【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

「なぜか行動できない」の突破法。無意識に気づく→書き出す→反論する。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

8月1日で、メルマガ創刊から1年が経過しました。

スタートしてみれば1年は短く感じるものですが、創刊までのプロセスはかなり重たく、ずっと自分にブレーキをかけている状態だったのです。

さて、そのように行動を抑えるブレーキが効いているときは、どのようにしてゆるめればいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

適切な目標は行動を加速させてくれる

「適切な目標設定」とは、どのような目標のことをいうのでしょうか?

私の中では、「適切な目標設定」は、

・自分の行動を加速させてくれる目標

です。

反対にいえば、動きがとまってしまうような目標だとすれば、その目標には何か問題が隠れている可能性があります。

以前、私の行動が止まったときがあります。

それが、メルマガの創刊に時間がかかったときのことです。

何年ものあいだ構想して、「やるぞ!」と決めて、師匠のメールコンサルティングでメルマガのテーマまで決まったのにもかかわらず、動き出せませんでした。

そのときは、まさに「行動が止まる」状況におちいっていたのですね。

メルマガを創刊するために、やることリストをつくり、

・チャンクダウンをする

・ベビーステップで試してみる

などにトライしてみましたが、なぜかうまくいきませんでした。

「このまま、永遠にメルマガを発行することができなくなるかも・・・」という思いもチラつきました。

 

メルマガ創刊をためらう無意識のイメージ

その行動が、ようやく動き出すきっかけができた瞬間がありました。

それは、まさに「行動できない」というテーマでコーチングセッションをしていたときのことです。

コーチと話している間に「これ以上やることを増やすと、妻との関係が悪くなるかもしれないしな・・・」と、ポロッと出たのですね。

コーチから、「伊藤さん、それですね。その思い込みが、無意識のうちに伊藤さんの行動を止めている原因ではないでしょうか?」と言われたのです。

言われてみると、たしかに「ブログの更新だけでも大変なのに、メルマガまで増やしたら、時間がなくなって家族との時間が減るんじゃないか」という考えがあることに気づきました。

無意識のうちに、自分が家族から責められている映像が浮かんでいたのです。

これは、私がもっとも大事にしている「家族」という価値観を否定することですから、かなりの重たさです。

ですから、頭では「メルマガを創刊しよう!」と思いながらも、心では「でも、スタートしたらしんどいことになる」と信じ込んでいたということですね。

こうなったとき、強いのは顕在的な意識よりも、無意識のほうのパワーです。

あきらかに「やったほうがいい」ということなのにもかかわらず、「でもやっぱり無理だろうな・・・」とブレーキをかけてしまうのです。

よくたとえられるように、これは「ブレーキを踏みながら、アクセルを踏んでいる」状態。

ほとんど前進しないですし、進んだとしても遅すぎる。

そして、かなりのエネルギーロスです。(^_^;)

そのときのコーチとの対話の中で師匠のメールコンサルティングにあった「15分で書けるだけ書く、というルールで試してみる」という方針が決まりました。

私が「それなら試せるかもしれない」と思える、ほどよいレベルが「1日15分」だったのですね。

家族にも、「15分だけだから」と言えるイメージも出てきました。

そうして、ようやくメルマガをスタートできたのです。

それは、決意してから半年間もかかったメルマガ創刊でした。。。

 

目標のデメリットを軽くする2ステップ

この私のメルマガ発行のケースのように、私たちが目標を設定するとき、目標を達成する光の側面を見つつ、実はその裏側にある影も見ていることがあります。

ただ、影の側面に関しては無意識の領域なので、自分でもなかなか気づかないのですね。

ほかにも、いろいろなデメリットの思い込みがあったことがわかります。

たとえば、

・メルマガを書いたら、批判コメントがくるんじゃないか?

・無名の個人がメルマガをやっても誰も読んでくれないのではないか?

・「よかったら、私のメルマガを読んでいただけませんか?」と言ったら、相手が嫌な顔をするんじゃないか?

・ブログだけでも大変なのに、メルマガをやっている時間が確保できなくて苦しむんじゃないか?

といった思い込みがありました。

もちろん、誰でもこういったことを考える傾向はありますし、100%完全に「メルマガさえ発行すればすべてがうまくいく!」と思っている人のほうが少ないでしょう。(笑)

では、そのような不安を振りはらいつつ、行動にうつしていくためにはどうすればいいのでしょうか?

