【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ブログの習慣

ブログは「伝えたい」という視点を育てる。インプット過多の人におすすめの習慣。

投稿日:2016/12/12

Pocket

習慣化のセミナーで出会ってから長くつきあっている友人が、コミュニティーの投稿の中で「ブログをはじめてみようかな」というコメントをしていました。

私はすかさず、「ブログ!ぜひ!人生を変える習慣ですよ!」とおすすめしました(笑)。

 

スポンサーリンク

 

ブログの習慣化して起きた大きな変化

読書やセミナーでのインプットをたくさんしている冒頭の友人。

マインドマップ読書をおこなったあとにすぐに行動にうつすなど、すでにアウトプットもすばらしいです。

それだけに、ブログの習慣が加わったら、さらに進化・成長されるのはまちがいありません。

私がブログを書くようになって1200日以上たちます。

進化・成長しているかは置いておき(笑)、ほかの人に「ブログを書くようになって、何が変化したのか?」と聞かれたら、まちがいなく「人に伝えたい」という視点を持てるようになったことをあげます。

この、ほかの人に「伝えたい」という視点。

ぼんやり生きているとその視点を持つことはありません。

事実、私はブログを書く以前は、人に伝えたいことなんて持っていませんでした。

そもそも伝えようにも、伝えるスキルもなかったのです。

しかし、「伝えたい」という意識を持つようになると見える世界が変わるのですよね。

ブログを書く前は、すべての情報をただ受け取るだけです。

でも、アウトプットを意識することは、受け手から発信する側にまわるということとなりす。

つまりものごとを見る視点が180度変化するわけです。

マイナスのできごとが、プラスに変わることさえあります。

多少つらいことがあっても、「ブログネタになるからいいか」というダメージ軽減にもなります(笑)。

それくらい「伝えたい」というアウトプットの意識は、自分を変化させてくれるのです。

 

ブログを書くと本の読み方が変わる

何かを「アウトプットしよう!」という意識は、情報をインプットする際にじつに効果的です。

たとえば読書です。

最近の当ブログに書評の記事を書いていませんが、おすすめ本をブログ記事にする例がわかりやすいです。

自分が「これはおもしろい本だな!」と思ったら、ブログで紹介したいと思うわけです(ブログがあるからこそ紹介もできます)。

その記事を書くことは、自分が読んだ本の著者のかたにも良いでしょうし、自分のブログの読者にも良いというWin-Winの形をつくり出せます。

そのように考えていると、本を読む際に「どのように本を紹介したら、このおすすめ本に興味を持ってもらえるだろう?」というふうに考えながら、本を読み進めていくようになります。

もちろん、本は誰が読んでも同じ本です。

でも、その本を漫然と読み流すのと、「このおすすめ本のポイントをブログに公開して、内容をたくさんの人に知ってほしい」と考えながら読むのとでは、集中力がまったく変わってきます。

本を読む楽しさが変わりますし、インプットする力もまったく変わるのです。

私自身のことをふり返ってみても、ブログを書いていない頃に走ったフルマラソンより、ブログ記事に書いたマラソンのレースのほうが記憶に残っています。

もちろん、ブログを書いていなければ「覚えていよう」とする意識も弱いのでしかたがないのですが、結局はそういうことなのです。

ある研究によると、話を聞いただけの人たちが、その情報を覚えていたのは10%にも満たなかったそうです。

一方で、「誰かに伝える」意識を持って話を聞いた人たちは、なんと9割の情報を覚えていたということです。

これが、アウトプットを前提としたインプットの力ということですね。

 

「伝えたい!」という意識でブログを書いてみよう

たとえば、あなたが尊敬している師匠から連絡を受けたとします。

「今日は急に体調が悪くなってしまったんだ。仕事終わりでセミナーにいくはずだったのに、参加できないんだよ。。。10万円も払ったセミナーなのに残念・・・。そうだ、もし都合がつくようであれば俺の代わりにセミナーを受けてきて、あとで内容を教えてくれるかな?」と言われたらどうでしょうか。

師匠にセミナーの内容を「伝えよう!」と思って必死になってセミナーを受けるのではないでしょうか?(笑)

ブログでアウトプットするという行為も、それと同じです。

普通にインプットするよりも、劇的に情報の吸収度が変わるのです。

そのように、情報をインプットする際には、「この情報を誰かに伝えたい!」というアウトプット意識を持ってインプットしましょう。

本だけでなく、映画、音楽、ビジネス情報。

それらのコンテンツにふれていない人に、そのコンテンツのおもしろさや情報を「伝える!」という視点からインプットするのです。

たったそれだけのことなのですが、あなたが情報を吸収する力は明らかに変化するはずです。

毎日書けば、それだけインプットしようとするパワーが持続しますし、高まります。

そのような変化を起こすためのきっかけとして、それほど肩ひじはらずにアウトプットができるブログがおすすめなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻と娘と一緒に、以前に訪れた地元のやきとり屋さんに再訪しました。

最初にそのお店に入ったときは、10年以上も前のこと。

私も妻も今よりずっと若くて、結婚したてで、薄給で一生懸命はたらいて、息子も小さくて、外食なんてめったにできなくて、そしてこれからの人生をどうしていけば良いのかわからなくて。

そんな時代に、お金と時間を捻出して食べたやきとり屋さんでした。

10年以上も前に食べたやきとりの味。

その「おいしい」と思った感情だけが残っていて、私がふいに訪れたくなったのですね。

お店のやきとりの味は、10年前と変わらず今もおいしいやきとりでした。(^_^)

こう考えると、少しは成長しているのですよね(これでも・笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-ブログの習慣

執筆者:

関連記事

「書かないこと」があなたの真実を浮きぼりにする。ブログ2700記事の気づき

ブログを2700記事書き続けて気づいたのは「何を書かないかが(も)重要」だということです。   目次1 2700記事「書かなかった」ことがある2 「書かないから」こそ浮かび上がるもの3 「書 …

なぜブログの習慣化は難しいのか?ブログ2400日・2400記事の継続から考える

ブログを習慣化しようとして、停滞している人はいませんか? 今日で2400記事書いてきた私の体験から、ブログやアウトプットを継続するために大事だと思うことを記事にしてみました。   目次1 ブ …

no image

「やりたいことが見つからない」という人へお伝えしたいこと

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■鮒谷さんのセミナーに参加して思い出した本がありました。 小倉広さんの「あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール」という本です。 ※参考 …

未来を信じて希望を持つ

■「ドキドキ!プリキュア」の映画を見ました(笑) 今日は娘と一緒に「映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス!」を観ました!(笑) ※参考 映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚! …

「人生に迷う人」「自分軸を探している人」「やりたいことがわからない人」は、ブログを書こう。

・人生に迷う人 ・自分軸を探している人 ・やりたいことがわからない人 そういった方には、ブログを書く(書き続ける)ことをおすすめします。   目次1 ブログ継続が7年目に突入2 ブログを6年 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。