スマホやネットサーフィンに意識と時間を奪われていないでしょうか。 そのようなときに、あなたの集中力を取り戻すスキル「1分間集中法」をご紹介します。   現代でとても重要な「集中力」 どれだけ …

朝のたった15分で別人のような気分になれる「モーニングメソッド」短縮版

あわただしい朝の時間をいかに充実させるか、というのは誰にとっても大事な課題ですよね。 そこで、朝の15分で心や体にエネルギーが充電される方法を記事にしました。   モーニングメソッドで早起き …

習慣化を目指すなら絶対に手放して欲しい。自己否定・自己不信・自己卑下の罠。

幸福な人生をすごすために確実に不要なものがあると思っています。 それは、「自己否定・自己不信・自己卑下」です。   スポンサーリンク   すべての行動につながる「モチベーション」 …

習慣化では記録が大事。記録→発信の3ステップ、3つの「見える化」メリット、5つの記録スタイル。

行動習慣を続けるために重要な「記録」。 そこで、 ・記録の3ステップ ・記録の3つのメリット ・5つの記録スタイル について記事にしてみました。   継続のために重要な「記録」のパワー 物ご …

1日に腹筋1回の「小さな習慣」が1日に腹筋267回にまで増えた理由とは?(友人の事例)

私たちはつい「ジャイアントステップ」で大きな変化を求めます。 ですが、やはりより良く変化されている人ほど「小さな習慣」で少しずつ、でも着実に変わっていくものです。   1日の「腹筋1回」が「 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。