【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仮説

うまくいっている人が持っている「忘れる力」。その力を高める2つのアプローチとは?

投稿日:2018/02/25 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ビジネスや新しいことへのトライが、100%すべて成功する人はいないはずです。

では、なぜうまくいく人は多少の失敗にもめげずに前進できるのでしょうか?

その秘けつは、「忘れる力」にあるのではないかと思っています。


(「ビール」の「ー」が忘れられた看板・笑)

 

スポンサーリンク

 

うまくいっている人は「忘れる力」を持っているのでは?

仕事で大きな成果をあげている人をみると、「なぜ、あの人はあれほど仕事がうまくいくのだろう?」と思うことがありませんか?

私は、思います。(笑)

自分は失敗ばかりだし、前進したとしてもほふく前進のようにスローペースなのに、と。

ただ、私たちは、うまくいっている人の結果を見ているだけで、失敗した姿というのは見えていません。

過去の話をきいたり、行動を観察していると、彼らも小さく失敗を続けながら、最後に結果的に成功を得ているのですよね。

では、彼らは失敗して落ち込むことはないでしょうか?

ここは私の仮説ですが、うまくいっている人には、いい意味での「忘れる力」があるのではないかと思っています。

 

人間が生きのびるために必要な「忘れる力」

実際のところ、

・過去の失敗に必要以上にこだわってしまう
・反省ばかりしている
・新しいチャレンジを恐れて行動できない

というスタンスでは、大きな成功を得ることはできないでしょう。

これも私の仮説ですが、成功する人ほど「よく忘れ物をして困る」という人がいるように思います。

一面的に見れば、たしかに忘れ物をするのは困ることでしょう。

しかし、一方の面を見れば、これは「忘れる力」という人間が持っている大事な能力でもあるのだと思うのです。

失敗や嫌なことにばかりこだわれば、チャレンジができなくなり、新しいことにふれなくなるでしょう。

そのためにも、「忘れる力」は重要なのです。

おそらく、人間が進化するプロセスで、「忘れる力」があったほうが生きていくのに便利だったので残っている能力のはずです。

その反動で、学習のように努力しないと記憶できないようになっている、ということですね。

「忘れる力」は誰にでもあります。

それをもっと活用してみましょう。

かなりつらいことや傷つくことがあっても、半年もすれば8割以上の人が以前の精神状態に戻っていくという研究結果があるそうです。

これこそが、人間の持つ「忘れる力」のいい部分ではないでしょうか。

 

「忘れる力」を高める2つのアプローチ

・悲しいこと
・つらいこと
・うまくいかないこと

といったことが連続で起きたとしても、くじけずに強く生きている人を見ていると「あの人は精神的にタフなんだろうな」と思ってしまうことがあります。

ただ、じつは誰もが「忘れる力」を持っているからこそできることなのですね。

では、どうすれば「忘れる力」を高めることができるのでしょうか?

これには2つのアプローチがあると思っています。

 

1:ネガティブな記憶をポジティブにとらえ直す

たとえば、失恋にあったとしても、その失恋があったので新しいパートナーに会えたと思うことはできます。

資格試験に合格できなかったとしても、それまでに学んだことは力になっているはずですし、次に活かされるものです。

 

2:意識的に新しいものにふれる

新しい体験や経験をすることで、いやなことも次の新しいことで消えていくものです。

そのためにも、新しいセミナーに参加したり、旅行に行くなど、新しい経験を増やしてみましょう。

いつもランチに行くお店で、今まで食べたことがないメニューをオーダーしてみるくらいでも十分です。

そのような新しい情報こそ、新しい記憶になっていくものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを受けました。

今回のセッションでは、ミッションやビジョンよりもより私の内面に踏み込む「根っこ」の部分について話をきいてもらいました。

さすがに1回のセッションの時間で、カミナリが落ちたように「これだ!」というレベルの気づきまではいきませんでしたが、自分が仕事をしていく上で「根っこ」にあるものを感じることはできました。

うすうす感じてはいたのですが、恥ずかしいことだったので見ないようにしていた部分でした。(笑)

【募集中】
2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-仮説

執筆者:

関連記事

タイム・マネジメントは可能か?概念のない時間を管理するより自分の行動を管理する。

以前の自分と大きく違うのは、時間に対する考え方です。 時間をうまく使うには、行動を変える必要があります。   スポンサーリンク   目次1 「時間を管理する」という言葉の意味とは? …

ドラマ「孤独のグルメ」とミッキーマウスに学んだ。時間管理における「間」の重要性。

突然ですが、あなたは「孤独のグルメ」というドラマをご存じでしょうか? Amazon Fire TVを購入して以来、ついつい観てしまうドラマです。(^_^;) 「孤独のグルメ」にみるコンテンツの魅力につ …

直感に従って地道に行動する。それが人生の「ワープ」を生み出す秘けつ

「もし、あの人に出逢っていなかったら。」 「もし、あの本を買っていなかったら。」 「もし、何の問題もなかったら。」 あなたは、そのようなことを考えた経験はありますか?     目次 …

体重を減らす「ダイエット」と「減量」。2つの言葉に潜む「意味の違い」を考える。

「ダイエット」と「減量」。 似たような意味を持つ言葉です。 この2つの言葉を考えている際に、「体重を減らすためにやったほうがいいこと」について気づきを得たので記事にしてみました。   スポン …

「若い時の苦労は買ってでもせよ」は本当か?主体的な苦労と受動的な苦労を区別する。

「苦労」には、主体的な苦労と受動的な苦労があると考えています。 苦労が大好きな人は少ないと思いますが、主体的な苦労は、ときには自らとりにいくにくのもいいのではないでしょうか。   スポンサー …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930