【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

書く習慣

先取り日記で明日をクリエイティブに。過去ではなく未来に向けて日記を書く。

投稿日:

Pocket

「日記」といえば、1日の行動をふり返るツールというのが常識ですよね。

その「日記」を、「過去」ではなく「未来」に向けて書いてみました。

 

スポンサーリンク


 

「先取り日記」とはどのような方法なのか

先月の「書く習慣セミナー」に参加してから、ちょうど1ヶ月が経過しました。

セミナー終了後から1ヶ月間、私が毎日取り組んだ習慣が「先取り日記」の習慣です。

先取り日記のやり方は、習慣化コンサルタントの古川武士さんのブログにもあるので詳細は控えますが、要は、

・明日1日を先取りして日記を書いてしまう

ということです。

フレームは3つあって、

(1)できごと(Topics)
(2)達成(Tassei)
(3)感謝(Thanks)

です。

たとえば、7月31日に書いた私の先取り日記は、以下のようなものです。

■できごと(Topics)
・某プロジェクトでA社のHさんとMTG

・メルマガ創刊1年記念

・アウトプットセミナー参加

・父親の誕生日

■達成(Tassei)
・念願のプロジェクトが進行することが決定した!

・平日日刊メルマガ250号を無事に発行することができた!

・セミナーでアウトプットの方法をたくさん知ることができた!

・父親にお祝いの電話をすることができた!

■感謝(Thanks)
・ブログを発見して連絡をくれたHさんに感謝!

・メルマガを読んでくださっている読者のみなさんに感謝!見守っていてくれている家族にも感謝!

・シンプルだけれどパワフルなアウトプット方法を知ることができたことに感謝!

・自分を生んで育ててくれた父親に感謝!

このような形式で、1ヶ月のあいだ、毎日先取り日記を書いてみました。
(期間限定のGoogle+のコミュニティーに毎日アップしていました)

 

1ヶ月間「先取り日記」毎日書いてみた感想

では、1ヶ月間「先取り日記」を続けてみた感想をふり返ってみます。

 

良かった点

何といっても、前日の時点で、翌日のできごとを「創造する」という点がいいですね。

理想のスケジュールほど詳細に書くわけではありませんが、白紙のキャンバスに理想の1日を描くようで、心踊るものがあります。

そのようにしてポイントをしぼるだけに「明日、注力するタスクは何か?」という点に焦点があたります。

また、事前に達成感を味わうことで、本当に達成した時によろこびが2倍・・・とまではいいませんが(笑)、1.5倍くらいの感覚はあります。

いわゆる「予祝」の効果もあるでしょうね。

 

今後の課題

ただ先取りするだけではなく、ふり返りと合わせると効果は倍増しそうな感じです。

たとえば、「KPT」のフレームワークを活用してふり返りをすれば、

・先取りした未来と、今日1日を比べてみる

・改善点があれば、調整する

・気づきや工夫を明日に活かす

という風にできますよね。

「KPT法」をご存じですか?「PDCAサイクル」を機能させるフレームワークをご紹介いたします!

そうすれば、

・先取り日記で計画→KPTでふり返り

というシステムができます。

これこそ、まさに「PDCA」サイクルですよね。

1日単位で「PDCA」をまわすことは、私はほとんどないので、習慣化したらパワフルかもしれません。

 

先取りは1日をクリエイティブにするための第1歩になる

この先取り日記、1番のメリットは何か?

と言われれば、それは、

・明日に対してクリエイティブになることができる

という点です。

前日に、翌日のできごとから派生されるはずの達成感や感謝という感情を、記事的にではありますが、つくり出すことができるのです。

この創造性、とても大事だと思うのです。

私は大人になって、「クリエイティブ」という言葉に、どことなく引け目を感じるようになりました。

「クリエイティブ」というと、どことなくデザイナーさんやシナリオライターなど、1部の人たちに限定された能力のようにイメージしてしまいませんか?

ですから、「あの人たちに比べたら、私なんて・・・」と考えるようになってしまうわけです。

ただ、子どもの頃を思い出すと、

・友人にあだ名をつけたり

・新しいゲームを思いついたり

・親に怒られないために架空のつくり話をでっちあげたり(笑)

という感じで、誰もが「クリエイティブ」な側面を持っているものだと思うのですよね。

その感覚を、先取り日記で思い出しました。

10年後を先取りするのは、人によっては難しいでしょう。

私も、1人だと難しいです。

しかし、明日のことならイメージすることができることがわかりました。

最初は「でっちあげ」かもしれませんが、明日1日を先取り日記に書くことで、少なくとも自分の未来を「クリエイティブ」にすることができます。

「すべてのものは2度つくられる」という名言もありますし、未来日記という手法もありますよね。

未来を文字にしてみることの有効性。

これは、ぜひあなたにもトライしてみていただきたいと考えています。

特に、「最近、想像力が足りないかも、、、」と思われているような方には、先取り日記、おすすめしたいですね。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで定例のコーチング練習会に参加。

今回も新たな視点を手に入れることができました。

実践で試してみるのが楽しみです。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-書く習慣

執筆者:

関連記事

ふり返りによって成果を見える化する。1年をふり返るためにおすすめの5つの視点。

定期的に自らを振り返り、次に向けた改善点を洗い出す。 ドラッカー氏の言葉です。 その言葉を持ち出すまでもなく、ふり返りを行うことは、成長し続けるためには欠かせません。 私が今年1年をふり返るために使用 …

自信が持てないときは1日3分の「ありがとう日記の習慣」に取り組んでみよう

新しいことやチャレンジングなことに取り組むとき、自分に「自信」が欲しくなりますよね。 そんなときは、自分の自信をつくっていける「ありがとう日記の習慣」という方法をおすすめしています。   目 …

自己成長を目指す人に必須の良習慣。「ふり返りの習慣」3つのメリット

同じ失敗を何度もくり返してしまう人を見かけることがあります。 その場合は「ふり返りの習慣」が必要なのかもしれません。   目次1 トップコンサルタントがおすすめする良習慣とは?2 改善のプロ …

「前進感」をつくる5つの記録方法

継続するためには対象に対するポジティブな感情が必要です。 そのために役立つのが記録による「前進感」です。   目次1 継続に重要な「前進感」2 「前進感」のために記録を残す5つの方法3 記録 …

「自分欲求」と「感性」の近似性を考える。書く習慣で自分の内側を探求しよう。

「自分欲求」と「感性」は非常に近しいものだと感じています。 「欲求」と「感性」はコントロールできないものだからです。   スポンサーリンク   目次1 今村暁さん考案の「意識の3層 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。