【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

もし「人生がつまらない」と感じるなら、それはあなたが「楽な道」ばかり選んでいるからかもしれません。

投稿日:2018/12/25 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「迷ったら勇気がいる方を選択する」。

私が毎朝目を通している名言です。

この言葉を毎日目にするようになってから、灰色のようだった人生が、カラーに変化してきたと感じています。

 

スポンサーリンク

 

「人生に充実感がない」という状態

あなたは、

・何となく日々をすごしている
・人生があんまりおもしろくない
・仕事にいまいち情熱を感じない
・「生きてる!」という充実感を味わっていない

と思ったことがあるでしょうか?

「人生に充実感がない」という状態ですね。

10年前の私は、そのようにして毎日をすごしていたように思います。

今にして思うと、それは「楽なことばかりを選んでいたから」かもしれません。

たとえば、会社でも、

・大変そうな新規開拓の仕事はそこそこにして、紹介のお客さまを探す
・やれば会社の人のためになる重たいタスクに気づくけれど、それをやると自分の時間がなくなるから言い出さない
・「あれ!?なんかこれ、おかしくないか・・・?」と思ったことがあっても、自分が責められる可能性を考えて黙殺する

そのような思考で仕事をしていたように思います。

 

「楽なルート」ばかりではおもしろみがない

「人生に充実感がない」原因。

その1つが、「楽なことばかりを選んでいたから」だとすると、納得いくことがいくつかあります。

ただ、「楽なルート」というのは、進みやすいのかもしれませんが、ずっと同じ道だとあまり楽しくはないですよね。

「柴又100kmウルトラマラソン」のように、それは道こそ平坦かもしれませんが、おそろしいくらいに退屈なように(笑)。

ドラクエで言えば、ラダトームの城のまわりでずっとスライムばかり倒しているような感じです。

そうなると、徐々に経験値がたまって強くなっているはずなのに、ずっとスライムを敵にしているのは、かなり退屈でしょう。

それならば、多少は困難なことがあってもやりたいことを優先し、心から感動して涙を流せるような人生を選んだほうがおもしろいのではないでしょうか。

そうすれば、人生も、仕事も、プライベートも、どんどんおもしろくなっていくはずです。

 

困難な道に挑むことに楽しみを感じる

先日、「習慣化の学校」の運営チームでミーティングをおこないました。

来年は、すでに今年の2倍以上のお申込みがあります。

今までのように根性で乗り切ってきたのと、同じやり方では運営は難しいでしょう。

それでも、ご参加者の方々の意気込みを考えれば、手抜きは許されません。

安くないお金を投資して飛び込んできてくださるからには、投資額の何倍もの価値をお渡ししたいと思います。

そのために私ができるサポートは何か?

これまでと何を変えていけばいいのか?

まったく手探りです。

しかし、同時に、心の奥でフツフツと熱いものがこみ上げてきていることも感じています。

自分にとっては驚きの感覚です。

なぜなら、生来のなまけもので、生まれながらの面倒くさがりやの私が、困難な道を見ても逃げ出していないからです。

むしろ、新しい成長痛を感じたくなっているような感覚さえあります(変態的な意味ではなく・・・笑)。

 

困難な道の先に見える感動を追いかける

「厳しい世界に身をおかなければ、成長できない」ということに100%同意するわけではありません。

ただ、私のような面倒くさがりやは、ある程度きびしい環境に身をおかないと、すぐにサボってしまうので、成長するための「厳しい環境」は必要だと思っています。

10年前は、「楽なことばかりを選んでいたから」、ほとんど成長を感じることはありませんでした。

人とのかかわりに感動して涙を流すこともありません。

それは、会社に雇われていたからこそ、成立していたようにも思います。

それでも、5年前に複業をおこなうようになり、一般的な会社員の人とは異なる道を選ぶこととなりました。

もちろん、独立起業している人からみれば、それでも「楽な道」なのかもしれません。

それでも、会社員だけやって、会社と自宅の往復で終わる人生には決別しました。

人には向き不向きや相応の実力がありますから、いきなり難しいことをやって挫折するよりも、私には良い道のように思えました。

私に限らず、たいていの人が、難しい道を避けたがるのは本能でしょう。

しかし、たとえリスクがあったとしても、理想を追求しようとしなければ、その理想の状態は永遠にやってきません。

これまでの何度かの経験から、やはり困難な道であるほど、乗り越えた時に新しい世界が広がっているものだと感じています。

ですから、やってみたいことがあるのなら、多少のリスクがあったとしても全力でやってみましょう。

自分の内に秘めた情熱や感情を抑え込まず、むしろそのパワーをエネルギーにして、感動に変えていくのです。

困難な道を選んだその先にこそ、感動や充実感が待っているもの。

私は、そのように考えています。

ですから、来年の「習慣化の学校」のサポートも、今から開校が楽しみで仕方ありません。

「また成長できそうだ」と感じているからです。

あなたの来年は、どうでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝からコーチングセッションを1件。

今年のふり返りと来年の活動についてセッションしました。

その後、クリスマスイブということで、家族4人で銀座へ。

妻が予約してくれたGINZA SIXの中華でランチ。

帝国ホテルの催し物を見たり、日比谷公園でのクリスマスイベントをのぞいたり、博品館でおもちゃを見たりしてすごしました。

その博品館で何十年かぶりに「ぐらぐらゲーム」を購入(笑)。

寝る前に一度やりましたが、私が負けました。。。(^_^;)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

「良い人」という評価のデメリット。勝負のときは「良い人」を抜け出す勇気を持とう。

「あなたは『良い人』ですね!」と言われるのは、悪くはありません。 ただ、「良い人」という評価を守ろうとしてしまうと、自然な自分から離れてしまうことに注意しなければいけません。   スポンサー …

もともと光っている部分をさらに光らせていく「星空理論」 。自分の良い面にフォーカスして長所を磨きこむ。

星座がきれいに見えるのは、暗くなっている夜空があるからですよね。 それは光っている面が目立っているからであり、私たちも星座から学べることがあります。 私は「星座理論」と名づけています。   …

自分の価値観を知ることは、自分だけでなく相手のためにもなる。

あなたが価値観を知り、優先順位を決め、アウトプットすること。 それは自分だけでなく、周囲の人にも重要なことだと思います。   スポンサーリンク   目次1 家族の体調不良と自分がや …

奥さんの愚痴を言っていた10年前の自分へ。いま伝えたい3つの苦言と1つの提言。

誰にでも恥ずかしい過去はあると思います。 私の場合の「それ」は、「奥さんに対して愚痴を言っていたこと」です。(^_^;)   スポンサーリンク   目次1 「もっと奥さん理解があっ …

「そうだ、会社を休もうかな」ができない理由は、思考の裏に潜む「思い込み」が邪魔しているから。

「自分がわからない」、「自分のやりたいことがわからない」。 そのようなときの突破口は、自分の「感情」に敏感になることです。   スポンサーリンク   目次1 「そうだ、会社を休もう …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031