【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「そうだ、会社を休もうかな」ができない理由は、思考の裏に潜む「思い込み」が邪魔しているから。

投稿日:2018/11/19 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「自分がわからない」、「自分のやりたいことがわからない」。

そのようなときの突破口は、自分の「感情」に敏感になることです。

 

スポンサーリンク

 

「そうだ、会社を休もうかな」ができない理由

「そうだ、会社を休もうかな」

やるべきことやタスクが詰まってくると、このような想いが頭に浮かんでくることがあります。

最近、けっこう頻繁に思うようになってきているのですね。(笑)

と言っても、これは会社の仕事が嫌なわけではありません。(^_^;)

会社の仕事以外に優先したい活動が増えてきているのに、その活動に手がつけられないことについて、もどかしさを感じているのだと思っています。

これは、体からのメッセージだととらえることができます。

ですから、素直に受け取ることがとても重要。

そうしないと、自分の本心をうけとることがうまくいかなくなったり、自分らしく生きていくために重要な「感性」が鈍ってしまうのですね。

しかし、私の頭の中には、ビリーフ(無意識に正しいと信じている思い込み)があるので、やっかいなのです。

たとえば、

・会社を私用で気軽に休んではいけない
・ほかの人に迷惑をかけてはいけない(=会社を休むとほかの人に迷惑がかかる)
・がんばらなければ愛されない

といった考えが、瞬間的に頭に浮かんでくるからです。

結局、会社は休まず、いつもの時間に出社して、タイムカードを押す。

そうして、会社員としての時間をスタートするのです。

 

事実に対してどのようなラベルリングをするのか

このように、「でも、休んだらいけないし・・・」という選択を何度も繰り返すと、「そうだ、会社を休もうかな」という考えは出てこなくなります。

心や身体がメッセージを出しているのに、それを受け取らないので、「この人にはメッセージを送っても意味がないな」ということになってしまうからですね。

「会社を休む」という行為。

この行為それ自体には、本来、良いも悪いもありません。

それなのに、「会社を休むことは悪いことだ」「会社の仕事を休んで自分が好きなことをやるのは良くないことだ」という意味づけをしているのは、私自身なのですね。

このように「そうだ、会社を休もうかな」というように自分の感情が動いたときこそ、自分がラベルを貼っているイメージに気づくことができます。

そのように、

・普段の自分が使っている言葉や何気なくとっている行動に対する自分の意味づけを知る

ということは、とても大事なのです。

私たちは、自分たちが考えている以上に自分のことを知らないもの。

ですから、プロコーチも、コーチを雇うわけです。

そして、自分のことを知らないから、言葉にならない不安を感じるのですね。

どこに歩いていけばいいのか、あるいは、自分はどこにいるのか。

それがわからないから、「やりたいことがわからない」「自分がわからない」ということになるのです。

そうなると、評価軸が「ほかの人」になります。

すると、「嫌われたくない」「バカにされたくない」「否定されたくない」といった感情が強くなり、自分を見失っていくのですね。

 

自分の感情に意識を向ける習慣をつける

ここを抜け出すためには、あなたが「どのようなことを感じているのか?」ということにアンテナをはることです。

自分は何を感じているのか?

自分はどう感じているのか?

素直に、率直に、自分のアンテナでキャッチするようにしましょう。

それができるようになると、違和感や嫌悪感に気づくことができるようになってきます。

やがて、それを避けられるようになるので、自分の軸が定まってきて、自分がわかるようになるのです。

ただ、私たちは大人になるにつれて思考で考えるようになります。

感じることがあっても、自分がつくり出してきた思考で感情を抑え込みます。

私の「そうだ、会社を休もうかな」という感情を、

・会社を私用で気軽に休んではいけない
・ほかの人に迷惑をかけてはいけない(=会社を休むとほかの人に迷惑がかかる)
・がんばらなければ愛されない

が抑え込むように。

このようなことが、私たちの日常には山ほど起きているのです。

ですから、まずは、

・感じること(感情、心)

と、

・考えること(思考、頭)

の違いを区別しましょう。

それが、「自分を知る」ということにつながっていきます。

まさに、ブルース・リー氏の名言、

「Don’t think. FEEL!(考えるな、感じろ)」

が大事なのですね。

こう感情をおざなりにすると、自分が本当はどうしたいのか、自分でもわからなくなります。

それなのに、本人はわからなくなっていることに気づきません。

むしろ、「自分のことは自分が一番よくわかっている」とさえ考えているものです。

こうなると、葛藤が大きくなったり、心にストレスを感じてしまうようになるのですね。

だからこそ、自分が本当は何を感じているのか、どのように感じているのか。

感情に意識を向けるようにしましょう。

おすすめは感情日記をやってみることです。

1日5分の感情日記を書く習慣。自分の無意識の思い込みを探求するために。

「本当の自分」を知るためのアプローチ。感情日記は自己分析・自己対話の材料におすすめ。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」で終日サポート。

人生が変わる瞬間に立ち会ったり、難しい判断をメンバーでディスカッションしたり、刺激的な時間でした。

終了後は、「習慣化の智慧」コミュニティーも含めた懇親会。

楽しい時間でした。(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

第1次的な感情と第2次的な感情。大切にするべきは第1次的な感情。

感情には第1次的なものと第2次的なものがあります。 感情のトラブルを避けるためには、第1次の感情を上手に扱うことが大切です。   スポンサーリンク   目次1 帰りが遅くなった息子 …

思わず「イラッ」としたらどうしますか?そのようなときは「相手を変えず、自分の見方を変える」を試してみましょう!

こんにちは、伊藤です。 先日、ぼくが遭遇したちょっとしたトラブルから、 「相手を変えず、自分の見方を変える」 という学びを実体験しました。     目次1 ランチタイムのおそば屋さ …

幸福の基準はどこにありますか?幸せの価値基準は自分の内側におきましょう。

好きなことややりたいことの基準を外部に求めていると、幸福感は薄れます。 自分がハッピーになるためには、外部ではなく、自分の内部の基準を探求することが重要です。   スポンサーリンク &nbs …

松井秀喜さんに学ぶ!「折れない心をつくる」7つの思考習慣

あの松井秀喜さんと「7つの習慣」が結び付けられた記事がありました。 妻からのナイスプレゼントです(笑)。 松井さんから素晴らしい思考習慣を学びましょう。     目次1 私がもっと …

少ない可処分時間をどう使う?あなたは「重要な2割」の活動を優先していますか?

あなたは、1日の可処分時間をどのように使っていますか? 私は、可処分時間にも「80対20の法則」を意識して適用しています。   スポンサーリンク   目次1 成長とは「ありたい姿」 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728