これには、2つのステップにわけて考えてみることが有効です。

 

1:思い込みを書き出す

まず、自分の無意識にある思い込みを表出させることが大事です。

具体的には、頭の中のモヤモヤしたイメージを、紙に書き出します。

こうして言葉にすることで、無意識のイメージを見える化します。

私の例でいえば、先ほどの「メルマガを書いたら、批判コメントがくるんじゃないか?」といったようなことですね。

形式などは気にせず、できる限りたくさん書き出してみましょう。

 

2:デメリットに反論する

書き出したら、次はそれらのデメリットに1つずつ反論します。

・メルマガを書いたら、批判コメントがくるんじゃないか?

反論→ブログを書いたときも同じことを思っていたけれど、批判よりもプラスのフィードバックの方が圧倒的に多い

・無名の個人がメルマガをやっても誰も読んでくれないのではないか?

反論→ブログだって同じだけど、毎日読んでくれている人は確実に存在している

・「よかったら、私のメルマガを読んでいただけませんか?」と言ったら、相手が嫌な顔をするんじゃないか?

反論→「嫌われたくない」という自分のビリーフに向き合うワークとして捉えてみたらおもしろいのでは?それに提案するのはトレーニングにもなる。

・ブログだけでも大変なのに、メルマガをやっている時間が確保できなくて苦しむんじゃないか?

反論→ブログをはじめた4年前よりは時間管理の感覚も変わってきているから、さらに時間密度を濃くするためにトライしてみるのもおもしろいかも。それに、私がベンチマークしている方々は、ブログもメルマガも両方やっている人ばかりだ。

といった感じですね。

こう考えてくると、「そっか、思ってたほどしんどくないかも」と、心が軽くなってきます。

そうして、先述の「15分で書けるだけ書く」という自分がしっくりくるルールなら、「家族との良好なつながりを持ったまま、ひとりビジネスも前進させられる」という目標に書き換えることができます。

そうすれば、不思議と気が楽になり、プレッシャーが軽くなるのですね。

 

考えてみると、成果をあげている人ほど、仕事もプライベートもうまくいっている人が多いですよね。

幸福な人生、豊かな人生というのは、仕事だけではないし、プライベートだけでもないでしょうから。

うまくいく人は、「二兎を追う者は一兎をも得ず」と考えるよりも、「欲しいものは、同時に追求してOKなんだ」と思っているものです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで継続クライアントさんとのコーチングセッションでした。

昨年12月からスタートした契約が、昨日でひと区切り。

今後の飛躍のための目標設定を行い、1つに関してはその場でアクションを起こしていただきました(さすがです)。

ご自身が好きなことがあり、そのことを「24時間考えてしまう」対象があるというのは、とてもハッピーなことですよね。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

目標設定に欠かせない。表現表現の3つのポイントと2つの習慣。

新年度に入って、目標をたてている方もいらっしゃると思います。 そこで、私が考える「目標設定の文章はどのように書けば良いのか?」と、目標設定後の大事な習慣について記事にしました。   スポンサ …

やることが多すぎて整理できない人へ。アクションを整理するための4ステップ。

「やることが多すぎて、何から手をつければいいのかわからず混乱してます・・・」という人はいますでしょうか? そのような場合は、下記にご紹介するシンプルな4つのステップでアクションリストを整理してみましょ …

愚痴や陰口を言いたくなったら、口に出さずに文字にして解決する。

愚痴や陰口、つい言ってしまいたくなるとき、ありませんか? 口に出してしまうとデメリットが多いので、代わりにその環状を書き出してみることをおすすめします。   スポンサーリンク   …

自分の習慣化スキルを確認するために小さなチャレンジをしてみます。

私の「続ける技術」はどれくらいのレベルか? ちょっとしたチャレンジをしてみます。     目次1 5年日記への憧れ2 心のセンサーを逃さない3 新しい習慣は中途半端な日にちから 5 …

伸びる人と伸び悩む人の差を分けるものは何?「仮説と検証」を繰り返す習慣を持とう!

上期が終わったこともあり、会社で下期に向けた面談がありました。 私は無事に予算をクリアしたので雑談で終わったのですが(笑)、入社時期が1年しか違わない後輩は、上司にかなりしぼられた状態で会議室から出て …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031