【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

後悔したくない!という人におすすめの「10-10-10(テン・テン・テン)」思考

投稿日:2020/06/11

Pocket

何か重大な判断をしなければならないとき、あなたの決断の軸はどこにあるでしょうか。

おすすめは、短期的(10分後)、中期的(10ヶ月後)、長期的(10年後)という3つの時間軸です。




 

決断の質が人生の質をつくる

私たちは日常で無数の決断をしています。

それは、

・何時に起きるのか?

・ランチに何を食べるのか?

・どのような本を読むのか?

そのような毎日の決断から、

・人生をどのように生きるのか?

・何の分野でゴールを設定するのか?

・どのような職業を選ぶのか?

といった人生を左右するような大きな決断まで。

私たちが1日に決断するのはおよそ6万回とも言われています。

そこでいくつの選択肢を持ち、そこから何を選び、どのような決断をするのか。

その積み重ねで私たちの人生の「今」が形づくられているわけです。

決断の質が高ければ質の高い人生を送れます。

一方で、質が低い決断であれば、質が低い人生が待っているでしょう。

そう考えると、決断の質を高める重要性を感じますよね。

 


 

【お知らせ】

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





決断を「10分後/10ヶ月後/10年後」で考える

では、質が高い決断を行うためにはどうすればいいのでしょうか?

その基準があるといいと思うのです。

決断の質を高める指針のひとつは、時間軸です。

たとえば、未来の自分を想像して、その未来にふさわしい行動を選択する。

これができるようになると、後悔が減りそうですよね。

たとえば、

・今の会社で一生はたらき続けるのが幸せなのか?

・転職を考えたほうがいいのか?

・それとも、複業に一歩踏み出したほうがいいのか?

といった問い。

それも、未来の自分の理想から考えてみる。

すると、いま何を選択すればいいのか、おおよその方向性がわかります。

その選択によって期待を感じるのか。

今の自分の実力不足を感じるのか。

そのようなイメージが湧いてくるからです。

ただ、ここでポイントになるのは、

「未来のどのポイントを想像すればいいのかがわかりづらい」

ということだと思います。

いくら未来といって、常に3分後の未来しか考えていなかったら短すぎます。

だからといって、常に100歳の自分から考えるたら、いいことも多いかもしれませんが、さすが大げさすぎますよね(笑)。

では、どんな視点で考えればいいのでしょうか。

おすすめは、

「10-10-10(テン・テン・テン)」

という時間軸で考えることです。

「10-10-10(テン・テン・テン)」とは、

・10分後

・10ヶ月後

・10年後

という時間軸のことです。

これは、あのGE(ゼネラル・エレクトリック)社の元CEOジャック・ウェルチ氏の公私に渡るパートナー、スージー・ウェルチさんが編み出したとされる思考のテクニックです。

ポイントはとてもシンプル。

重要な選択をしなければならないときに、次のように自分に質問するだけです。

「その決断をしたら、10分後に自分はどう変わるのか?」

「その決断をしたら、10ヶ月後に後悔しないかどうか?」

「その決断をしたら、10年後に幸せになっているか?」

この3つの期間で考えましょう、ということなのですね。

 


■スポンサーリンク




後悔を防ぐための「10-10-10」

私たちは目の前にあるものを重要事項だと思いやすい生き物です。

ですから、つい目先の利益で決断してしまうのですね。

たとえば、帰宅したら読書や学習をせず、すぐに冷蔵庫をあけてビールをぐびっと飲む。

これは10分後は楽しいです。

気持ちも満たされるでしょう。

でも、それをずっと続けていった10ヵ月はどうなるか。

そして10年後はどうなるのか。

おそらくなのですが、後悔につながる確率が高いですよね。

その後悔を避けるために、

「10-10-10(テン・テン・テン)」

の時間軸から判断してみましょう。

 

