行動の習慣

習慣化に重要な要素は「場所」。習慣化モードに入るために場所というトリガーを活用しよう。

投稿日:2018/09/24


習慣化に重要な要素の1つに「どこで」という「場所」があります。

どのような場所でアクションを起こすのか、そしてその行動が実行できるのか。

そのために「場所」という要因に焦点をあててみることも1つの視点です。

 

スポンサーリンク


 

イレギュラーの習慣化への対応

この連休で茨城の実家に帰省しました。

ある意味では旅行や出張のようなものですよね。

そうなると生活リズムはイレギュラーになります。

このとき課題になるのは習慣化というテーマ。

継続していくためには、このようなイレギュラーの状態とどのようにうまくつき合っていくのか、というのが大事なポイントになってきます。

ただ、やはりいつもと異なる環境というのは、非常に継続が難しいですね。(^_^;)

私もまだまだです。。。

さて、今回、このイレギュラーが難しい理由を考えてみました。

 

習慣化の行動モードと場所の関係性

私たちは、パターンの中で生きています。

毎日の心地よいリズムがあるのです。

それが良いリズムであれば継続することができるのはもちろん、悪いリズムでも同じようにパターン化してしまうのですよね。

思い出してみましょう。

たとえば、あなたは、

・資格試験の学習

・読書がはかどる場所

・ブログを書くスペース

は、だいたいいつも同じ場所ではないでしょうか?

同様に、

・習慣をサボってしまう状況

・テレビを観てしまうタイミング

・ソファで寝落ちしてしまう環境

も、同じようなパターンではないかと思うのです。

少なくとも、私はかなりの行動が場所に応じてパターン化しているのです。

主婦がキッチンに立てば料理をしようと思うはずですし、部屋のあかりを消してふとんに入れば眠くなりますよね。

この事実から、私たちは、自分たちが過ごしている環境に大きな影響を受けているということがわかると思います。

これが、続けるためにも、やめるためにも大事なポイント。

ここで提案したいのは、アクションを変えるときには、同時に場所を変えるという発想を持ってみましょう、ということです。

場所という環境は、私たちが考えている以上に強いインパクトを持っています。

場所を変えれば人の感情は切り替わり、集中できる環境をつくり出すきっかけができます。

これは逆に言えば、私が普段書けているブログが書けなくなるのは、「場所」という環境がととのっていないことが大きな要因だということがわかりました。

原因は「モード」です。

場所が変わると、ブログを書くモードに入ることがなかなか難しいもの。

ですから、ブログを書く行動に入ることが容易ではなくなるわけです。

その意味でいうと、場所が決まれば、「モード」が切り替わるということですね。

今回私が地元に帰ったとき、ブログを書いていなかった過去の環境に浸るわけです。

すると、そもそもブログを書く環境が整っていないのですね。

また、たまにしか帰らない場所であれば、両親や姉夫婦たちと会話をすることが最重要。

リアルで話せる時間は、とても限られた機会だからです。

そうなると、私の実力だと、どうしてもブログに対する優先順位が下がってしまうのです。

このあたりは、私の覚悟の問題があると思っています。。。

私のブログの師匠は、全国を移動しても毎日ブログを更新していますし、実家に戻ってもそれは変わりませんので。

 

アクションのトリガーにつながる場所を見つけよう

ブログに限らず、たとえば仕事で、

・アイデアを考える場合はウォーキングをする

・セミナーのスライドをつくるときは会議室で集中する

といったように、タスクの方向性でアウトプットを変えるという工夫もできるのです。

さて、このような人間の習性を利用して、習慣化につなげることが可能となります。

たとえば、習慣化する際に、

・英語の学習は英会話スクールの近くでおこなう

・読書は自宅近くのカフェでする

・ブログを書くときはお気に入りのスタバに入る

といったように、場所から決めてみるのです。

その場所は、まずは「仮」で構いません。

試しに、直感で「いいな」と思った場所で行動を起こしてみましょう。

その場所があなたにフィットするようであれば、その場所で行動を起こせばいいのです。

逆に言えば、アンマッチなら、別の場所でやることも考えてみることです。

・自宅が落ち着くなら、リラックスできる空間にアレンジして読書をする

・なじみのスタッフがいる人の目がある方が良い緊張感があるので資格取得の学習をする

・適度に人がいるほうが集中できるカフェが心地よいのであれば、その場所に移動する

など、そのアクションに向けた環境づくりができれば、モチベーションは高まるでしょう。

そのようにして、環境を整理するのと同様に、場所づくりをするという発想が重要なのです。

たとえば「あのカフェに入ると、自然とブログを書き出してしまう」。

それくらい、場所が行動をスタートするきっかけになると理想的ですね。

ですから、

・特定の場所で

・特定の行動をとる

という結びつきを考え、自分にアクションを起こさせるために場所を決めること。

それは立派な習慣化のトリガーになるものなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、実父の退院祝いに帰省。

ちょうど銚子マリーナトライアスロンがやっていたので家族で観戦に行きました。

海も泳ぎやすそうでしたし、銚子駅からも近い。

来年のエントリーを狙ってみようと思っています。

娘が地元の観光をしたことがなかったこともあり、銚子観光も楽しみました。

父も元気そうでひと安心です。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

音声コンテンツ発信のトレーニングに有効な5つのポイント

音声でのコンテンツ発信をおこなうためには、どのようにトレーニングすればいいのか。 コーチングのクライアントさんと一緒にトレーニングしたことを5つのポイントにまとめてみました。   音声発信の …

アフォーダンスをデザインすれば習慣化できる

私たちの行動は、どんな環境にいるのかによって変わります。 その概念を習慣化に活用していきましょう。   「アフォーダンス」とは? 「習慣化は環境が9割」。 私はそう考えています。 習慣化する …

マスタータスクリストを5つのステップでつくる方法

「ゴールを達成するリスト」は、料理のレシピのようなものです。 レシピがあれば料理ができあがるように、「ゴールを実現するためのリスト」があればゴールの実現度が高まります。   「ゴールを実現す …

「一度のダメで全部がダメになる」思考をくつがえす3つの考え方

失敗をおそれすぎるときは「一度のダメで全部がダメになる」という思い込みがるかもしれません。 そのようなときは、その思い込みをゆるめる取り組みをしていきましょう。   「銀の匙 Silver …

私たちの人生に「選択しない」という選択はない

私たちは常に選択に迫られています。 「後悔したくない」という気持ちと、どのように向かっていけばいいのでしょうか。   7年前の「習慣化の学校」への決断 先日、「習慣化マスター講座」の説明会に …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。