セミナーの習慣 時間の習慣

タイムマネジメントはアートである

投稿日:


タイムマネジメントはアートのような創造性と柔軟性が必要です。

タイムマネジメントについて新たなアプローチでセミナーをつくったところ、気づきが起きました。




 

「タイムマネジメントはアートである」

「タイムマネジメントはアートである」

先日、私におりてきたフレーズです。

今回のセミナーを準備しているときに気づいてしまいました。

理由は、タイムマネジメントは、創造性と柔軟性のバランスをとる活動だからです。

アートの中で、もっとも近いイメージは石の彫刻です。

彫刻を掘る前の石材。

これが素材です。

素材そのままだと、形はただの石。

そこから、石工具を使って彫刻をつくっていくわけです。

このような

・元素材を削りとって、彫像を明確にしていく

という流れが、まさにタイムマネジメント。

元の素材から完成にいたるプロセスが、アートと同じだと感じたのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「タイムマネジメントはアートである」と感じる3つの理由

「タイムマネジメントはアートである」

そう考える理由を3つの共通点としてまとめてみました。

1:最初から正解はわからない

2:明確にし続ける必要がある

3:正解は自分の中にある

 

1:最初から正解はわからない

1つ目は「最初から正解はわからない」です。

いきなり完成品の彫刻ができるわけではありません。

完成するまでに、まず1度目は頭の中でイメージする。

そうして2度目に現実となるわけです。

頭と事実がまったく同じことになるのはレアです。

むしろ、つくっていくうちにイメージしいたものよりもさらに質が高まる可能性も大いにあります。

創作中に気づくことやアイデアが生まれることがあるからです。

これはペイントの絵画も同じでしょう。

事実、ピカソの絵画を赤外線で検知すると、最初から完成品を狙っていたわけではないことがわかっています。

つまり、描きながら正解を探しているわけです。

このあたりもタイムマネジメントに似ています。

 

2:明確にし続ける必要がある

2つ目は「明確にし続ける必要がある」です。

素材を彫ったとしても、最初はざっくりと彫ります。

あいまいな形なのですね。

人の形を目指しながら、最初は人型に見えないかもしれません。

そこを彫り続けていきます。

すると、人の顔が浮かび上がります。

表情や体型が明確になってくるのです。

狙い通りに彫れた場所は、イメージとばっちりハマります。

目だったら「一重まぶたにするか、二重まぶたにするか。はたまた三重まぶたにするのか」まで選ぶこともできます。

ここまできたら明確ですよね。

 

3:正解は自分の中にある

3つ目は「正解は自分の中にある」です。

どんな彫刻が正解なのか。

それはほかの人にはわかりません。

彫師である自分の内側にしか正解がないからです。

外側からの影響ばかり受けてしまうと、どうなるか。

自分らしさがなくなってしまいます。

ですから、自己対話をしながら正解を探求していく必要があります。

コーチングやふり返りが大事になってくるでしょう。

正解がわからないのは、一見すると大変だし面倒かもしれません。

でも、正解がわからないからこそ彫り続けられるのです。

時間の使い方も同じです。

感情や価値観はその人にしかありません。

「私はこれを大事にして時間を使う」

「こうするつもりで時間を使っている」

そのような宣言こそ、その人の中にある正解なのです。

 

■スポンサーリンク




優れたタイムマネジメントをおこなうためには?

優れた彫刻を彫るためにはどうするか。

それは、

・「優れた彫刻に必要がない部分を削り取ればいい」

のです。

タイムマネジメントも同じ。

たとえば1日24時間という元素材を見たときに、

・自分にとって不要な活動を手放す

・自分にとって重要な活動を残す

ということが、「理想の1日」という作品になるからです。

さて、あなたの理想の時間はどのような形をしているのでしょうか。

先述の通り、1回や2回考えた程度では完成しません。

仮に完成したとしても、納得がいくかどうかはわからないものだからです。

ですから、

・PDCA

・試行錯誤

・スクラップ&ビルド

といったアプローチをくり返していく必要があるのです。

そうして、少しずつ明確にしていきましょう。

何の凹凸もなかった素材が、あなたが削ることで少しずつ姿をあらわしていくはずです。

それが、あなたがつくる「理想1日」という作品になるのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から「習慣化オンラインサロン」の朝活に参加。

夜は「良習慣塾」セミナーを開催。

テーマは「タイムマネジメントの習慣」でした。

「想像していたタイムマネジメントの内容とは真逆でした!」と高評価をもらえてうれしい限りです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-セミナーの習慣, 時間の習慣

執筆者:

関連記事

タイムマネジメントと料理の共通点とは?

「タイムマネジメントと料理の共通点とは?」 そんな問いがふってきました。 その問いに関する答えを記事にしました。   タイムマネジメントと料理の共通点とは? タイムマネジメントとは料理のよう …

朝1時間を変える。その小さな変化があなたの人生を大きく変える。

ビジネス書やセミナーで「人生を変える」という言葉を見かけます。 ただ、あまりにも大きすぎるテーマですし、あいまいすぎるようにも思います。 「人生全体」よりも、具体的に扱える朝時間のサイズで扱っていきま …

あえてダラダラすることで24時間に濃淡をつける

100メートルを全力で走るスピードでフルマラソンを完走するのは難しいもの。 同じように、1日24時間を常に緊張状態にせず、意図してダラダラタイムをつくりましょう。           意図し …

月間集中タイムの習慣。超集中する時間をつくるための3つの工夫

人生を変えるためには行動が必須です。 ただし、考えるという行為も欠かせないものです。 意図して考える時間を確保する習慣をおすすめしています。   「良習慣塾」メンバーと「月間集中タイム」開催 …

あなたの不調は「文明病」かも。改善方法は「プリミティブな習慣」を取り戻すこと。

現代人の不調の原因を調べていると、文明の進歩が健康への悪影響を生み出していることがわかります。 そのような「文明病」には、良習慣形成で対処していきましょう。   不調の原因「文明病」とは? …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。