目先の欲求を抑える「10-10-10」

具体的なシーンとしては、夜お腹がすいたときに目の前になぜかポテチが1袋ある。

そのとき、

「ポテチを食べたら、10分後に自分はどう変わるのか?」

「ポテチを食べ続けたら、10ヶ月後に後悔しないかどうか?」

「ポテチを食べ続けたら、10年後に幸せになっているか?」

と考えてみるわけです。

 

複業を「10-10-10」で考える

同じように、仕事のことも判断してみましょう。

たとえば会社の仕事に悩んでいる人が、複業を考えるなら、

「複業家を目指したら、10分後に自分はどう変わるのか?」

「複業家を目指したら、10ヶ月後に後悔しないかどうか?」

「複業家を目指したら、10年後に幸せになっているか?」

という風に考えてみるわけです。

先日、コーチングセッションでクライアントさんにたずねてみたところ、この思考がピタリとはまりました。

「今のまま何も変えなかったら、10年後は確実に幸せになっていない」という気づきがあったのです。

さっそく、複業に向けて具体的な舵を切ることになったのです。

 

決断の時間軸を「10-10-10」で考える

複業は10分では思ったような成果はでないでしょう。

でも、10ヶ月やってみたら、あなたの才能の原石が見つかるかもしれません。

その才能を磨いていったら10年後の伊藤さんはどうなっているでしょうか。

今は素人だとしても、とにかく集中して10年続けたら成果を出せるはずです。

可能性を考えられるのです。

そのようなイメージを描く時間軸として、「10-10-10」で考えてみるということですね。

 

決断に迷ったとき、「10-10-10」とつぶやいてもいいし、「10-10-10」で書き出してみましょう。

それによって、あなたの決断が、短期的(10分後)、中期的(10ヶ月後)、長期的(10年後)から見てどのような結果につながるのか。

それをイメージしてから決断できるわけです。

このようにして未来のイメージにリアリティーを持たせてくれる「10-10-10」という思考法。

ぜひ、伊藤さんの将来イメージも「10-10-10」というスパンで想像してみましょう。

「今」を変える合理的な選択肢が浮かび上がってくるかもしれません。

 


 

【お知らせ】

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝活コミュニティーに少し顔を出したあと、メルマガで先行募集しているオンライン版の早起き習慣化プロジェクトの設計など。

夜は妻と娘と待ち合わせして、久しぶりにやきとん屋さんへ。

久しぶりにそのお店のやきとんを食べたら、おいしすぎてほっぺたが落ちそうでした(笑)。


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

未来の目標に近づくために「今できること」に集中し、小さな行動を積み重ねる。

自分にとっての大きな目標や夢があると、つい未来のことだけ考えがちです。 しかし、焦点を現在に向けて「今できること」を積み重ねる地道な活動は軽視できません。   目次1 「やりたい」と言いなが …

スコアボードを気にしすぎるよりも自分の「選球眼」を鍛える

私たちは、つい周りの状況を気にしてしまいがちです。 その状態は、スコアボードばかりを見て悩んでいる状態なのかもしれません。   目次1 野球における「選球眼」2 日常で「選球眼」を必要とする …

あなたの課題は、解決策と一緒にやってくる。課題はステージアップのタネだと捉えてみよう。

課題なんてない方が楽に生きられます。 ただ、課題がなければ成長もないと思うのです。   スポンサーリンク   目次1 思わずイラッとした体験に潜む思い込み2 課題は解決策とともにや …

うまくいくために必須の「思考信託」という思考法とは?

誰にでも未知の分野があります。 そのようなときこそ「思考信託」という考え方を採用してみましょう。   目次1 出版記念イベントを企画・実行2 先達のアドバイスを大事にしなければならない理由3 …

「自信がない」というコンプレックスを改善する方法。「持っているもの」に焦点をあてて、多面的な自分を受け入れる。

「ないもの以外、全部ある!」という考え方を支持しています。 私も、「ないもの」を見れば、不足しているものばかりですが、「持っているもの」にフォーカスすると満たされている気分になるものです。 &nbsp …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。